コンテンツのコピーは大丈夫ではありません

バートシンプソンcopy1

最初の私の免責事項:私は 弁護士ではありません. 私は弁護士ではないので、意見として書いておきます。 LinkedIn では、 会話 次の質問から始めました:

自分のブログで有益だと思う記事やその他のコンテンツを再投稿することは合法ですか(もちろん実際の著者にクレジットを与えます)、または最初に著者と話す必要があります…

これには非常に単純な答えがありますが、会話中の大衆の反応に私は非常にうんざりしました。 大多数の人々は、実際に次のようなアドバイスで応えました。 法的 彼らが彼らのブログで有益であると思った記事またはコンテンツを再投稿するため。 記事を再投稿しますか? コンテンツ? 許可無く? ばかじゃない?

バートシンプソンcopy1

何がフェアユースを構成するか、またあなたのコンテンツが別のサイトに現れた場合に著作権が企業や個人をどこまで保護するかについて、法的な議論が続いています。 大量のコンテンツを書く人間として、それは間違いだと断言できます。 違法だとは言っていない… 間違った.

信じられないほど、 ティント 私のコンテンツは、訪問者によって 100 日に 100 回以上コピーされているという統計を提供してくれます。 XNUMX日XNUMX回!!! そのコンテンツはしばしば電子メールで配信されますが、一部は他の人のサイトに配信されます。 コンテンツの一部はコード サンプルであり、おそらくそれを Web プロジェクトに組み込んでいます。

個人的にコンテンツを再投稿しますか? はい…ただし、常に許可を得て、またはコンテンツを作成したサイトのポリシーに従ってください。 私が言っていないことに注意してください 帰属. あなたが投稿したコンテンツにバックリンクを設定することは、許可を意味するものではありません... 許可はあなたに明示的に提供されなければなりません。 私はよく、マーケティング テクノロジー企業に、自社のプラットフォームやソフトウェアについて売り込みます. 彼らはそれらを提供します...それらを公開する明示的な許可を得て.

著作権の外では、私はクリエイティブ・コモンズを利用する側で誤りを犯す傾向があります。 クリエイティブ・コモンズ サイト上の作品を帰属のみで、帰属なしでコピーできるかどうか、または追加の許可が必要かどうかを明示的に定義します。

すべてのビジネスがコンテンツの発行者になりつつある時代では、投稿をコピーして他の人のコンテンツと一緒に貼り付けたいという誘惑が強くなります。 ただし、これは危険な動きですが、日ごとにリスクが高まっています (訴えられているブロガーに聞いてみてください。 ライトヘブン)。 訴訟が有効かどうかに関係なく…お尻を法廷に引きずり込み、あなたを保護するために弁護士を雇わなければならないことは、時間と費用がかかります。

独自のコンテンツを作成して、それを回避してください。 安全なだけでなく、いいことでもあります。 私たちはサイトの開発に多くの時間と労力を費やしてきました (多くの企業がそうであるように)。 あなたのコンテンツが取り上げられて他のサイトに表示されると、注目を集め、時には収益さえも引き付けられます.

画像: バートシンプソン黒板写真ピクチャー

13のコメント

  1. 1

    あなたは合法性全体で絶対的に正しいのか間違っているのか。 それは正しくなく、場合によっては国境を越えて違法です。 クレジット+リンクで10〜20%は問題ないという場所をいくつか読んだことがありますが、それはすべてコンテキストにも依存します。 風刺、「コラージュ」、その他の種類のものはもう少し寛大になります。

    ただし、許可が必要になるのは、全体またはその大部分を「再投稿」する場合のみです。

    たとえば、私がソーシャルメディアで記事を書いていて、あなたを引用したい場合、 Douglas Karr 私の投稿は例として600〜1200語です…そして、あなたの投稿のXNUMXつからの引用を使用したいのですが、許可を求めずに引用を使用して帰属を提供します。

    結局のところ、あなたはそれをオンラインで投稿したので、あなたは今や「公人」であり、私が引用する誰かに許可を求めなければならないとしたら、投稿は不可能になります。 ただし、単語数に関する部分に注意してください…引用は1文…最大2であるため、おそらく1〜100文で200文になります。

    そして…私は弁護士でも何でもないので、もちろんこれは私自身の意見です。

  2. 2
  3. 4

    抜粋についてどう思いますか? 新しい記事の基礎として、興味深いまたはインスピレーションを与えると思うブログから段落を引き出すことがよくあります。 私は常にバックリンクとクレジットを含めます。

    • 5

      それは私が彼らについてどう感じているかではありません、ロレーヌ…それはサイト所有者がどう感じているかです。 抜粋はまだコンテンツをコピーしています–素材がどれほど少ないかは関係ありません。 支持者は、他の人を教育するようなことをしている場合、抜粋は「フェアユース」であると言うでしょう。 しかし、私たちのブランドとビジネスを構築するブログを持っている私たちの人々は、それらの抜粋から利益を得ています。 それが間接的であっても、あなたは自分が訴えられることに気付くかもしれません。

