コンテンツマーケティング新興テクノロジー検索マーケティング

カスタム CMS 開発: 考慮すべき 4 つのコンテンツ管理トレンド 

企業が成長するにつれて、制作されるコンテンツの量も増え、増大するビジネスの複雑さに対処するための新しいテクノロジー ツールが必要になります。 でも、

組織全体でコンテンツを管理するための適切なテクノロジを備えている企業は、わずか 25% です。

コンテンツマーケティング研究所、 コンテンツ管理と戦略に関する調査

At トランジション、私たちはカスタムを開発することを信じています と組み合わせた、シンプルで高性能なLC / MSシステム 企業のニーズとワークフローに合わせて調整することは、この課題に対処し、コンテンツ管理を最適化する最良の方法の XNUMX つです。 この記事では、組織がより競争力のある強力な CMS を開発するのに役立つコンテンツ管理の最新のテクノロジ トレンドについて説明します。

ヘッドレスアーキテクチャ

すべての業界の組織の 50% が、いまだにモノリシック CMS を使用しています。 しかし、企業の 35% がヘッドレス アプローチを選択しており、その数字は年々増加しています。

ストーリーブロック、 2022 年のコンテンツ管理の現状

ヘッドレス アーキテクチャは、CMS 開発中にフロントエンドとバックエンドを分離することを意味します。 典型的な ヘッドレスCMS 企業コンテンツとデジタル資産を保存および管理するための集中リポジトリを表します。 通常、このようなシステムにはデフォルトでユーザー インターフェイスがありません。

代わりに、開発者は個別のコンテンツ配信チャネル (Web サイトやモバイル アプリなど) を構築およびカスタマイズし、CMS を介してそれらに接続します。 API インターフェイス。 実際には、このようなアプローチは、組織にさまざまなビジネス上の利点をもたらします。 それらには以下が含まれます:

  • 合理化されたコンテンツ管理 – ヘッドレス CMS を使用すると、従業員は、それぞれが特定のデジタル チャネルに関連する複数のコンテンツ管理システムを切り替える必要がなくなります。 代わりに、従業員はコンテンツ (サービスや製品の説明など) を適応させ、XNUMX つのソフトウェア インスタンスを介してすべてのチャネルに配布できます。
  • より効果的なマーケティング – ヘッドレス CMS を使用すると、技術者でなくても、開発者を関与させることなくフロント エンドに変更を加えることができます。 たとえば、マーケティング担当者は、事前に作成されたテンプレートを使用して、数回クリックするだけで新しいランディング ページや Web サイトを作成できます。 このようにして、新しい仮説を継続的に実験およびテストしながら、新しいサービスや製品ラインを迅速に立ち上げることができます。
  • より良いSEOランキング – ヘッドレス CMS の採用により、組織の SEO. 従業員は、の表示形式をカスタマイズできます URLは、それらをさまざまな検索エンジンに適応させることで、検索ランキングが高くなる可能性があります。 さらに、ソリューションの最適なフレームワーク UI Web サイトの読み込み速度が向上し、SEO の結果も向上する可能性があります。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上 (UX) – ヘッドレス CMS により、従業員はサーバー側に影響を与えることなくプレゼンテーション層を管理できます。 実際には、CMS を使用すると、チームは組織の Web ページ上の任意の要素 (ボタン、画像、または CTA、より的を絞ったパーソナライズされた顧客体験を提供します。

オートメーション

カスタム CMS に適切な機能を採用することで、企業は定型的および手動のコンテンツ管理タスクを自動化できます。 

まず、CMS 開発者は、コンテンツの作成、保存、公開、配信を含む企業のすべてのワークフローをマッピングする必要があります。 次に、意思決定者は、自動化によって最適化できる作業プロセス (新しいランディング ページの発行など) を定義し、最も重要なビジネス価値を持つものを決定する必要があります。

