あなたは目的地ですか? 出口? それとも単なるサイン?

どのようなオンラインマーケティングの認識 すべき be differs from company to company. We have clients who are very content with simply having a nice brochure site so that they can check off their marketing list that they have a pretty site. It’s an unfortunate viewpoint, but some still struggle with understanding the interactive nature of the web and they continue to lean on their tried and true 伝統的な marketing strategies. I’d like to throw out an analogy that I’ve been thinking about for some time – bringing us back to the information superhighway analogy.

フィリップス-55-hdtvあなたのオンラインマーケティング戦略は 符号終了する または デスティネーション 見込み客と顧客のために。 各戦略には独自のコストとメリットがあります。 サインは最小限のリソースを必要とし、最小限の応答を提供します。 出口にはさらに多くのものが必要です。 目的地はかなりたくさん。 あなたの戦略が何であるかをどのように決めることができますか?

To provide color to this example, let’s say I’m going to purchase and install a Philips 55″ HDTV. So, I do some research on the products and information to make a good purchase, and learn how to set it up and operate it.

フィリップス:サイン

フィリップスのウェブサイト   符号. Devoid of any pricing or information on where to purchase, what accessories to use, or videos on how to use the product – this website is simply a digital brochure. While it’s a beautifully designed website, there’s barely any activity. In fact, only 4 people have reviewed the product… with some negative reviews. The page actually is broken, too… stating there are 0 reviews when there are actually 4.

フィリップス

Newegg:出口

In addition to the technical specifications you find on Philips, Newegg offers the opportunity to purchase, look at similar products, and see reviews (although there aren’t any). If Newegg’s price, shipping and return policy is good – this is where you exit. If not, you get back on the road and look for another place to find the information or make the purchase.

newegg-フィリップス-55

CNET:目的地

One look at the search results and you can tell which company has put more into their search engine optimization. CNET’s entry has rich snippets for reviews and pricing, as well as authorship enabled:

SERP

レビューページは詳細で信じられないほどです…CNETレビュー、ユーザーレビュー、ユーザーコメント、ページの変更をフォローする機能、ビデオ、使用方法の指示、深い社会的統合(十分な相互作用を伴う)、以下を含む大量の画像メニューシステム、購入場所に関するいくつかのオプション、現在の価格設定、レビューの概要、他のブランドとの比較、技術仕様(フィリップスのサイトをはるかに超えています!)、写真と伝記を含む指名された著者による詳細なレビュー。

cnet-フィリップス-55

While you can’t actually make the purchase on CNET, this is the destination site. People may jump from this site to click the purchase button on Amazon or somewhere else, but this was where they found the information they needed and where they’ll return the next time.

ベストバイ:失敗

Best Buy doesn’t care whether you bought the product or not… they’re only after new sales. So – forget the fact that I have a Best Buy Rewards card and that I may want to find additional information on the purchase I made at your store. No soup for you.

BestBuyフィリップス55

結論

フィリップスは、ビデオ、説明、アクセサリ、業界リーダーによる独立したレビューを含む素晴らしいページを作成できます。 または、ページ上の他のサイトやレビューをキュレートすることもできます。 おそらく、欠けている最も魅力的な機能は、価格を確認し、クリックして製品を扱っているアウトレットで購入する機能です。

CNETが広告とアフィリエイトの収入に頼ることによって利益を上げることができるならば、確かに上記のサイトは目的地サイトであるために必要なすべての機能とコンテンツに対応するために彼らのページを強化することができます。

How would you rebuild your site to ensure it’s a destination for visitors who are researching or making a purchase in your industry? I think too many companies look at themselves as an exit and they look to match or beat their competition by being a 優れた 出口。 目的地になりませんか?

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.