企業はそれを購入することによって権威を危険にさらしている

26681451秒

最近、Facebookのソーシャルメディアリーダーシップグループで話し合っていたところ、メンバーのXNUMX人が弁護したときに驚いた。 フォロワーを買う。 数年前、私は次のような投稿を書きました 数字が重要。 その投稿では、フォロワー、いいね、クリックなどを購入することに反対しませんでした…実際、それはしばしば価値のある投資だと感じました。

気が変わった。 これらの数字が重要であると私がまだ信じていないというわけではありません。 これらの手法を活用することで、企業は評判や権威を危険にさらしていると思います。 そして、たくさんの企業がそうです。 購買権限は巨大な産業になりました。 ブランドとしてのあなたの目標がより大きな数字を表示することによって権威を構築することである場合…あなたはその権威を失うリスクがあります 信頼性とともに そうすることによって。

これは私に思い出させます 検索エンジン最適化 業界。 グーグルはかなり長い間その中で発表しました 利用規約 リンクの購入プレースメントは直接違反していました。 メリット; しかし、コストを上回り、ハンマーが落ちるまで、多くの人がリンクを購入することで利益を得ました。 現在、数万ドルを投資したこれらの企業のいくつかは、数百万ドルを失っています。

これはソーシャルメディアでも起こると私は予測しています。 すべての主要なソーシャルメディアサイトの利用規約は、虚偽の情報を利用して数を増やすことをすでに警告しています。

  • ツイッター –多くのフォロワーをすばやく獲得するのに役立つと主張するWebサイトやアプリケーションに遭遇する可能性があります。 これらのプログラムは、フォロワーへの支払いを要求したり、参加するために他のユーザーのリストをフォローするように要求したりする場合があります。 によると、これらの使用は許可されていません Twitterのルール.
  • フェイスブック – Facebookページのいいねを購入できますか? いいえ。Facebookのスパムシステムがあなたのページがこの種の活動に関連していることを検出した場合、私たちはあなたのページに制限を設けて、私たちの権利と責任の声明のさらなる違反を防ぎます。
  • LinkedIn –他のオンラインサービスとは異なり、メンバーは実在の人物である必要があります。実在の人物は、本名と自分自身に関する正確な情報を提供します。 LinkedInのサービスで、あなた自身、あなたの資格、またはあなたの仕事の経験、所属、業績について誤解を招くような情報を提供することはできません。 ユーザー規約.
  • Google+の –サイト運営者は、ユーザーを誤解させる目的で、ユーザーにGoogle+ボタンをクリックするように指示することはできません。 出版社は、Google +ボタンのクリックと引き換えに、賞品、金銭、または同等の金銭を宣伝することはできません。 ボタンポリシー.
  • Youtube –他の人に広告をクリックするように勧めたり、不正な実装方法を使用してクリックを取得したりしないでください。 これには、視聴者数を増やすためにこれらのサービスを宣伝するサードパーティ代理店への委託が含まれます。 チャンネル登録者、視聴回数、その他のチャンネル機能の購入またはゲームは、当社の違反となります 利用規約.

したがって…企業またはその企業のメンバーがこれらのプラットフォームを利用する場合、これらの企業のそれぞれとの法的拘束力のある契約に同意します。 あなたが彼らの条件に違反するとき、あなたはその契約を破っています。 これらの巨人のいずれもが彼らの条件に違反したために損害賠償を追求するとは思わないが、彼らは取り締まっている。 たとえば、Vevoは Youtubeでの彼らの見解と権威のすべてを失った グーグルが彼らが彼らの数を維持するためにビューを買っていると理解したとき。

企業はこれらの用語を回避するかもしれませんが、政府がそれをどのように見ているかを見るのは興味深いでしょう。 オバマ大統領の社会的チームでさえ、手に負えなくなった… 彼のフォローの半分以上が偽物である。 もちろん、オバマ大統領の権威に疑いの余地はありません…ですから、なぜ10万人または100億人のフォロワーがエゴの外で重要なのかはわかりません。 国務省も捕らえられました–支出 Facebookの「いいね」で630,000ドル以上。 (言うまでもなく、市民が納税者のお金をこのように利用したいと思っているかどうかはわかりません)。

ただし、これらの数値にはさらに暗い側面があり、それは 貿易規制。 事実上すべての国には、消費者を監視する責任を負う統治機関があります。 消費者がオンラインで会社をレビューし、多数のファン、フォロワー、いいね、リツイートを見て、それらの誤ったカウントに基づいて購入を決定した場合はどうなりますか? さらに悪いことに、投資家が投資したい会社をレビューし、実際よりもはるかに人気があるという誤った印象を与えられた場合はどうなるでしょうか。 これらの購入の目標 is 消費者に影響を与えるために…そして私はそれが起こっていると信じています。

FTCが1つかXNUMXつの言葉を利用して、虚偽のマーケティングや広告で企業にペナルティを科すことができるとしたら、悪意のある企業でファン、フォロワー、リツイート、+ XNUMX、いいね、ビューを購入することはどのように見られますか? 彼らがそれらのカウントを操作したので、会社は責任を問われるのでしょうか?

私は彼らが将来そうなると信じています。 従業員がこれらの戦術を利用していないことを確認してください。 また、あなたがビジネスを行っている代理店や第三者がこれらの戦術を採用していないことを確認します。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.