次に、オプションの XNUMX つとして、開発者は次のようなテクノロジを実装できます。 ロボットプロセス自動化 (RPA) 定義済みの一連のルールに従って動作する自動化されたワークフローを設定します。 このような自動化の結果、組織は仕事の生産性を劇的に向上させ、従業員がより戦略的なタスクに集中できるようになります。

クラウド

デジタル インフラストラクチャをより細かく制御できるなど、従来のオンプレミス ホスティング アプローチのすべての利点にもかかわらず、企業全体のコンテンツ制作にはコストがかかりすぎて非効率的である可能性があります。 さらに、企業が大量のコンテンツを保存および処理する場合、より多くのハードウェアを購入し、増加する数の物理サーバーを維持する必要があります。

クラウドによってホストされる CMS ソリューションを開発すると、組織がオンデマンドでコンピューティング能力をスケールアップするのに役立つため、この課題を迅速に解決できる可能性があります。 さらに、開発者は新しいコンテンツ管理機能を迅速に展開できます (CMS がマイクロサービス アーキテクチャで強化されている場合)。 このように、クラウドは CMS を垂直方向および水平方向にスケーリングできるようにし、組織がソフトウェアをビジネスとともに進化させるのを支援します。

人工知能 (AI)

今日、AI や機械学習などの関連技術の役割がますます大きくなっていることに気付かないわけにはいきません (ML) または自然言語処理 (NLP).

組織の 35% が既に AI を採用しており、42% が導入を検討しています。

IBMグローバルAI採用インデックス2022

カスタム CMS は AI 実装の恩恵を受けることができます。 まず、CMS はさまざまなデジタル チャネルに接続されているため、マーケティング目的に役立つ可能性のある顧客データが蓄積されます。

次に、AI の助けを借りて、CMS ソフトウェアはユーザーの行動と人口統計を分析し、より魅力的なコンテンツを作成するための推奨事項を従業員に提供します。 

あるいは、そのような洞察は、ターゲットを絞った広告キャンペーンを作成したり、各ユーザーに合わせてコンテンツを調整する動的な Web サイトを構築したりするのに役立つ場合があります。

とりわけ、組み込みの AI 機能により、CMS はインテリジェントなコンテンツ分析などの機能を提供できます。 したがって、マーケティング担当者が新しい広告キャンペーンのトーンが特定のオーディエンスに一致するかどうかを把握する必要がある場合、CMS を介してキャンペーンを分析できます。 

CMS に NLP が装備されている場合は、コンテンツを確認して、その言語またはスタイルを決定できます。 その後、ソリューションは追加のキーワードを提案したり (コンテンツがランディング ページに関連している場合)、キャンペーンの改善を提案したりして、キャンペーンの成功を保証します。

最終的な考え 

成長し、デジタル プレゼンスを強化し、新しい顧客との対話チャネルを確立しようとする企業は、より多くのコンテンツを作成し、コンテンツ管理の複雑さに悩まされることになります。 このビジネスの現実の中で競争力と効率性を維持したい人は、コンテンツの作成、編集、および公開用に調整されたソリューションであるカスタム CMS の開発を考えるかもしれません。

カスタム CMS 開発の効果を最大化するために、意思決定者はプロジェクトを開始する前に、最新のコンテンツ管理の傾向を認識することをお勧めします。 ヘッドレス アーキテクチャ、自動化、クラウド ホスティング、組み込みの人工知能は、これらのトレンドのほんの一部です。

ローマのダビドフ

Roman Davydovは、eコマーステクノロジーオブザーバーです。 トランジション。 IT業界でXNUMX年以上の経験を持つローマンは、デジタルトランスフォーメーションの傾向を追跡および分析して、商取引および店舗管理の自動化に関して、情報に基づいたソフトウェア購入の選択を行う小売企業をガイドします。

おわりに

このサイトでは、スパムを減らすためにAkismetを使用しています。 コメント処理方法.

関連記事