AIに注意深くアプローチすることで、偏ったデータセットをどのように削減できるか

AIを活用したソリューションを効果的にするには、データセットが必要です。 そして、これらのデータセットの作成には、体系的なレベルでの暗黙のバイアス問題が伴います。 すべての人々は偏見(意識的および無意識的の両方)に苦しんでいます。 偏見は、地理的、言語的、社会経済的、性差別的、人種差別的など、さまざまな形をとることができます。 そして、それらの体系的なバイアスはデータに組み込まれ、バイアスを永続化および拡大するAI製品をもたらす可能性があります。 組織は、緩和するための注意深いアプローチを必要としています