シグナを殺人で逃がさないでください

ナタリン、安らかに眠れ。

給付金を拒否されたり、保険の和解に失敗したり、持っている人のことを聞いたりしたことがない場合は、幸運な人です。 保険業界は、米国で最も収益性の高い業界のXNUMXつです。 計算は非常に単純で、より多くの人を死なせるほど、利益は大きくなります。

これを変更できますか インターネットとブロゴスフィア? 私たちは文字通り検索エンジンに次のメッセージを攻撃できますか? シグナは吸う 違いを生む? 彼らは自分たちが思いやりの仕事をしていると主張している。 本当? 世話をすることは、世話をしないことよりも実際に多くのお金がかかるのではないですか? 医者は気にかけていると思いますが、保険会社には反対のインセンティブがあります。

11月65日の手紙で、XNUMX人の医師が保険会社に再考を求めました。 彼らは、移植を受ける同様の状況の患者は、約XNUMXパーセントのXNUMXヶ月生存率を持っていると言いました。

Cignaは、これは実験的なものであり、ポリシーの対象外であると述べました。

ナタリン・サルキシアンは死んだ XNUMX年間白血病と闘い、保険会社のシグナから必要な移植を拒否された後。

これは私の目には一級殺人にほかなりません。 安全でない労働条件のために従業員を失った雇用主は過失致死罪または不法死亡で起訴される可能性がありますが、なぜ保険会社はできないのですか? シグナは状況を無視しませんでした、彼らはそれを分析して、患者を死なせておくという意識的な選択をしました。

これらの話は私を怒らせ、恐れさせます。 シグナの株式を所有している場合、またはシグナが混在する投資信託を所有している場合は、そのような会社をサポートしないことをお勧めします。 保険会社が彼らに支払う人々の血で彼らのポケットを裏打ちするのをやめる時が来ました。

ナタリンの闘争の詳細:

  1. ナタリンが亡くなり、シグナに恥をかかせる
  2. シグナがナタリンを殺す
  3. RIP、ナタリン
  4. ナタリンは死んでいる

CIGNAエグゼクティブマネジメントチーム—夜はどのように眠りますか?!

24のコメント

  1. 1
    • 2

      こんにちはJHS、

      私にとって怖いのは、これだけです。この国の保険会社には、医師が延命または延命すると主張する主張を否定する権限があります。

      A business making a life or death decision should be illegal. Plain and simple.

      ダグ

      • 3

        ダグ、

        はい、それは怖いです、しかしそれは長い間真実でした。 事件全体はやや皮肉なものです。ドナーの臓器が利用できなくなったために死ななければならない人もいます。 ここにあると思われるケースがあり、彼女はそれを取得できませんでした。

        あるいは、おそらく彼女はそうすることができたが、彼女の家族の残りは、彼ら自身の資源が燃え尽きた後、おそらく路上で鉛筆を売らなければならないだろう。 それが彼らが保険に加入していると思った理由です。 この写真のどこかが間違いなく間違っています…

        • 4

          ハイボブ!

          ここでお会いできてうれしいです。

          よく置きます。

          立法府が所属する患者のケアを保険会社ではなく医師に任せるために必要な圧力をかけることができるといいのですが。

          ダグ

  2. 5

    The problem is that health insurance companies’ bottom line depends on NOT paying benefits. This is what I encountered when trying to get approval for my son’s medication. He had approval for Zyrtec-D, which was a non-formulary medication in 2004 when the battle started. I didn’t. We were both prescribed the same medication for ADHD. Mine was approved; his wasn’t. It didn’t get approved until this year, when Zyrtec-D was approved for OTC sales? Coincidence? You decide.

    Our story is minor compared to this, but the principle still holds. They had covered the bone marrow transplant and aftercare so in their minds, they had discharged their obligation to approve any additional expensive treatments for this girl. I doubt the request initially reached someone knowledgable (see my notes about the gastroenterologist approving psychiatric medications, for example), so it was relatively simple to just say no. Even after the four doctors appealed, they denied.

    Michael Moore has this much right: Putting medical decisions in the hands of anyone other than a patient’s doctor is just wrong. And for the so-called ‘doctors’ at Cigna I just have to ask how they reconcile their Hippocratic oath with the denials they sign.

    • 6

      による フォーブス, H Edward Hanway’s total compensation is $28.82 million and his 5-year is $78.31 million. Hanway has been CEO of Cigna (CI) for 6 years and has been with the company for 28 years.

