仮想ショッピングアシスタント:Eコマースの次の大きな発展?

2019年で、実店舗の小売店に足を運びます。 いいえ、これは冗談ではなく、オチでもありません。 Eコマースは小売業のパイからより大きな一口を取り続けていますが、レンガとモルタルの革新と利便性に関しては、まだ実現されていないマイルストーンがあります。 最後のフロンティアのXNUMXつは、フレンドリーで親切な店員の存在です。 "どんな御用でしょうか?" 私たちが聞き慣れているものです

これがInstagramストーリーの例とケーススタディの素晴らしいリストです

以前の記事「Instagramストーリーについて知っておくべきことすべて」を共有しましたが、ブランドはマーケティングと販売を促進するためにそれらをどのように利用していますか? #Instagramによると、最も閲覧されたストーリーの1分の3は、企業のInstagramストーリー統計からのものです。300億人のユーザーがInstagramで毎日ストーリーを積極的に使用しています。 Instagramの企業の50%以上がInstagramのストーリーを作りました。 Instagramユーザーの1/3以上が毎日Instagramのストーリーを視聴しています。 ストーリーの20%

マイクロインフルエンサー戦略とマクロインフルエンサー戦略の影響は何ですか

インフルエンサーマーケティングは、信頼できる口コミの同僚とWebサイトに掲載する有料広告の間のどこかにあります。 インフルエンサーは多くの場合、認知度を高める優れた能力を持っていますが、購入決定において実際に見込み客に影響を与える能力には幅があります。 バナー広告よりもコアオーディエンスにリーチするためのより慎重で魅力的な戦略ですが、インフルエンサーマーケティングの人気は急上昇し続けています。 ただし、インフルエンサーへの投資が

小売業の明るい未来

ほとんどの分野でテクノロジーの進歩に伴い雇用機会が大幅に減少していますが、小売業の雇用機会は現在増加しており、将来の安全な選択となることを目指しています。 米国の仕事の40分の5は小売業界ですが、この業界は単なる販売以上のものをカバーしています。 実際、小売業のポジションのXNUMX%以上は、販売以外の仕事です。 トップXNUMXの上昇中のキャリア