COVID-19:消費者と#StayAtHome購入統計

外出禁止令消費者統計

パンデミックとそれに続く世界中の政府からの封鎖命令を考えると、誰の経済の将来もあまり良くないように見えます。 これは、倒産や失業の増加から食料生産や物流に至るまで、私たちの世界に大規模で永続的な影響を与える歴史的な出来事になると信じています。 何よりも、このパンデミックは、私たちの世界経済がいかに脆弱であるかを示しています。

とはいえ、このような強制的な状況は、消費者と企業を適応させます。 企業が役割を果たし、従業員が在宅勤務を行うようになると、ビデオ コミュニケーションが大量に採用されます。 おそらく、この活動である程度の快適さを得ることができ、将来的には出張を減らすことができ、運用コストを削減し、環境を保護することができます。 旅行業界や航空業界にとっては朗報ではありませんが、適応すると確信しています。

4年第2019四半期にInmarに買収されたOwnerIQは、消費者が家にいる、家から買い物をする、それに応じて商品に合わせて購入行動を調整するという新しい常識にどのように適応しているかについて、かなりの洞察を提供しています。 OwnerIQは、CoExプラットフォームからのオンラインショッパーデータを分析して情報を提供し、インフォグラフィックでグラフィカルに提示しました。 消費者の様子#StayingHome.

消費者COVID-19行動の変化

インフォグラフィックから、消費者が多くのアイテムに追加の資金を費やしていることは明らかです。

  • オフィス関連機器 –ホームオフィスで作業しながら、快適さと生産性を向上させます。
  • 家庭の雰囲気 –家にいることをより快適にするアイテムに投資する。
  • パーソナルケア –パンデミックと隔離のストレスについて彼らの心を和らげるアイテムに投資する。
  • ホームケア – 私たちは外出せずに家で時間を過ごしているので、家の中や周りのプロジェクトに投資しています。

外出禁止令消費者統計インフォグラフィック

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.