カスタマージャーニー分析を使用して、需要生成マーケティングの取り組みを最適化する方法

カスタマージャーニー分析を使用して、需要生成マーケティングの取り組みを最適化する方法

あなたを最適化するには 需要創出 マーケティング活動を成功させるには、顧客の旅のすべてのステップを可視化し、データを追跡および分析して、現在および将来の動機を理解する手段が必要です。 どうやってそれをしますか? 幸いなことに、カスタマージャーニー分析は、カスタマージャーニー全体を通して、訪問者の行動パターンと好みに関する貴重な洞察を提供します。 これらの洞察により、訪問者が販売ファネルのエンドポイントに到達するように動機付ける、強化されたカスタマーエクスペリエンスを作成できます。

カスタマージャーニー分析とは正確には何ですか。また、それを使用して潜在顧客のマーケティング戦略を最適化するにはどうすればよいですか。 確認してみましょう。

カスタマージャーニー分析とは何ですか?

カスタマージャーニー分析は、カスタマージャーニーを明示的に分析するアプリケーションです。 このアプリケーションには、顧客がさまざまなチャネルを使用してブランドと対話する方法を追跡および分析することが含まれます。 現在および将来使用される、顧客が直接触れるすべてのチャネルを分析します。

これらのチャネルには、次のものが含まれます。

  • コールセンターなど、人間との対話を伴うチャネル
  • ディスプレイ広告などの双方向インタラクションチャネル
  • モバイルデバイスやWebサイトなど、完全に自動化されたチャネル
  • 独立した小売店などのサードパーティが運営するチャネル
  • 共同サイトナビゲーションやライブチャットなど、ライブの顧客支援を提供するチャネル

カスタマージャーニー分析が必要なのはなぜですか?

顧客の旅はますます複雑になっていますが、今日の顧客は、複数のチャネルにわたるブランドとのビジネス上のやりとりが、AmazonやGoogleなどのCXリーダーと同等であることを期待しています。 顧客の旅がすべての段階でシームレスでないと、顧客は不満を抱き、すぐに競合他社に移ります。 逆に、研究は ポジティブな顧客体験 収益の成長を促進します。

調査によると、顧客フィードバック管理への投資は、CXレベルを向上させるのに十分ではありません。 この失敗は、フィードバックが一般的に旅の途中のポイントでのみ要求されるという事実に起因します。 残念ながら、これは、カスタマージャーニーの一部のみがキャプチャされ、顧客の全体的なエクスペリエンスを誤って伝えていることを意味します。

この不完全なデータは、マーケティング戦略のパフォーマンスに関する全体像と正確な洞察を得る能力を低下させます。 それはまた、顧客体験を向上させるための不利な点を残し、 顧客体験を具体的なビジネス成果に結び付ける.

カスタマージャーニー分析は、顧客の行動とビジネスの成果の間の架け橋です。 カスタマージャーニー分析プログラムを使用すると、ビジネスは、カスタマージャーニー全体を網羅する、いくつかのタッチポイントと期間にわたるカスタマーエクスペリエンスを追跡、測定、および改善できます。

カスタマージャーニー分析を活用することで、需要生成マーケティングリーダーは次のような複雑な質問に答えることができます。

  1. お客様の行動の原因は何ですか?
  2. お客様がここに導いた過去のやり取りや旅はどのようなものでしたか?
  3. お客様はどのような道をたどりますか?
  4. 各顧客または旅行で最も可能性の高い結果は何ですか?
  5. これらの旅と成果は、私たちのビジネスの成果にどのように影響しますか?
  6. お客様の目標は何ですか?
  7. 彼らの目標は私たちのビジネス目標とどのように一致していますか?
  8. どうすれば各顧客に付加価値を付け、顧客体験を向上させることができますか?

カスタマージャーニー分析の利点は何ですか?

カスタマージャーニー分析は、効果的なカスタマージャーニー管理プログラムの重要な要素です。 これは、包括的なデータを分析し、実用的な洞察を生成する部分です。 このタイプの顧客管理プログラムから得られた洞察は、顧客と企業の両方にとって価値があります。 方法は次のとおりです。

  • 最適化されたカスタマーエクスペリエンス(CX) –顧客の旅の効果的な分析を通じて得られた洞察により、シームレスな全体的なエクスペリエンスのために、途中の各ステップを最適化することができます。
  • 継続的な測定可能なパフォーマンス結果 –さらに、継続的な分析により、複数のチャネルにわたる需要生成マーケティングイニシアチブのパフォーマンスを継続的に測定し、各ジャーニーを測定するための適切なKPIを定義できます。
  • 多数のチャネルと時間枠からのデータ分析 –複数のチャネルと時間枠にわたる顧客の旅を見ると、本物の問題点が明らかになります。 これらの問題点を特定することで、行動を起こし、顧客の旅にプラスの影響を与えることができます。
  • カスタマージャーニー分析を最適化するにはどうすればよいですか? –カスタマージャーニー分析は通常、カスタマーサービス、分析、マーケティング、CXのリーダーによって最適化されます。 これらのリーダーは採用します カスタマージャーニー分析プラットフォーム 需要創出マーケティング戦略とパフォーマンス測定機能を改善するため。

これらのチームは、カスタマージャーニー分析を次のように最適化します。

  • アマスカスタマージャーニーデータ
  • マルチチャネルの顧客IDを解決する
  • 数え切れないほどのクロスチャネルジャーニーを通じて無数の相互作用を分析します
  • CXの問題点とその根本原因を特定する
  • 潜在的なカスタマージャーニーの強化を確認する
  • CX投資のROIを定量化する

カスタマージャーニーマッピングとカスタマージャーニー分析

需要生成マーケターとして、あなたはすでに実装しているかもしれません カスタマージャーニーマッピング そして、それがカスタマージャーニー分析と同じ洞察を提供すると感じています。 残念ながら、そうではありません。 ジャーニーマッピングは定性的な洞察に焦点を当てていますが、カスタマージャーニー分析はより定量的であり、はるかに広い範囲が組み込まれています。

  • 静的スナップショットと継続的な詳細 –ジャーニーマッピングは、一部の顧客のジャーニーの静的スナップショットのみを提供し、多数の顧客とその固有の行動を表すために必要な詳細が不足しています。
  • 静的データと時間ベースのデータ –カスタマージャーニー分析は時間ベースのデータによって駆動され、顧客のジャーニーが時間の経過とともにどのように変化するかを確認できます。 複雑なマルチチャネルのカスタマージャーニーとジャーニーに沿ったタッチポイントを継続的に測定する機能は、マーケターがカスタマージャーニーの成功を予測するのに役立ちます。
  • 試行錯誤とリアルタイムテスト –カスタマージャーニーに沿った各インタラクションに関する最新データを可視化できない場合、企業はカスタマージャーニー全体で新しい拡張機能を試す必要があります。 これは時間とリソースを浪費する可能性があるだけでなく、マーケターは問題がどこにあるかを特定しない集計結果を待つことを意味します。

カスタマージャーニー分析は、マーケターに、顧客がいくつかのタッチポイントと期間に沿って改善にどのように反応するかを確認するための可視性を提供します。 さらに、このアプリケーションを使用すると、マーケターは顧客体験の相互作用の改善の成功をリアルタイムでテストおよび追跡できます。

機械学習とAIを活用したカスタマージャーニー分析により、マーケターは、CXに悪影響を与えるカスタマージャーニー全体の問題点を特定できます。 これらの洞察により、データ駆動型ビジネスはカスタマージャーニーの最適化の機会に優先順位を付け、 収益成長を促進する.

30日間で50〜90%多くのパイプラインを生成したいですか?

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.