      それが彼がそれを和解させる方法です。

  3. 7

    Unfortunately most of us americans go through life fat , dumb and happy . We read about tragedies like this and think it won’t happen to me or my family . We try to downplay its significance with thoughts like ” she fell through the cracks ” or ” she would have died anyway ” . Our press is failing to properly investigate and report on negative and criminal activity by insurance companies because many of the insurers are also paying sponsors . We have reporters such as John Stossel villefying Michael Moores film Sicko just a few short months before Natalines Death .

    ウェイクアップアメリカ

    私たち全員が十分に憤慨し、実際に電話をかけ、手紙を書き、怒りを知らせるまで、これらの慣行は続きます。 あなたのペン、あなたの口とあなたのポケットブックでそれを言いなさい。
    あなたの議員に連絡してください。 不誠実なニュース記者にメールを送信します。 これらのニュース番組に広告を掲載している企業に連絡し、脅迫します。

  4. 8

    このすべてが私にとってより多くの質問と答えを提起します。

    From what I read, if she got the transplant she MAY have lived six more months. She certainly wouldn’t have lived much longer than that. She had a terminal illness.

    I feel for the family. But its not as cut and dry as some media reports want to make it. If it was a matter of her getting this treatment and living for 20 more years… its a no brainer. But getting this transplant, would have required her to get some anti-rejection medicine… which would have taken her already weak immune system and make it even worse… which would have made the cancer spread even faster. AND the cancer was terminal in the first place.

    And I’m going through my own battle with health insurance companies right now myself. So I know they can be down right unreasonable. And my claim is only a couple hundred dollars… nowhere near the six figures this claim was revolving around.

    • 9

      こんにちは、

      I’m sure there are a lot of pieces that are missing, but the bottom line for me was that some doctors and nurses requested the treatment and they were vetoed by the Insurance company. We have to make sure that that NEVER happens.

      Good luck with your battle! I’m one of the many ‘uninsured’ in this country – I’m overweight and can’t get it on my own. (My kids are covered on their own policy).

      ダグ

  5. 10

    私は保険会社を信頼するのと同じくらい医者を信頼しています。

    あなたはあなたのポケットにたくさんのお金を並べる何かをする能力を要求しませんか?

    This is why you can appeal to a third party arbitrator for decisions that are denied. So a person who:
    A.家族の感情に影響されません。
    B.彼らの純利益に影響されない(保険と医者に行く)

    最終決定を下すことができます。

    非常に多くの医師がそれ自体で億万長者であるのは偶然ではありません。

    それで、話題から外れて、あなたは国民皆保険を支持すると思いますか?

    • 11

      I had the pleasure of knowing quite a few doctors and it was sad seeing how insurance companies affected them. One of my friends was pushed to ‘spend less time’ with each patient to improve his ‘productivity’. I also saw him spending 1/3 of his salary on malpractice insurance (another profitable industry).

      He also HAD to join a Doctor’s group rather than having his own practice because there was no way he could keep up with the insurance paperwork. This was a heart-breaker because he was a fantastic Doctor and didn’t deserve to be tunneled into production line healthcare.

      I think you’ll find that the vast majority of Doctors are not millionaires and even more are leaving patient care because of all the crap they have to deal with. It’s a mess.

      Re:ユニバーサルヘルスケア

      I lived in Canada for 6 years and I actually do support universal health care (much to the horror of my conservative upbringing). The reason is simple – I believe medicine is a social issue, not a business… even though in the U.S. we have made it a BOOMING business.

      Canada has its challenges, I will admit. The horror stories we hear down here are few and further between, though.

      I believe there’s a great business advantage to universal health care as well – people aren’t afraid to start their own business when they don’t have to worry about healthcare for their families. People are no longer afraid to quit bad jobs, either, leading to improved working conditions.

      I genuinely think it’s a step up. After all, if you can pay an Insurance CEO $28 million a year, there’s opportunity for some streamlining, right?

  6. 12

    Nope. If you see giving 33% MORE of your income to the government for insurance… go right ahead. But as it stands right now… I pay about $250/month for full (very good) medical insurance. Though my employer pays a lot more. But that is part of employing developers.

    • 13

      The irony is that we already do pay that, though, ck. When an uninsured person gets treated, you pay for it through taxes and increased medical rates, etc. We’re already paying for universal health care… but it’s only for treatment – not preventative medicine.

