色の心理学とROI

私は色のインフォグラフィックに夢中です…性別が色、色、感情、ブランディングをどのように解釈するか、そして色が購入行動に影響を与えるかどうかはすでに公開しています。 このインフォグラフィックは、ユーザーエクスペリエンス全体で使用している色に焦点を当てることで、企業が達成できる心理学や投資収益率について詳しく説明しています。 色によって引き起こされる感情は、表現することを意図していると言われていることよりも、個人的な経験に基づいています。 赤い色かもしれません

男性と女性は異なる色を好みますか?

色が購入行動にどのように影響するかについて、いくつかの優れたインフォグラフィックを表示しました。 Kissmetricsは、特定の性別をターゲットにするための情報を提供するインフォグラフィックも開発しました。 私はその違いに驚きました…そしてそのオレンジは安いと見なされていました! 色とジェンダーブルーに関するその他の調査結果は、男性と女性の両方で最も一般的なお気に入りの色です。 緑は若さ、幸福、暖かさ、知性、そしてエネルギーの感情を引き出します。 男性は明るい色に引き寄せられる傾向がありますが、

小売業者が割引とクーポン戦略について知る必要があるすべて

うわー–英国の大手バウチャーおよび割引サイトであるVoucherCloudからこのインフォグラフィックを見るとすぐに、それを共有する必要があることがわかりました。 インフォグラフィックは、小売割引、バウチャー戦略、ポイントカード、および小売業者向けのクーポンマーケティングのベストプラクティスを包括的に示しています。 クーポンユーザーのプロフィール、キャンペーンを最適化するためのヒントとコツ、大手小売業者からの多数の例を提供します。 私が最も感謝しているのはこの引用です

色は購入行動にどのように影響しますか?

私の意見では、色の科学は魅力的です。 優れたデザイナー–自動車、家の装飾家、グラフィックデザイナー、さらにはユーザーインターフェイスの開発者でさえ、色の複雑さとその重要性を理解しています。 調和を確実にするために選択されたカラーパレットから、実際に使用される色まで、ユーザーの行動に大きな影響を与えます。 色はブランド認知度を80%向上させ、消費者の信頼に直接つながります。 色がアメリカ人に与える影響は次のとおりです