企業はいつソーシャルメディアに飛び込むべきですか?

ソーシャルメディアプラン

Corporate BloggingBlogINDIANAセッションでの会話の多くは いつ 企業はソーシャルメディアに飛び込む必要があります、 彼らはソーシャルメディアに飛び込むべきであり、どのようにすべきか 管理します 彼らのオンライン評判。 今日の投稿では、質問をします いつ.

今日、多くの人が言うでしょう! 今! 昨日! 私はしません。 ソーシャルメディアとブログはマーケティング戦略ではなく、企業戦略であることをお勧めします。 単に自分を市場に出すだけではありません 最新の時流に乗る そして消費者はあなたに群がります。 ソーシャルメディアには、時間、戦略、適切なリソース(ツールと人の両方)が必要です。

空のプールに飛び込む

からの写真 .

ソーシャルメディアには、多くの企業が満足できないレベルの透明性と信頼性が必要です。 企業は顧客だけに答えるのではなく、競争、業界、株主、従業員、そして見込み客に答えます。 言い換えれば、ソーシャルメディアは、会社のすべての部門とすべてのレベルの従業員に影響を与える可能性があり、影響を与えるでしょう。 準備が必要です。

あなたがWordPressブログを投げることによって成功するだろうと思うなら、あなたは間違っています。 恥ずかしいオンラインプレゼンスにうなずくリスクがあり、つま先をまったく浸さなかった場合よりも掘り出すのが難しくなります。 市場に出回っているさまざまなツールと、それぞれまたはすべての組み合わせからどのように利益を得ることができるかを理解しているソーシャルメディアの専門家に相談してください。

あなたはあなたの会社のすべてのリーダーを巻き込む必要があります– 自分の 企業の戦略。 チェーンのトップからの理解と賛同の両方がない場合、残りのチャネルを介した調整は失敗します。 パッティング ソーシャルメディア戦略を担当するマーケティング 役員会議室の鍵を彼らに渡しています–彼らは、売上、顧客サポート、顧客満足、株主満足などへの影響を認識していない可能性があります。

会社の顧客協定 もう一度言いますが、ビジネスがソーシャルメディアの領域に入り、失敗するリスクは、まったく参入しないよりも悪いです。

これは、企業がソーシャルメディアに飛び込むべきではないという意味ですか?

いいえ…しかし、これが理由であると私は信じています 採用が遅い 会社の顧客協定のようなオンライン協定および契約の。 この協定の執筆者は、一部の企業がこのような協定に署名する余裕がないことを理解していますか?

それは畏敬の念を起こさせ、現在トレイルにいる多くの政治家を思い出させます。彼らは実際に提供するためのリソースがほとんどなく、太陽の下ですべてを約束しています。 現実には、大多数の企業はこのような協定を結ぶ余裕がないかもしれません! 個人的には、私の会社が協定に署名することを望んでいますが、株主とリーダーシップがそれに同意することは知っています。

私の会社は、競争がそれを妨害することを恐れて、画期的な機能にプレスリリースを載せることさえしません。 私たちのマージンはタイトで、クライアントは安く、競争は熾烈です。 存在の遅れ 不透明な 競争が始まる前に、次の大きなクライアントを獲得するために必要な優位性を私たちに提供することができます。 免責事項:私はこの戦略に完全には賛成していませんが、当社を運営する取締役会の経験を尊重しています。 結局のところ、それは私たちがギャンブルしている彼らのお金です。

一方、ソーシャルメディアに飛び込まないリスクは、あなたの競争や 不満のある顧客(またはさらに悪いことに… 社員)意志! 素晴らしい企業の例があります 批判の猛攻撃を阻止した by 秘密のマントを脱ぐ そして争いに飛び出します。

最終的には、すべての企業が企業顧客協定のような契約に合わせるように促されると私は信じています(私は願っています)。 多くの企業にとって、それは今日ではないことを私は知っています。

パート2/3に進んでください!

5のコメント

  1. 1

    企業全体のバイインに関しては、特に上位レベルで100%同意し、失敗のコストと同じです。 ソーシャルメディアへの失敗したハーフベイクエントリを元に戻すには、大量のPR費用がかかります。その原因となった問題の解決が修正されない場合は、別の形で繰り返されます。 一方で、参入コストが低く、結果として企業の認知度が低いものに対して、そのような賛同を得ることは非常に難しい可能性があります。 それはレーダーに表示されないだけであり、先に進む可能性はありますが、決して心と心のパラダイムシフトではありません。 少なくとも、何か非常に良いこと、または何か悪いことが起こるまでは、そうはなりません。

    顧客企業の協定に関する限り…弁護士はそれで野外活動をするでしょう。 電話会社、保険会社、ハイテク会社、または中規模の製造業者でさえ、それらがそのような影響を理解していると仮定して、それらの条件に同意することを想像できますか? 理論的には多くの優れた可能性を秘めています…しかし、文字通り、原告の弁護士、競合他社、戦略的情報だけでなく、採用担当者、さらには採用担当者全般についても多くのことを話します。

    顧客企業の協定は必ずしも悪いことではありませんが、それが単なるリップサービスのみのタイプのものでない限り、意図しない結果はかなり重要です。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.