  7. 14

    ck —

    With regard to your comment that Nataline would have had six months WITH the transplant — incorrect. Without the transplant, they’d given her six months on the outside. The bone marrow transplant had succeeded in eradicating the leukemia but the cost was liver damage that was irreparable. If she had received the transplant, she had the prospect of a full life. Without it, she was doomed.

    The system is completely broken when doctors no longer have the ability to be doctors. If you don’t trust them, it’s probably because they have had to practice defensive medicine where they satisfy the insurer, the patient and walk a line down insurance liability risks, too.

    Fixing the system will mean limiting malpractice damage awards and grounds for liability lawsuits, limiting insurers’ profits and putting the practice of medicine back in the hands of the folks who paid over $100K for their education as a doctor. You should really read Dr. Kirschenbaum’s series on Doctors, Money and Medicine for a different perspective. ここからスタート.

  8. 15

    私が読んだすべてのことは、肝移植の目標がさらに65か月間生きる可能性がXNUMX%であることを示しているようでした。

    Now as my initial post said, if this would have made life for another 20 years possible… all for it. But if its six months… I won’t jump up and down for either decision. And would think the third party arbitrator is a valid solution.

    そして、それらは問題ですが、解決策は国民皆保険ではないと思います。それは単に私たちの政府に負担を移し、彼らはひどいことです。

    The fix is, as you alluded to… limiting malpractice damages and other regulations. But I certainly wouldn’t put the management of the health insurance in the likes of Hillary Clinton. Frankly, have enough issues with where my tax money gets spent… don’t need it paying for ‘health issues’ like nose jobs.

  9. 16

    CK –

    AP通信の記事によると http://ap.google.com/article/ALeqM5hFp8DsNC_gJwb9q72kNfDiZCioSwD8TM2SAO1、UCLAの医師は、「…移植を受けるナタリンと同様の状況の患者の65か月生存率は約XNUMX%である」と述べていると伝えられています。

    私が理解しているのは、彼女が最初の65か月で生き残る可能性は6%であり、あなたが指摘したように、彼女が6か月でとにかく死ぬということではないということです。 彼女は白血病の治療によって引き起こされた肝不全を持っていたので、彼女は末期の病気を持っていました。 私の理解では、彼女が6か月に到達した場合、彼女はそれを数年長くする機会があったはずです。

    正直なところ、あなたの投稿から、何らかの利益をもたらすことができるヘルスケアは、それを買う余裕のある人だけが利用できるべきであり、他のすべての人は死んだほうがよいと信じているようです。 私はあなたの意見や提案の多くに同意します。 サードパーティの仲裁は、特に迅速な場合は良い考えだと思いますが、「彼女を死なせるかもしれない、とにかく彼女は行くつもりだった」というあなたの認識された概念は、むしろ意地悪なものとして外れます。 それはあなたが自分自身だけに興味があり、他の誰にも興味がないという印象を与えます。

  10. 17

    ロブ、
    誰もが健康保険に加入して生活してほしいのですが、政府がそれを提供する場所でもないと思います。

    私はむしろ政府をはるかに少なく(すなわち、IRSを差し引いて)見たいのですが、それ以上ではありません。

    How do you think our founding fathers did it? The answer is to make the burden on doctors less (ie law suits) and not to move that burden to every tax payer. Our government has proven itself inept and should not be trusted with our medical lifes as well. With them in charge, cases like this will become more common, not less common. Just look at the stats of heart failure and cancer survivor rates of those with cancer. Private medicine is much more effective.

    But as the to the case at hand, let me say it again.. if the prognosis was for potential to a long life after the transplant… then I’m all for it. But I read the statement you pointed out in the negative way.

    よく書かれた、事実スタイルの記事だけを見たいです。

    This is not an easy subject and shouldn’t be one waged with emotional arguments. Just the facts m’am.

    • 18

      The Facts are simple, Cigna does not want to spend to cure sickness, the same Cigna Glendale did this to this Family, they fought back in every way they could, only to find out the Goverment Agencies let these people abuse the consumer, and nothing is done. It is covered up.

