ブランドが消費者の購入決定に与える影響

ブランドインパクト購入決定

私たちは、コンテンツ制作に関連する帰属と購入決定について多くのことを書いたり話したりしてきました。 ブランド認知度は重要な役割を果たします。 おそらくあなたが思っている以上に! ウェブ上でブランドの認知度を高め続けるときは、コンテンツがすぐにコンバージョンにつながるとは限りませんが、ブランドの認知につながる可能性があることに注意してください。 プレゼンスが高まり、ブランドが信頼できるリソースになるにつれて、時間の経過とともに見込み客をコンバージョンに導くことが容易になります。

ブランドとは?

ハイジコーエンは彼女が共有する素晴らしい記事を持っています ブランドの30の異なる定義 です。 私の定義は、多くの意見の重複です。

ブランドとは、会社、製品、またはサービスが時間の経過とともに持つアイデンティティです。 これには、企業によって定義された視覚的側面とコミュニケーションの側面の両方、および社外の他の人からの認識されたアイデンティティが組み込まれています。 視覚的な側面には、ロゴ、グラフィック、色、音、およびビデオが含まれます。 伝達される側面には、企業とその中の人々の感情、文化、性格、経験、良心が含まれます。

消費者の購入決定に対するブランドの影響に関するいくつかの重要な統計は次のとおりです。

  • 支援 – 38%の人が自分のブランドを推奨しています 以下のような or ソーシャルメディア上で。
  • ブランド –消費者の21%が、好きなブランドの新製品を購入したと答えています。
  • 変換 –母親の38%は、他の女性よりもブランドから商品を購入する可能性が高い いいね Facebook上。
  • Eメールマーケティング –回答者の64%は、ブランドを信頼している場合にメールを開きます。
  • サイト内検索 –ブランド想起が16%増加する 認知されたブランドが検索結果に表示されました.
  • ソーシャルメディア –ソーシャルメディアでのブランド会話の77%は、アドバイス、情報、またはヘルプを探している人々です。
  • 口頭 –より高い感情的強度を刺激するブランドは、口コミマーケティングの3倍を受け取ります。

ブランドは購入の決定に非常に重きを置いているため、どの組織にとっても重要なポイントは、会社の認識が信じられないほどの影響力を持っているということです。 つまり、すべてのチャネルに展開された最も影響力のあるマーケティング戦略でさえ、ひどい顧客サービスや組織の認識を損なう事件によって失敗するでしょう。

消費者の購入決定に対するブランドの影響

2のコメント

  1. 1

    これは、コンテンツがブランディングにおいてどのように大きな役割を果たすかについての良い考えです。 コンテンツ マーケティングを行うときは、サイトの訪問者を顧客に変えるだけではないことを理解する必要があります。 また、ブランド アイデンティティを構築し、これらの訪問者をブランドの支持者に変えることもできます。 これを行う XNUMX つの方法は、キャンペーンのパフォーマンスとリーチを測定し、人々がさまざまな方法でコンテンツにどのように反応しているかを測定することです。これには、Tapanalytics のようなマーケティング レポート ダッシュボードが非常に役立ちます。

  2. 2

    記事を共有してくれてありがとう。 製品のブランディングとアイデンティティは、ショッピングに関して常に重要なことです。 ブランド名は常に人々に影響を与え、コンテンツは重要な役割を果たします。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.