Python:スクリプトあなたのニッチな検索キーワードのトレンドのGoogleAutosuggest抽出

自動提案トレンドをキャプチャするPythonスクリプト

誰もがGoogleトレンドを気に入っていますが、ロングテールキーワードに関しては少し注意が必要です。 私たちは皆、公式が好きです グーグルトレンドサービス 検索動作に関する洞察を得るため。 ただし、XNUMXつの理由により、多くの人が堅実な作業に使用できません。

  1. あなたが見つける必要があるとき 新しいニッチキーワード、 そこ Googleトレンドに関する十分なデータではありません 
  2. グーグルトレンドにリクエストを行うための公式APIの欠如:次のようなモジュールを利用する場合 pytrends、次にプロキシサーバーを使用する必要があります。そうしないとブロックされます。 

この記事では、GoogleAutosuggestを介してトレンドキーワードをエクスポートするために作成したPythonスクリプトを共有します。

時間の経過に伴う自動提案結果の取得と保存 

GoogleAutosuggestに送信するシードキーワードが1,000個あるとします。 その見返りに、おそらく約200,000万を取得します ロングテール キーワード。 次に、同じXNUMX週間後に同じことを行い、これらのデータセットを比較してXNUMXつの質問に答える必要があります。

  • どのクエリが 新しいキーワード 前回と比べて? これはおそらく私たちが必要とするケースです。 Googleは、これらのクエリがより重要になっていると考えています。そうすることで、独自のGoogleAutosuggestソリューションを作成できます。 
  • どのクエリが キーワードはもう トレンド?

スクリプトは非常に簡単で、私が共有したコードのほとんどは ここ。 更新されたコードは、過去の実行からのデータを保存し、時間の経過とともに提案を比較します。 シンプルにするためにSQLiteのようなファイルベースのデータベースは避けました。そのため、すべてのデータストレージは以下のCSVファイルを使用しています。 これにより、ファイルをExcelにインポートして、ビジネスのニッチなキーワードトレンドを調べることができます。

このPythonスクリプトを利用するには

  1. オートコンプリートに送信するシードキーワードセットを入力します:keywords.csv
  2. 必要に応じてスクリプト設定を調整します。
    • 言語:デフォルトの「en」
    • 国:デフォルトの「私たち」
  3. スクリプトを週にXNUMX回実行するようにスケジュールします。 必要に応じて手動で実行することもできます。
  4. さらに分析するには、keyword_suggestions.csvを使用します。
    • first_seen:これは、クエリが自動提案に初めて表示された日付です
    • 最後に見たのは:クエリが最後に表示された日付
    • 新しく追加されました:first_seen == last_seenの場合、これをに設定します 誤りである –この値でフィルタリングするだけで、Google自動提案で新しいトレンド検索を取得できます。

これがPythonコードです

# Pemavor.com Autocomplete Trends
# Author: Stefan Neefischer (stefan.neefischer@gmail.com)
import concurrent.futures
from datetime import date
from datetime import datetime
import pandas as pd
import itertools
import requests
import string
import json
import time

charList = " " + string.ascii_lowercase + string.digits

def makeGoogleRequest(query):
    # If you make requests too quickly, you may be blocked by google 
    time.sleep(WAIT_TIME)
    URL="http://suggestqueries.google.com/complete/search"
    PARAMS = {"client":"opera",
            "hl":LANGUAGE,
            "q":query,
            "gl":COUNTRY}
    response = requests.get(URL, params=PARAMS)
    if response.status_code == 200:
        try:
            suggestedSearches = json.loads(response.content.decode('utf-8'))[1]
        except:
            suggestedSearches = json.loads(response.content.decode('latin-1'))[1]
        return suggestedSearches
    else:
        return "ERR"

def getGoogleSuggests(keyword):
    # err_count1 = 0
    queryList = [keyword + " " + char for char in charList]
    suggestions = []
    for query in queryList:
        suggestion = makeGoogleRequest(query)
        if suggestion != 'ERR':
            suggestions.append(suggestion)