      カリフォルニア州バレンシアの議員が書いている

      下院議員は次のように書いています。30年1996月XNUMX日付けの企業部門宛の手紙の中で。 Jo JoshuaGodfreyに提供された手紙のコピー。

      親愛なるコミッショナービショップ、
      私は、カリフォルニアで認可されたHMO、CIGNAヘルスケアで深刻な問題を経験した私の構成員であるJosephine JoshuaGodfreyに代わって書いています。

      ゴッドフリー夫人はCIGNAが1993年1994月から1993年XNUMX月まで肺癌を適切に診断および治療できなかった。明らかにXNUMX年後、シグナ以外の医師は左肺のカルチノイド腫瘍を簡単に特定し、ゴッドフリー夫人に腫瘍はXNUMX年初頭に診断されるべきであると語った。 CIGNAからの腫瘍の存在の繰り返しの否定にもかかわらず、腫瘍は最終的にSTで除去されました。 カリフォルニア州バーバンクのジョセフ病院。 術後の病理学は、腫瘍が「完全に成長した…完全に成熟した」と報告している。

      ゴッドフリー夫人は、GIGNAの診察を受けている間、治療の専門家に紹介するよう繰り返し求められました。 いくつかの不可解な理由で、GIGNAは適切な治療のために専門家に相談することを拒否しました。 CIGNAはまた、別の医師が彼女の病歴を確認して治療を注文できるように、ゴッドフリー夫人の医療記録の公開を拒否しました。 何十ものリクエストの後でのみ、レコードがリリースされました。 それでも、ゴッドフリー夫人は、CIGNAを不正行為から保護するために、文書が悪意を持って変更されたと考えています。

      カリフォルニア州は、HMOSに登録されている消費者を保護する責任があります。 州は、HMOSについて消費者を教育し、通知する必要があります.12万人を超えるカリフォルニア州民がHMOSで、品質と医療へのアクセスについて消費者を教育し、通知することは重要な取り組みです。 残念ながら、ゴッドフリーズ夫人の経験が、消費者の医療ニーズがHMOSによってどのように扱われているかを示している場合は、マネージドケアシステムを再検討する必要があります。 議会はHMOSとそれらが提供する医療の質を調査し始めました。 多くの患者は、HMOSがコストを削減するために患者へのケアと情報を定期的に拒否していると信じています。 医師がHMOによって過剰にされていない治療を提案することを禁止する明らかな「ギャグルール」も特に懸念されます。
      私の構成員だけがHMOに対処するのに苦労した個人ではありません。
      (1)サンディエゴのRuth Macinnesは、HMOの医師が心臓病の診断と治療、および心原性ショックの緊急事態への対応のための医療検査を提供できなかったために死亡しました。 -2年以上診断されました。 これらの人々のように、同じような話をしている他の何千人もの人々が全国にいると私は言われています。

      あなたの事務所がこれらの主張を調査し、州のHMOSが適切に監視されているかどうか、そして消費者が質の高い医療を確保するために必要な情報を提供されているかどうかを調査することを敬意を表します。 ゴッドフリー夫人は、彼女の世話をするべきシステムによってひどく虐待されてきたと思います。 違反が発見された場合、消費者を虐待する責任のある機関に対して執行措置を講じることを要請します。 包括的な調査は、州が12万人を超えるHMO消費者に対する義務を確実に果たすのに役立ちます。 できるだけ早い機会に、私の地区のディレクター、アルマンドE.アラロザに返信してください。
      株式会社返信部
      Los Angeles, CA Reply »

