ソーシャルデータがあなたのビジネスに明らかにする5つの洞察

ソーシャルメディアの洞察

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアサイトが急増しているため、企業はこれらのソーシャルサイトとそのユーザーから収集したデータを、マーケティングから社内の人事問題まで、ビジネスのさまざまな側面に取り入れ始めています。これには正当な理由があります。

  膨大な量 ソーシャルメディアデータの分析は非常に困難です。 しかし、この潜在的に有利な消費者情報をすべて理解するという課題に答えるために、さまざまなデータサービスが登場しています。 ソーシャルデータがビジネスに提供できるXNUMXつの洞察を次に示します。

  1. リアルタイムの市場ムード –ソーシャルメディアのおしゃべりは、瞬時に、ノンストップで、ユビキタスです。 このように、それは世論の直接のパイプラインとして機能することができます。 この表現された情報は、企業に消費者ベースの心へのリアルタイムのウィンドウを提供し、ポジティブまたはネガティブな感情を大規模に、または特定のトピック、企業、または製品で評価できるようにします。
  2. 関連する問題とコンテンツ –さまざまなツイート、ウォールポスト、Facebookのステータスが市場の現在のムードの脈動を反映しているように、これらのソーシャルメディアは、企業が作成している最も関連性の高い問題やコンテンツの傾向を明らかにすることもできます。 使用する データサービス マーケティングキャンペーンへの反応を追跡することは、企業が何が成功し、何を微調整する必要があるかを絞り込むのに役立ちます。
  3. ユーザーの興味 -リツイート、共有、Facebookの「いいね」ボタンは文字通り ユーザーの興味を反映する 無限に広い範囲のトピックに対する態度。 このデータを分析することで、問題、会社、サービス、または製品のどの機能が特に有利または不利であるかについての手がかりを提供し、ビジネスおよびマーケティング戦略、さらには製品開発に関する決定に情報を提供できます。
  4. 内部運用メトリック –ソーシャルデータは、TwitterやFacebookなどのビッグメディアプラットフォームを超えたインタラクションから選別できます。 地理的なコンテキストに対するオンラインアクティビティとコミュニティの関与をミックスに追加して、会社の従業員の内部作業に関する特定の洞察を明らかにすることもできます。 このタイプのソーシャルデータと行動パターンを従業員の離職率などの指標とともに追跡すると、従業員のパフォーマンスと収益性を改善する方法を知るのに役立ちます。
  5. 競争調査 –を使用している企業 ビッグデータ ソーシャルメディアからの分析は、必ずしも自社を取り巻くおしゃべりに明確に焦点を当てる必要はありません。 競合他社とその顧客の発言を検討することは、ブランド管理と市場での位置付けについても同様に啓発することができます。

マイニングされるデータは単純な数字や数字ではないため、ソーシャルメディアからのデータの分析には注意が必要です。 ここで、データサービスは意見や活動の定性的な表現を理解する必要があり、分析のための新しいプロセスが必要です。 これは困難な作業になる可能性がありますが、ソーシャルデータは洞察を提供し、企業に市場での優位性を与える意思決定に情報を提供することができます。

画像クレジット:Insight.com

3のコメント

  1. 1
  2. 3

    ソーシャルチャタリングが市場のムードに反映されるという考えが好きです。 これは業界やブランドレベルにも及ぶ可能性があると思います。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.