デジタルトランスフォーメーションと戦略的ビジョンの統合の重要性

デジタルトランスフォーメーションと戦略的ビジョン

企業にとってのCOVID-19危機の数少ない銀の裏打ちの2020つは、デジタルトランスフォーメーションの必要な加速であり、65年にXNUMX%の企業が経験したとのことです。 ガートナー。 世界中の企業がアプローチを転換して以来、それは早送りされてきました。

パンデミックにより多くの人々が店舗やオフィスでの対面のやり取りを避けてきたため、あらゆるタイプの組織がより便利なデジタルサービスで顧客に対応してきました。 たとえば、製品を直接販売する方法がなかった卸売業者やB2B企業は、主に在宅勤務の従業員をサポートすると同時に、新しいeコマース機能を展開するために残業してきました。 その結果、顧客の期待に応えるために新技術への投資が急増しました。

それでも、テクノロジーへの投資を急いでいるのは、 やるべきこと 良い行動計画になることはめったにありません。 多くの企業は、特定のビジネスモデル、ターゲットオーディエンス、および顧客体験の目的に合わせて後で簡単に調整できると想定して、高価なテクノロジーを購入していますが、将来的にはがっかりします。

計画が必要です。 しかし、この不確実な事業環境では、緊急性も必要です。 組織はどのようにして両方を達成できますか?

企業が完全にデジタル化する際の最も重要な考慮事項のXNUMXつは、全体的なデジタル成熟度を視野に入れて、ITとマーケティング全体にわたる堅実な戦略的ビジョンを統合することです。 それがないと、組織は結果の低下、テクノロジーのサイロの増加、ビジネス目標の達成の失敗のリスクを負います。 しかし、戦略的であることはプロセスを遅くすることを意味するという誤解があります。 そうではありません。 企業が十分に展開している場合でも、主要な目的を達成するために調整を行うのに遅すぎることはありません。

テストと学習の重要性

戦略的ビジョンをデジタルトランスフォーメーションに統合する最良の方法は、テストと学習の考え方を使用することです。 多くの場合、ビジョンはリーダーシップから始まり、アクティベーションを通じて検証できる複数の仮説を継続します。 小規模から始めて、サブセットでテストし、段階的に学習し、勢いをつけ、最終的に組織のより大きなビジネス目標と財務目標を達成します。 途中で一時的な後退が発生する可能性がありますが、テストと学習のアプローチでは、認識された失敗が学習になり、組織は常に前進を経験します。

強力な戦略的基盤を備えたタイムリーなデジタルトランスフォーメーションを成功させるためのヒントをいくつか紹介します。

  • リーダーシップで明確な期待を設定します。 多くのものと同様に、トップからのサポートが重要です。 戦略なしのスピードは逆効果であることを上級管理職が理解できるようにします。 テストと学習のアプローチにより、組織は最短の時間で目的の最終目標に到達し、全体的なビジョンを強化し続けることができます。
  • 適切なサポートテクノロジーに投資します。 成功するデジタルトランスフォーメーションプロセスの一部は、優れたデータ収集および管理プロセス、テストとパーソナライズを可能にするツール、および分析とビジネスインテリジェンスを持つことです。 マーテックスタックは、システムが相互接続され、効率的に連携していることを確認するために、全体的にレビューする必要があります。 データ衛生の問題と面倒な手動プロセスは、デジタルトランスフォーメーションの妨げとなる一般的な落とし穴です。 また、システムは、ビジネスの変化に応じて新しく追加されたテクノロジーと連携するために、スケーラブルで柔軟でなければなりません。 これを実現するために、R2iはアドビと提携しています。ソリューションの提供は、マーテックエコシステム内で相互に補完し、他のクラス最高のテクノロジーを補完し、複数のソースからのデータを一元化されたプラットフォームに接続するように設計されています。  
  • プロセスを圧倒しないでください。 時間の経過とともに統合します。 多くの組織が初めてデジタルテクノロジーを立ち上げています。つまり、一度に学ぶことがたくさんあります。 段階的に小さな部分への投資を攻撃し、システムを習得するのが賢明です。 また、多くの組織は大きな財政的圧力にさらされています。つまり、より少ない人数でより多くのことを行うことができます。 この環境では、初期の投資は自動化に重点を置く可能性が高いため、利用可能な担当者は付加価値のあるタスクに集中できます。 テクノロジーロードマップを確立することにより、企業は最終的にはより広い目標を達成するのに最も効率的になります。
  • 月次または四半期ごとに報告することを約束します。 プロセスが機能するためには、何を学び、それが全体的な計画にどのように影響しているかについて透明性がなければなりません。 計画調整のための最新情報、学習、および推奨事項を提供するために、企業のリーダーシップおよび主要なチームメンバーと毎月または四半期ごとに会うという目標を設定します。 効果的な実装を確実にするために、デジタルパートナーを維持することは賢明です。 COVID-19が何かを証明した場合、予期しないイベントが発生した場合、組織は何を一時停止し、何を変更する必要があるかを迅速に判断できる必要があるため、重い戦略はもはや実行可能ではありません。 テクノロジーと戦略の両方の専門知識を持つパートナーは、XNUMXつがどのように接続するかを深く理解しています。 それらは、XNUMXか月、XNUMXか月、XNUMX年、さらにはXNUMX年後でも効果的で有用な多目的な計画を策定するのに役立ちます。

過去XNUMX年間で、コロナウイルスだけでなく、世界は変化しました。 デジタル体験への期待は進化しており、顧客は靴下を購入する場合でもセメントトラックを購入する場合でも、同じレベルの利便性とサポートを期待しています。 業種に関係なく、企業はWebサイト以上のものを必要としています。 彼らは、市場データを収集する方法、そのデータを接続する方法、およびそれらの接続を使用してパーソナライズされた顧客体験を提供する方法を知る必要があります。

この追求において、スピードと戦略は相互に排他的な目標ではありません。 それを正しく理解しているのは、テストと学習の考え方を採用しているだけでなく、社内外のビジネスパートナーを信頼している企業です。 チームはリーダーシップを尊重する必要があり、経営幹部は適切なサポートを提供する必要があります。 昨年は控えめに言っても挑戦的でしたが、組織が協力すれば、デジタルトランスフォーメーションの旅から、これまで以上に強力でスマートになり、顧客とのつながりが深まります。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.