      JO JOSHUA GODFREYは、カリフォルニアとこの国の人々と共有しています。
      2年1996月XNUMX日付けのコングレスマンレターへの企業の対応
      RE:ファイルアルファなし
      親愛なる国会議員、
      上記の個人とそのヘルスケアサービスプランであるカリフォルニア州シグナヘルスケアに関して、30年1996月4日に受け取った1996年XNUMX月XNUMX日の手紙を受け取りました。
      企業部門(「部門」)は、Knox-Keeneヘルスケアサービスプラン法(Health and Safety Code 1340以降)およびコミッショナーの規制(CCRセクション1300.40以降)に基づいて、Cignaヘルスケアおよびその他のヘルスケアサービスプランを規制しています。 。)。 部門は、私たちが受け取るすべての支援要求(?RFA?)を非常に真剣に受け止めています。 部門が受け取ったRFAは、個々の問題に関してだけでなく、潜在的なシステム上の問題にも目を向けてレビューされます。 RFAレビューは、部門の全体的な規制努力の重要な要素です。
      部門は、ゴッドフレイ家から提出されたすべてのRFAをレビューしたか、レビューしています。 ジョセフィン・ゴッドフリーの事件は、局の執行部によって検討されました。 このレビューには、関連する医療記録の調査、計画担当者へのインタビュー、およびゴッドフレイ家との広範な話し合いが含まれていましたが、これらに限定されませんでした。 このレビューの結果、執行部は、シグナがゴッドフリー夫人の特定の苦情に十分に対処し、これらの問題を解決するための戦略を策定したと判断しました。
      クリストファー・ゴッドフリーのRFAに関して、シグナは、ゴッドフリー夫妻が現在のケアの調整を支援し、発生する可能性のある問題を解決するために、(個人の名前は省略)RNを利用できるようにすることに同意しました。 これらのRFAは両方とも現在閉じられています。 ただし、これらおよびすべてのRFAの情報は、健康保険がノックスキーン法に準拠していることを確認するために、部門の継続的な規制に組み込まれています。
      部門は、いわゆる「ギャグ」についてのあなたの懸念を共有しています。 プロバイダー契約の条項。 同省は最近、プロバイダー契約の条項を削除する計画を要求しました。これにより、プロバイダーは計画を「良い見方」にすることが義務付けられました。 すべてのライセンシーへの最近の通信で、部門は次のように述べています。?契約している各医師および他の医療専門家は、患者の健康に影響を与える可能性のある問題について正確に正直に話すことができ、伝統的な信頼関係を育む意志患者と医療専門家の間の信頼。
      最後に、ヘルスケアサービスプランに登録されている何百万人ものカリフォルニア州民に対する同省の取り組みを改めて強調したいと思います。 ご不明な点がございましたら、お気軽にスペシャルアシスタント(名前省略)までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。
      キースポールビショップ
      法人コミッショナー

  11. 19

    私は14歳のときに議員にこの話を書きました。あなたと共有したいと思います。

    私は14歳で、医療過誤の犠牲者です。 あなたが医療過誤の犠牲者を助ける必要があるので、私は議会と上院に手紙を書いています。 私は病気で、頭が痛く、母が私を医者に連れて行ってくれました。 頻繁に鼻血とひどい頭痛がしました。 これは1992年の終わりか1993年の初めに始まったと思います。彼らは私が大丈夫だと言っていました、そして私は一人の医者が私の母と私にとってとても意地悪だったことを覚えています。 彼女はそれについて話したくありませんでした。 彼女は私が大丈夫だったのは私の頭の中にあると言った。 1993年と1994年は私の人生で良い年ではありませんでした。 私は不幸でした。 私のお母さんはいつも病気で、いつもベッドで咳をしていて、いつもCIGNAに薬を飲んでいて、いつも疲れすぎていました。 私のお母さんはもう同じお母さんではありませんでした。 頭が痛くなり、お母さんの具合がよくわかるので、お母さんに迷惑をかけないように疲れました。 彼女はいつも落ち込んでいて、いつも泣いていて、いつも不機嫌で咳をしていました。 私は彼女に夜に黙るように怒鳴りました、そして彼女は私たち全員を目覚めさせました、今私は気分が悪いです。

    1994年XNUMX月、私は落ち込んで頭が痛くなり、薬棚から薬を取り出しました。これは初めてではありませんでしたが、母は病気で気づいていませんでした。 私がもっと取るたびに、ある日、母が私を起こしてくれて、起き上がらなかったので、私は疲れすぎていました。 私のお母さんはそう言ったのですか? すぐにCIGNAに行きます。 私はそこに行き、CIGNAの医者が私を見ました。 彼らは私をメンタルヘルスの場所に送りました、そしてこれらのXNUMXつの場所のどちらも私が何をしたかさえ知りませんでした。 私の母は私を歩き回って、私は私が何をしたかを彼女に話しました。 その日遅く、彼女は私が死んだらどうやって生きていけるのかと言った。 私のお母さんはとても疲れていたので泣きました。彼女は十分にやっていないので自分を責めました。 私は母にこれを二度としないと約束しました。 私の母はCIGNAに電話し、私が自分を殺そうとしたのを彼らが見落としてしまったことに腹を立て、彼らにどんな医者か尋ねました。 私の母は私に完全な肉体を与えることに同意したのでとても悲鳴を上げました。 XNUMX月初旬のフィジカルで、私たちは私の頭について非常に不平を言い、彼らは私の頭のスキャンを行うことに同意しました。 これは約XNUMXヶ月半続き、次々とスキャンし、最終的に医師は副鼻腔を洗い流す必要があると言いました。それはXNUMX月末でした。 私の母はこれが緊急であるかどうか尋ねました、それはすぐに行われる必要がありましたか、医者はそれが緊急ではないと答えました。 私の母は夏休みにそれをするだろうと言った。

