6つの兆候分析ソフトウェアを捨てる時が来ました

アナリティクスソフトウェア

巧妙に作成されたビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアソリューションは、オンラインでの取り組みのROIを決定したい組織にとって非常に重要です。

プロジェクトの追跡、電子メールマーケティングキャンペーン、または予測のいずれであっても、企業はレポートを通じて成長と機会の領域を追跡せずに繁栄することはできません。 分析ソフトウェアは、ビジネスのパフォーマンスの正確なスナップショットをキャプチャしない場合にのみ、時間とお金がかかります。

XNUMXつを削除するこれらのXNUMXつの理由を見てください 分析論 より効果的なものを支持するソフトウェア。

1.紛らわしいユーザーインターフェイス

BIソフトウェアを使用する前に、従業員にテストしてもらい、ユーザーインターフェイスをワークフローに簡単に統合できるかどうかを確認してください。 不格好なユーザーインターフェイスは、レポート作成プロセスを実際に遅くする可能性があります。従業員は、結果を出すために複雑なパスをたどる必要があります。 BIソフトウェアと連携するグループは、人々の努力が重複して時間を無駄にしないように、明確で一貫性のあるプロセスを持つ必要があります。

2.データが多すぎる

多くのBIソフトウェアソリューションのもうXNUMXつの欠点は、プログラムが実用的な洞察に変換せずに大量の生データを配信することです。 マネージャーとチームリーダーは、パフォーマンスの高い領域と注意が必要な領域をすばやく区別できる必要があります。 数の壁に直面して、従業員は理解できるレポートを編集する貴重な時間を浪費するかもしれません。

3.「XNUMXつのサイズですべてに対応」

すべてのビジネスが同じように運営されているわけではなく、各組織にはそのニーズに合った特定の指標があります。 管理者がノイズを除去して集中できるように、BIソフトウェアはカスタマイズ可能である必要があります 本当に重要な分析。 たとえば、サービスを提供する企業は、有形の在庫を管理している場合、出荷と調達に関する指標を調べる必要はありません。 分析は、データを使用して部門に適合させる必要があります。

4.専門的すぎる

企業が完璧なBIプログラムを探すとき、避ける必要があります 分析論 集中しすぎるツール。 レポートシステムは従業員のパフォーマンスメトリックに優れている場合がありますが、他の運用プロセスの処理にはひどい場合があります。 企業は、ソフトウェアが企業が綿密に調査する必要のある領域を無視しないようにするために、BIソリューションについて広範な調査を行う必要があります。

5.アップデートの欠如

信頼できるソフトウェア開発者は、セキュリティ修正、OSなど、近い将来に更新を常に開発しています 互換性の更新、およびバグ修正。 貧しい人々の主な兆候 分析論 システムはアップデートが不足しているため、ソフトウェア開発者は変化するビジネスニーズに合わせて製品を調整していません。

ソフトウェアアップデートがリリースされると、新しいデジタル脅威に対するセキュリティが強化され、企業のデータが安全に保たれます。 更新は通常、ワークフローを改善し、従業員がレポートをより迅速に生成できるようにし、より関連性の高い情報を生成できるようにします。 ソフトウェアのWebサイトをチェックして、製品が更新される頻度を確認し、ソリューションがどれだけ最新であるかを把握する必要があります。

6.統合の問題

企業は、次のような多くのソフトウェアソリューションに依存しています。 CRMデータベース、POSシステム、およびプロジェクト管理ソフトウェア。 もし 分析論 ソリューションを技術環境に統合することはできません。他のシステムから手動でデータを取得しようとすると、時間を無駄にすることになります。

企業は、BIソリューションが既存のハードウェア、オペレーティングシステム、およびソフトウェアプログラムと適切に統合されていることを確認する必要があります。

企業がプロセスをより高速に調整することでデジタル時代に適応するにつれて、企業は正確な競争力を維持できます BIソリューション。 現在の指標が古くなっている、ずさんな、無関係なデータで重み付けされている、または単に理解できない場合は、より良いソリューションに切り替えるときが来ました。

理想 分析論 ソリューションは、企業をゲームの先に進めることができ、効率的なプロセスを採用し、効果のない慣行を失い、最大のROIに向かって進むことができます。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.