カスタムカテゴリのカスタム投稿タイプ

ワードプレス

WordPressは非常に多くの企業にとって不可欠なプラットフォームになりつつありますが、平均的な企業はその機能の一部を利用していません。 クライアントのXNUMX人は、自分のサイトにリソースセクションを追加したいと考えていましたが、ページやブログ投稿を使用して追加したくありませんでした。 これはまさにWordPressがサポートしているものです カスタムポストタイプ 行く!

この場合、クライアントのサイトのXNUMXつにリソースセクションを追加したいと思いました。 追加するのはかなり簡単です カスタムポストタイプ あなたのWordPressテーマに。 関数を使用して次のコードを追加します register_post_type あなたのfunctions.phpページへ:

//リソースを追加するカスタム投稿タイプadd_action( 'init'、 'create_post_type'); function create_post_type(){register_post_type( 'resources'、array( 'labels' => array( 'name' => __( 'Resources')、 'singular_name' => __( 'Resource')、 'add_new' => __ ( 'Add New')、 'add_new_item' => __( 'Add New Resource')、 'edit_item' => __( 'Edit Resource')、 'new_item' => __( 'New Resource')、 'all_items' => __( 'すべてのリソース')、 'view_item' => __( 'リソースの表示')、 'search_items' => __( 'リソースの検索')、 'not_found' => __( 'リソースが見つかりません')、 'not_found_in_trash' => __( 'ゴミ箱にリソースがありません')、 'parent_item_colon' => ''、 'menu_name' => __( 'Resources'))、 'public' => true、 'has_archive' => true、 'rewrite' => array( 'slug' => 'resources')、 'supports' => array( 'title'、 'editor'、 'author'、 'thumbnail'、 'excerpt'、 'comments'))) ; }

見つけるのがもう少し難しいのは、作り方でした カスタムカテゴリ あなたのために カスタムポストタイプ。 これを行う方法を理解するのが難しい理由のXNUMXつは、カスタム分類法と呼ばれ、 register_taxonomy それをカスタマイズする関数。 この場合、ウェビナー、ホワイトペーパーなどのリソースタイプをテーマに追加したいので、functions.phpファイルの追加コードを次に示します。

add_action( 'init'、 'resource_category_init'、100); // 100なので、投稿タイプが登録されていますfunction resource_category_init(){register_taxonomy( 'type'、 'resources'、array( 'labels' => array( 'name' => 'Resource Type'、 'singular_name' => 'リソースタイプ '、' search_items '=>'リソースタイプの検索 '、' Popular_items '=>'人気のあるリソースタイプ '、' all_items '=>'すべてのリソースタイプ '、' edit_item '=> __('リソースタイプの編集 ') 、 'update_item' => __( 'リソースタイプの更新')、 'add_new_item' => __( '新しいリソースタイプの追加')、 'new_item_name' => __( '新しいリソースタイプ'))、 '階層' => 'false'、 'label' => 'リソースタイプ')); }

カスタム投稿タイプを使用すると、カスタム投稿タイプのアーカイブと単一ページをデザインすることもできます。 archive.phpファイルとsingle.phpファイルをコピーするだけです。 コピーの名前を カスタムポストタイプ 名前に。 この場合、それはarchive-resources.phpとsingle-resources.phpになります。 これで、リソースページの外観を自由に設定して、これらのページをカスタマイズできます。

2のコメント

  1. 1

    もうXNUMXつの方法は、Easy Custom ContentTypesやTypesなどのプラグインを使用することです。

    これらのプラグインを使用すると、カスタムメタボックスを簡単に追加したり、カスタムページや投稿テンプレートを作成したりすることもできます。

    • 2

      非常に正しい@ google-d5279c8b66d25549a0ec3c8dd46a3d1a:disqus! 正直なところ、いくつかのプラグインがブログに大量のオーバーヘッドを追加しているように感じます…そして、あるサイトから次のサイトにテーマを移動するだけでなく、プラグインも移動する必要があります。 。 テーマファイルに必要な関数を埋め込むために私が取り組んでいる唯一の理由です。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.