      • 6

        抜粋は常にフェアユースだと思います。 問題は、人々がフェアユースの概念全体を誤用して乱用していることです。 抜粋とは何か、そしてそれをどのように定義するかという問題は、ここで実際に重要なことです。

        フェアユースは明確に定義されており、フェアユースが何であるかを読む必要があります。 それはここで非常によく説明されています: http://en.wikipedia.org/wiki/Fair_use

        サイト所有者が抜粋を提供するための技術的な方法があります。たとえば、作成者がフィードを介してそれを提供する場合、これは*抜粋*であり、ブロガーとして「選択」するのは私たちの責任ではないことが理解されます。抜粋として使用する段落。

        抜粋が定義されていない場合は、記事からの引用を使用して、執筆のコンテキストを示し、リンクを提供しても問題ないと思います。 あなたの記事がオリジナルであり、引用/抜粋が論点を作るため、または誰かを引用するためだけにあることを確認してください。 記事のごく一部である必要があるため、実際に盗用したり、単に言い換えたりすることはありませんが、社説、批評、風刺などに分類する必要があります。

        それは常に元の記事から使用されている単語の量に戻ります、そしてあなたがどれだけ書いているかはあなたが会話やトピックに本当に価値を加えていますか? それとも、他の誰かが言ったことを言い換えているだけで、あなたの記事はその文章だけにほぼ完全に基づいていますか? あなたが価値を付加していないのなら、私はあなたが何をしているのか疑問に思うでしょう。 一方、あなたがあなたの意見を支持するために誰かまたは彼らの記事を引用しているなら、それを選んでください。 それは元の記事へのより多くの露出をもたらすだけであり、問​​題のブロガーが彼らの執筆でお金を稼ぐためにそれに含まれている場合、これは役立つだけです。

        • 7

          あなたは自分の主張、オスカーに挑戦しています…そして私のものを支えています。 この問題の鍵は、「フェアユース」が実際に何であるかを証明または反証する特定の要件がないことです。 単語の数はそれとは何の関係もありません(参照: http://www.eff.org/issues/bloggers/legal/liability/IP)あなたが訴えられた場合…あなたは法廷に行くつもりであり、それが決定されます。 その時までに、あなたはすでに多くの時間とおそらくお金を費やしていると思います。 それが私の警告の言葉です–ブロガーは注意しなければなりません。

  4. 8

    開発者として、私は開発者のブログでこのように頻繁に見ます。 開発者は、Microsoft Developer Network(MSDN)などのサイトからコードを取り出し、投稿に組み込み、ソースの出所に関する参照を提供せず、コードが自分のものであるかのようにコメントします。 彼らはそれがオリジナルの作品であると明確に述べていませんが、彼らもその作品を引用していません。 これは、それがオリジナルの作品であり、彼らが主題の権威であるという印象をあなたに残します。

    このすべてのコンテンツは、他の仕事や盗作を引用することについて、高校で私たち全員が学んだ、または学ばなければならなかったことに本当に戻ります。 多くの人にとって無害に見えるかもしれませんが、それは非倫理的です。 投稿者がコンテンツを再投稿する許可を得たとしても、投稿者は出典を引用する義務があります。

  5. 9

    あなたの記事を非常に興味深く読んでください。私たちのほとんどは、所有者の許可なしに著作権で保護されたコンテンツを投稿/公開した罪を犯していると思います。

    ところで、ちょうど疑問に思って、あなたはバートシンプソンのグラフィックを投稿する許可を得ましたか?

    • 10

      こんにちはオデール、

      はい、フッターにグラフィックへの参照が表示されます–記事に彼らのサイトへの参照がある限り、許可を得て使用されます。 🙂

      ダグ

  6. 11

    これに関するXNUMXつの更新–Righthavenはまもなく廃業する可能性があります。 悪い報道と悪い法廷のパフォーマンスはありがたいことにそれらをやっています!

  7. 12

    こんにちはダグラス。

    コンテンツが別のブログからウェブサイトにコピーされているかどうかを知りたいです。 。 。 そしてブロガーは動揺し、コンテンツを削除するように要求します。 。 。 その後、コンテンツはすぐに削除され、謝罪が送信されます。 。 。 その場合、ブロガーは起訴する権利がありますか?

    ありがとう、そして私はあなたから戻ってくるのを楽しみにしています

    • 13

      はい、ケルシー。 コンテンツを盗むことは盗むことであり、捕まった後に謝罪しても事実は変わりません。 そうは言っても、私は誰かがそれを削除した後、合法的に誰かを追いかけることを追求したことはありません。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.