ブロックチェーンテクノロジーとモノのインターネットの組み合わせの展望

ビットコインの背後にある技術により、仲介者を必要とせずに、トランザクションを確実かつ安全に実行できます。 これらのテクノロジーは、事実上無視されていたものから、大手銀行のイノベーションの焦点となっています。 専門家は、ブロックチェーン技術の使用は、20,000年までにこのセクターで2022万ドルの節約を意味すると推定しています。さらに、本発明を蒸気エンジンの発明と比較することを敢えてする人もいます。

あなたの競争相手はあなたを埋葬するIoT戦略に取り組んでいます

私の自宅やオフィスにあるインターネットに接続されたデバイスの数は、毎月増え続けています。 現在私たちが持っているすべてのアイテムには、ライトコントロール、音声コマンド、プログラム可能なサーモスタットなど、かなり明白な目的があります。 しかし、テクノロジーの継続的な小型化とその接続性は、これまでにないビジネスの混乱をもたらしています。 最近、私はモノのインターネットのコピーを送られました:デジタル化または死ぬ:あなたの組織を変革します。 擁する

エンタープライズIoTは小売業界の活性化に役立ちますか?

貸し手は、すでに病んでいる小売業界への融資を後退させています。 ブルームバーグは、小売黙示録がすぐに私たちに襲われるかもしれないとさえ予測しています。 小売業界はイノベーションに飢えています。モノのインターネットは必要な後押しを提供するかもしれません。 実際、小売業者の72%は現在、エンタープライズモノのインターネット(EIoT)プロジェクトに従事しています。 すべての小売業者の半数は、すでにマーケティングに近接技術を取り入れています。 EIoTとは何ですか? 今日の企業では、増加しています

インターネットがオフライン小売に革命をもたらした方法

聞いたことがない方のために説明すると、Amazonは米国のモールにポップアップショップの大規模なネットワークを開設しており、21の州に12の店舗がすでにオープンしています。 小売の力は消費者を引き付け続けています。 多くの消費者がオンライン取引を利用していますが、商品を実際に体験することは、買い物客にとって依然として重要です。 実際、25%の人がローカル検索後に購入し、そのうち18%が1日以内に購入しています。インターネットは方法を変えました

10年のデジタルマーケティングで注目すべき2016のトレンド

デジタルマーケティングのコンテンツマーケティング領域内で起こっている信じられないほどの変化について話し合う素晴らしいマーケティングポッドキャストが登場します。 しかし、デジタルマーケティングは、信じられないほどの変革を続けています。 Cubeからのこのインフォグラフィックは、マーケターが2016年に観察すべき最新のものを示しています。これがデジタルマーケティングの投資収益率の10のトレンドです。インフォグラフィックは、トラフィックやシェアなどの虚栄心の指標を超えることを示していますが、

モノのインターネットとは何ですか? マーケティングにとってそれはどういう意味ですか?

インターネット接続は、事実上すべてのデバイスで現実のものになりつつあります。 これは、近い将来、ビッグデータとマーケティングで大きな役割を果たすでしょう。 ガートナーは、2020年までに26億を超えるデバイスがインターネットに接続されると予測しています。 ] = [op0-9y6q1モノのインターネットとはモノとは、接続されているとは通常想像できないものを指します。 物は家、電化製品、デバイス、車、あるいは人でさえありえます。 人々は

マーケターが3年に注目すべき2015つのテクノロジートレンド

現在、データは顧客からストリーミングされています…顧客の電話、ソーシャルプラットフォーム、仕事用デスクトップ、タブレット、さらには車からです。 減速していません。 私は最近、フロリダの家族の家を訪れ、そこで家の警報システムをアップグレードしました。 アラームはインターネット経由で接続され、インターネットがダウンしている場合は、内部ワイヤレス接続(および電源が失われた場合はバッテリー)経由で接続します。 システムは検出するようにプログラムされています