出版社はアドテックに彼らの利点を殺させている

Adtech-広告技術

ウェブは、これまでに存在した中で最もダイナミックで独創的な媒体です。 したがって、デジタル広告に関しては、創造性に限りがないはずです。 理論的には、パブリッシャーは、直接販売を獲得し、パートナーに比類のないインパクトとパフォーマンスを提供するために、メディアキットを他のパブリッシャーと根本的に差別化できる必要があります。 しかし、そうではありません。広告技術者がパブリッシャーがすべきだと言っていることに焦点を合わせており、実際にできることではないからです。

古典的な光沢のある雑誌の広告と同じくらい単純なものを考えてみてください。 フルページの光沢のある雑誌広告の力をどのように活用し、同じエクスペリエンスをディスプレイ広告にもたらしますか? の範囲内でそれを行う方法はおそらく多くありません IAB標準広告ユニット例えば。 

広告技術は、過去XNUMX年間で広告の売買に革命をもたらしました。 プログラマティックプラットフォームにより、大規模なデジタルマーケティングがこれまでになく簡単になりました。 これは、主に代理店と広告技術者の純利益にとって、メリットがあります。 しかし、その過程で、広告キャンペーンが歴史的に知られている創造性と影響の多くを切り取っています。 中程度の長方形またはリーダーボードにしか、それほど多くのブランディング力を収めることはできません。

デジタルキャンペーンを大規模に配信するために、アドテクは標準化とコモディティ化というXNUMXつの重要な要素に依存しています。 どちらもデジタル広告の有効性と創造性を阻害しています。 広告技術は、クリエイティブサイズやその他の重要な要素に厳格な基準を適用することで、オープンウェブでのデジタルキャンペーンを促進します。 これは必然的にディスプレイ在庫のコモディティ化をもたらします。 ブランドの観点からは、すべての在庫はほぼ同じであり、供給が増加し、出版社の収益が減少します。

デジタルパブリッシングスペースへの参入に対する障壁が低いため、デジタルインベントリが爆発的に増加し、ブランドがパブリッシャーを区別することがさらに困難になっています。 ローカルニュースサイト、B2Bサイト、ニッチサイト、さらにはブログも 大規模なメディア企業との競争 ドルを宣伝するため。 広告費は非常に薄く広がっており、特に仲介業者が噛み付いた後は、ニッチなパブリッシャーや小規模なパブリッシャーが生き残るのが難しくなっています。特定のブランドにより適した、より的を絞ったものであっても。

広告技術と歩調を合わせて行進している間、出版社は広告収入のための戦いで持っていた大きな利点をあきらめました:彼らのウェブサイトとメディアキットに対する完全な自律性。 ほとんどの出版社は、オーディエンスの規模とコンテンツの焦点以外に、ビジネスを差別化するものがあると正直に言うことはできません。

差別化は、あらゆるビジネスの競争上の成​​功にとって重要です。 それがなければ、生存の可能性は暗いです。 これにより、サイト運営者と広告主の両方が考慮すべきXNUMXつの重要な項目が残ります。

  1. 直接販売の深刻なニーズは常にあります –ブランドが影響力の大きいキャンペーンをオンラインで配信したい場合は、サイト運営者と直接連携する必要があります。 個々のパブリッシャーには、オープンWeb全体でトラフィッキングできないキャンペーンを促進する力があります。 サイトスキン、プッシュダウン、および ブランドのコンテンツ これが現在行われているより基本的な方法のいくつかですが、オプションの利用可能性は今後数年間で確実に拡大します。
  2. 精通した出版社は、クリエイティブなサービスを拡大する方法を見つけるでしょう –スマートパブリッシャーは、ブランドが影響力の大きいキャンペーンのアイデアを提案するのを待ちません。 彼らは積極的に新しいアイデアをブレインストーミングし、それらをメディアキットや売り込みに組み込む方法を見つけます。 これらのキャンペーン実行のコストは間違いなく割高になりますが、ROIが高くなることに加えて、そのようなキャンペーンのコストは最終的には削減されます。 市場でコストを削減する機会がある場合はいつでも、破壊的なサービスプロバイダーが最終的に介入します。
  3. サイト運営者とマーケターは、インパクトのあるキャンペーンを低価格で提供する方法を見つけるでしょう –すべてのサイト運営者またはブランドがカスタムキャンペーンを作成する予算を持っているわけではありません。 その場合、設計と開発のコストが予想外に高くなる可能性があります。 やがて、サードパーティのクリエイティブ企業は、出版社や広告主が購入して利用できる既製のクリエイティブオプションを開発し、他の方法では達成するのが難しいような影響とパフォーマンスを提供することで、これらの問題を軽減する方法を見つけるでしょう。

アドテックに屈するために自律性を犠牲にすることは命題を失うことです

高いクリック率、ROI、ブランドへの影響はすべて、広告を大規模に機能させるために必要な標準化とコモディティ化によって悪影響を受けています。 それは、出版社とマーケターがかつて彼らのものであった創造性と成功を取り戻すための開かれた新しい機会を残します。

広告技術の支持者は間違いなくそれを主張するでしょう プログラムによる広告 それは販売のコストを下げ、より多くの出版社にパイの一部を与えるので、出版社と広告主にとって同様に必然性と素晴らしいことの両方です。 標準は、それを機能させるための単なる技術要件です。

出版社(とにかくまだ立っている出版社)が心から同意するかどうかは疑わしい。 アドテックの成功は主に出版の不幸でした。 しかし、広告販売へのアプローチを再考することによって反撃する方法を見つけるのは、それらの同じ出版社次第です。 

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.