    6月から2月にかけて、母は非常に病気になりました。 彼女は医者に行き、彼らは彼女を2週間障害者にした。 20月中旬、母が肺がんで亡くなるという夢を見ました。 私がこれを彼女に言ったとき、私の母は非常に腹を立てました。 2月の初めまでに、母は祖父母を訪ねるためにXNUMXか月間アイルランドに送ってくれました。 私がXNUMX月末にアイルランドから戻ったとき、私たちの家は大騒ぎになりました。XNUMX週間、CIGNAは、母にX線をすべて渡して、失われたことを告げることを拒否していました。 彼女はちょうどそれらを手に入れました、そしてそれは彼女がほぼXNUMX年間肺癌を持っていたことを示しました。 私の母は手術を受け、彼女の肺のXNUMX%が切除されました。 彼女はカルチノイド腫瘍を持っていました。 私の母が病院にいたとき、外科医は私の継父に彼も具合が悪いと言いました。 結局、CIGNAは私の継父の記録をXNUMX週間公開することを拒否しました。 彼らが外部の医者に行ったとき、CIGNAは彼を喘息の治療をしていた。 彼は本当にCOPDの非常に進行した症例を持っており、私の母が持っていたように彼の左肺に何かを持っていました。

    私たちは行って、家族全員の記録を手に入れました。 私のことを見て、外の医者に行ったとき、外の医者に行った後、私は今、本物の医者とCIGNAの医者の違いが何であるかを知っています。 。 骨が破壊されているところ、骨が軌道を突き抜けているところに問題があり、医者は私の目が押し出されたと言った。 シダーズシナイで手術を受けました。 CIGNAが私たちにしたこれらすべてのことには正義がないように思われるので、1995年は1993年よりもはるかに良くはありません。 二度とこのように苦しむ必要がないように、法律を変えてもらいたいのです。 CIGNAは今日まで私たちの家族を虐待しています。 彼らは私のお母さんを何時間も泣かせます、そしてあなたがこれについてもあなたにすべてを話させてくれることを願っています。 CIGNAはまた、私の両親が亡くなったかどうか、私はどこに行くのか、そして私の兄と妹はどうなるのかを知る必要があります。 私はアメリカ人です、そして私が成長するとき、私はここに住みたいとは思いません。 人が優しくて親切なところに引っ越したいです。 アイルランドに引っ越します。

    今私は27歳です。 しかし、家族がこのように苦しむ必要があったことはかなり悲しいことであり、これらの詐欺師や詐欺師はカリフォルニア州での罰を免れた​​。

    ありがとうCIGNAGLENDALE

  12. 20

    証言上院規則は、12年1997月2.03日月曜日午後XNUMX時XNUMX分にカリフォルニア州の公聴会をコミットします
    私はあなたと私の経験を共有するようになりました。 企業部門はその規制機能に失敗しており、私の家族の経験はそれを示しています。 そして、Cigna Healthcareでの私自身の個人的な経験は、消費者がどのように虐待されているか、そして企業部門がどのように目をつぶっているのかを説明します。
    シグナでの私の経験は私の両親の虐待から始まりました、そして次に彼らは私の家族のすべてのメンバーに対してその虐待を実行しました。 私が病気で医者が必要なとき、彼らは私を約束で送り出しました、そして彼らが私を送った医者が私を期待していなかったので私は屈辱を受けました。 その結果、シグナは私に自分の医師を選ぶことができ、彼らが医療費を払うだろうという手紙を送ってくれました。 彼らは一度これをした後、彼らは医療費を払わなかった、そして私は私が請求書を払わなければ私が訴えられるだろうと収集機関によって脅された。 シグナはまた、私の居住地であるサンタバーバラで自分の好きな医者を選ぶことができると言いましたが、これは決して起こりませんでした。 シグナは私にサンタバーバラの医者を割り当てましたが、私が病気で予約をしたいと思ったとき、私は医者に電話をしましたが、彼女は私の電話を返しませんでした。 私たちが医師のオフィスに連絡したとき、彼らは、専門家が必要なときにシグナが紹介をしないので、彼らはもうシグナと協力していないと言いました。
    昨年、私は専門的なケアが必要でした、そして、手順の間に、医者は私が生検が必要であると言いました。 彼は途中で立ち止まり、続行するにはCIGNAから許可を得る必要がありました。 医師は、90つの手順は関連しており、これまでこのように医学を行うことは期待されていなかったと述べました。 この手続きの後、私がこのシグナについて企業部門に不平を言ったとき、告発を否定し、医者が間違っていたと答えました。 その時以来、医者はサンタバーバラの彼の議員に前に出て来て、彼は彼らの許可なしに生検を行ったと述べました、そして事件の私の説明は正しかったです。 これは前癌状態だったので、医者は私がXNUMX日ごとにフォローアップする必要があると言いました。 シグナは、この専門医療が必要な場合は、プライマリケア医に診てもらい、必要かどうかを確認する必要があると言いました。次に、同じ郡ではなく、サンタマリアのプライマリケア医にXNUMX時間以上割り当てられました。私の住居から。
    私はカリフォルニア大学サンタバーバラ校に通う学生ですが、交通機関はありません。 それは実行可能な選択肢ではありません。そして、企業部門は私を支援する代わりに、私に嫌がらせをし、私の治療を妨害する責任があるシグナの人に私に再び電話をかけてもらいました。

