データの力:主要な組織が競争上の優位性としてデータをどのように活用するか

データラダー:データを活用する力

データは、現在および将来の競争上の優位性の源です。

BorjaGonzálesdelRegueral–IE大学人間科学技術学部副学部長

ビジネスリーダーは、ビジネスの成長のための基本的な資産としてのデータの重要性を完全に理解しています。 多くの人がその重要性を認識していますが、それらのほとんどはまだ理解するのに苦労しています これを利用して、より多くの見込み客を顧客に変える、ブランドの評判を高める、業界で他のプレーヤーとの競争力を獲得するなど、ビジネスの成果を向上させることができます。

産業競争力は多くの要因によって導き出されます。 しかし、これらの要因のほとんどは、データの収集と分析によって制御および操作できることが観察されています。 この記事では、業界における企業の競争力に影響を与える要因と、組織のデータが競争力の向上にどのように貢献できるかを学びます。

データイニシアチブで競合他社をしのぐ

現在の時代では、消費者は製品やサービスを探しているときに選択できるオプションの長いリストを持っています。 データ収集と分析は、組織が市場で差別化を図るプレーヤーとしての地位を確立するのに広く役立ちます。

データの収集と分析が市場の他の競合他社に対するブランドの魅力をどのように改善できるかに焦点を当てながら、消費者の選択に影響を与える上位XNUMXつの要因を見ていきましょう。

要因1:市場のニーズが製品の提供を満たす

製品の独自の機能と属性は、競合他社とは一線を画しています。 競合他社と同じ製品を追加の独自の価値なしで販売する場合、競合他社が付加価値のある製品でより多くの消費者を引き付ける可能性が高くなります。 消費者の行動を予測し、その要件を理解することは、市場で競争力を獲得するための重要なステップです。

データイニシアチブ 消費者行動を予測する

消費者が市場で購入しているものと、購入を決定する際に探している機能の背後には、特定のパターンがあります。 市場データを分析して、以下を理解できます。

  • どの製品機能が消費者からより注目を集めていますか?
  • 消費者は購入でどのようなニーズを満たしますか?
  • 消費者は通常どの製品を一緒に購入しますか?

要因2:競争力のある戦略的ビジョン

意思決定を競争的に調整できるように、競争とその戦略的な動きを常に把握しておくことが重要です。 プロモーション、割引、価格設定インテリジェンスのいずれであっても、本能に従うのではなく、過去のデータからこの情報を推測することが重要です。

のデータイニシアチブ 競争力のある意思決定

データ分析は、次の点で競争をよりよく理解するのに役立ちます。

  • 他の競合他社が提供するプロモーションスキームと割引は何ですか?
  • 競合他社の価格設定に影響を与える要因は何ですか?
  • 競合他社の顧客は購入にどの程度満足していますか?

要因3:製品の可用性とアクセシビリティの向上

今日の消費者は、迅速な製品配送とスムーズなオムニチャネル体験を期待しています。 このため、ブランドは、市場の要件に従って、在庫が適切な量と種類の製品で満たされていることを確認する必要があります。 同様に、商品情報を正確にマーケティングし、顧客がオンラインチャネルと店舗チャネルから同じ商品にアクセスして注文できるようにすることは非常に重要です。

データイニシアチブ 製品の可用性とアクセシビリティを向上させる

データ分析は、次のような質問に答えるのに役立ちます。

  • オンラインと比較した店舗での売り上げの割合はどれくらいですか?
  • 製品の配送で最も一般的な場所はどこですか?
  • 消費者はあなたの製品/サービスについてどこで読んでいますか?

のパワー 石斑魚 且つ

上で強調したすべての質問について、本能から答えを推測するか、過去の正確で信頼できるデータを使用して、計算された将来の決定を下すことができます。 しかし、これよりも少し複雑です。 多くの組織によって収集および保存されているデータは、分析に使用するための正確で正確な形式ではなく、そのような理由で利用する前に、データ品質管理ライフサイクルを実行する必要があります。

データ品質ライフサイクルは、データ統合、プロファイリング、スクラビング、クレンジング、重複排除、マージなど、データの使いやすさと正確性を確保するための一連の手順を通じてデータを取得します。 セルフサービスのデータ品質ツール 時間、コスト、および人件費を削減して、データ品質管理の自動化を非常に簡単にしました。 データ品質を時間内に管理することで、市場の要件、消費者の好み、価格設定とプロモーション、製品のアクセシビリティなどの競争力のある指標をリアルタイムで計算できます。