    # Remove empty suggestions
    suggestions = set(itertools.chain(*suggestions))
    if "" in suggestions:
        suggestions.remove("")
    return suggestions

def autocomplete(csv_fileName):
    dateTimeObj = datetime.now().date()
    #read your csv file that contain keywords that you want to send to google autocomplete
    df = pd.read_csv(csv_fileName)
    keywords = df.iloc[:,0].tolist()
    resultList = []

    with concurrent.futures.ThreadPoolExecutor(max_workers=MAX_WORKERS) as executor:
        futuresGoogle = {executor.submit(getGoogleSuggests, keyword): keyword for keyword in keywords}

        for future in concurrent.futures.as_completed(futuresGoogle):
            key = futuresGoogle[future]
            for suggestion in future.result():
                resultList.append([key, suggestion])

    # Convert the results to a dataframe
    suggestion_new = pd.DataFrame(resultList, columns=['Keyword','Suggestion'])
    del resultList

    #if we have old results read them
    try:
        suggestion_df=pd.read_csv("keyword_suggestions.csv")
        
    except:
        suggestion_df=pd.DataFrame(columns=['first_seen','last_seen','Keyword','Suggestion'])
    
    suggestionCommon_list=[]
    suggestionNew_list=[]
    for keyword in suggestion_new["Keyword"].unique():
        new_df=suggestion_new[suggestion_new["Keyword"]==keyword]
        old_df=suggestion_df[suggestion_df["Keyword"]==keyword]
        newSuggestion=set(new_df["Suggestion"].to_list())
        oldSuggestion=set(old_df["Suggestion"].to_list())
        commonSuggestion=list(newSuggestion & oldSuggestion)
        new_Suggestion=list(newSuggestion - oldSuggestion)
         
        for suggest in commonSuggestion:
            suggestionCommon_list.append([dateTimeObj,keyword,suggest])
        for suggest in new_Suggestion:
            suggestionNew_list.append([dateTimeObj,dateTimeObj,keyword,suggest])
    
    #new keywords
    newSuggestion_df = pd.DataFrame(suggestionNew_list, columns=['first_seen','last_seen','Keyword','Suggestion'])
    #shared keywords with date update
    commonSuggestion_df = pd.DataFrame(suggestionCommon_list, columns=['last_seen','Keyword','Suggestion'])
    merge=pd.merge(suggestion_df, commonSuggestion_df, left_on=["Suggestion"], right_on=["Suggestion"], how='left')
    merge = merge.rename(columns={'last_seen_y': 'last_seen',"Keyword_x":"Keyword"})
    merge["last_seen"].fillna(merge["last_seen_x"], inplace=True)
    del merge["last_seen_x"]
    del merge["Keyword_y"]
    
    #merge old results with new results
    frames = [merge, newSuggestion_df]
    keywords_df =  pd.concat(frames, ignore_index=True, sort=False)
    # Save dataframe as a CSV file
    keywords_df['first_seen'] = pd.to_datetime(keywords_df['first_seen'])
    keywords_df = keywords_df.sort_values(by=['first_seen','Keyword'], ascending=[False,False])   
    keywords_df['first_seen']= pd.to_datetime(keywords_df['first_seen'])
    keywords_df['last_seen']= pd.to_datetime(keywords_df['last_seen'])
    keywords_df['is_new'] = (keywords_df['first_seen']== keywords_df['last_seen'])
    keywords_df=keywords_df[['first_seen','last_seen','Keyword','Suggestion','is_new']]
    keywords_df.to_csv('keyword_suggestions.csv', index=False)

# If you use more than 50 seed keywords you should slow down your requests - otherwise google is blocking the script
# If you have thousands of seed keywords use e.g. WAIT_TIME = 1 and MAX_WORKERS = 5
WAIT_TIME = 0.2
MAX_WORKERS = 20
# set the autocomplete language
LANGUAGE = "en"
# set the autocomplete country code - DE, US, TR, GR, etc..
COUNTRY="US"
# Keyword_seed csv file name. One column csv file.
#csv_fileName="keyword_seeds.csv"
CSV_FILE_NAME="keywords.csv"
autocomplete(CSV_FILE_NAME)
#The result will save in keyword_suggestions.csv csv file

Pythonスクリプトをダウンロードする

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.