  13. 21

    最近ユナイテッドを長年過ごした後、私の会社はCIGNAに切り替えました。最近、MRIを背負わなければならず、DRの秘書CIGNAは何も承認するのが非常に悪いと言われました。承認には、5日かかりました。私の医者が文字通り懇願しなければならなかった後でのみ、私は彼らが手順を承認したとしても、彼らは時々振り返ってそれが彼らの仕様に許可されていないと言ってそれを否定し、そしてあなたは法案に固執します。さらに悪いことに私は受け取りましたCIGNA toniteからの電話で、PCPに行くのではなく、将来の肺、心臓、背中、または骨の問題について「THEIRNURSE」に電話することに興味があるかどうかを確認します。 私は電話で「見られる」のは気が進まないだろうと彼らに言いました、そしてとにかくありがとう。彼女は私が申し出に飛びつかなかったように聞こえて非常に動揺しました。

    特に7歳の私は、今後対処する必要のある医学的問題を絶対に恐れています。コメントを読んだ後、CIGNAは思いやりのない会社のようです。CIGNAはペニーではなくペニーのために出ているので、私たち全員が健康でいることを祈ることしかできません。患者!!!! これはたった1週間で私に明らかになりました!!!!!!!!!!!

  14. 22

    私はシグナをインとして主要な航空会社で働いています。 私は仕事中、仕事中、出勤中に背中を骨折しました。このハンガーマネージャーは、これは「仕事中の怪我ではない」と言っています。
    i lost my ins ” long term disability” thru cigna. well, they – cigna sent me to this whore of a physical therapy that told cigna what they wanted to hear. so, im laying on my back with no help and in pain with no income. who has the answer and if any one wants a phonme number to call, because i people of passing the buck and i must have a draw of numbers to call, all of which didnt help but boy do they have phones numbers!!
    最後に、当てはまる人、当てはまらない人、あなたの痛みと命を失ったことをお詫びします。

  15. 23

    My mother has been passed away for 11 years and Cigna is the insurance she had when she was in the hospital for the Flu. After a short period of time she became worse while in the hospital but instead of getting better treatment we got a visit from a lady that worked for the hospital and told my mother and I that my had to go home because Cigna would not be paying for anymore of her stay. My mom was only 55years old when Cigna booted her out of the hospital. We did not know but Cigna which had to know due to medical records had to be sent to them for any type of payment to the hospital that my mother had bowel stuck in her intestine that is why she was bleeding from the rectum and couldn’t stand on her own when she was told Cigna said they would not pay for anymore treatment. My mom would go back within that week to the ER so sick that they couldn’t take her blood because she would of died right then so she was put in ICU and then is when we found out that she had bowel stuck in her intestine that she would need surgery but since it was not done sooner she was opened to being infected almost all her intestine from the bowel just sitting there because my mom did not know she had this but Cigna did when they tossed her out of the hospital. She was then put on life support and less than 7 days later 18 days before I would turn 21years old I had to sign for my mother to be taken off life support because there was no hope due to how fast the infection had spread while she was out of the hospital. Call it what you like but it is murder when money or the right insurance would have kept my mother alive but since she had CIGNA HMO they decided she was not worth paying for. Still 11years later I still wonder how many others died in their hands.

  16. 24

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.