WordPress:ディザスタリカバリ

WordPressが壊れています

ヒンデンブルク災害最後 数日 I've been working furiously on getting my good friend Pat Coyle's blog back up. (My vacation continues to get more interesting – today it's snowing slightly… in April! Whatever happened to Global Warming?)

何が起こったのかを共有し、それから私が取った予防策とそれがどのように修正されたかについて話し合いたいと思います。

何が起こったのか:

  1. A DNS サーバーはフリッツに行きました。 A DNS サーバーは、着信トラフィックをドメイン名に変換し、適切なサーバーにリダイレクトします。 これが発生すると、実際には、サイトへのドメイン名とデータベースへのサイトの2つの通信手段が切断されました(彼のデータベースは現在共有環境にあります)。
  2. I complicated things by quickly moving his blog over to another server, not realizing that there was a DNS issue. This adds another level of complexity. Passwords in WordPress (and most other database applications) are uniquely encrypted by the server that they are on. If you move the site to another server, you've just disabled your ability to decrypt that password. Thankfully, WordPress (another great feature) has a password recovery system where you can reset your password via a link in an email.

Here's the immediate action that I took:

  1. Before this ever occurred, I have to say that I'm with a fantastic web hosting company who does comprehensive backups. I've never had an issue that they weren't able to correct through backups. I've heard nightmares from other folks on their blogs and sites being totally lost. I can't imagine what it's like to go through that. (RSSフィードを購読する そして、あなたは私のホストと一緒に無料のXNUMX年間のクーポンを得ることができます)。
  2. によってWebサーバーにログインできました FTP 両方のサイトを取得します データベース。 私のホスティングパッケージのもうXNUMXつの機能は、全体にアクセスできることです。 VDS 実際のウェブサイト自体を超えて。 MySQLはデータベースをファイルディレクトリ(/ var / lib / mysql /)に保存します。 ローカルディレクトリをコピーするだけでデータベースをダウンロードできました。 素晴らしいバックアップについて話してください! インポートもエクスポートも、処理する最大ファイルサイズもありません…FTPだけです。

サイトとデータベースをローカルにしたので、私は安堵のため息をついた。 私がここで立ち止まって我慢していたとしたら、DNSの問題は解決し、Patはもっと早くバックアップされていただろう。 ドメイン名がまだホストの適切なネームサーバーを指していることを確認しました Whois.net。 そこでドメインを確認すると、ネームサーバーはレポートの一番下にあります。

これにより、サイトがハッキングされた可能性があると私は信じました。 ネームサーバーは正しかったが、表示されるページはスパムのように見えるひどいページでした。 私は利用しました ライブヘッダーアドオン to Firefox to ensure I actually wasn't being redirected – the typical hack that many people see. The site wasn't being redirected. I could have done some additional troubleshooting; however, I entered a support ticket with my host so their experts could begin investigating.

サイトを別のアカウントまたはホストに復元する:

PatをWordPress2.1、PHP、MySQLの最新バージョンにまだ更新していなかったので、今よりも良い時期はないと判断しました。 私は彼の古いアカウントを削除し、新しいアカウントを立ち上げました。 私は彼のメールエイリアス情報を再入力し、データベースをロードしました。 WordPressの2.1 and Pat's content:

  • wp-contentアップロードディレクトリ–これはアップロードされたすべての画像が存在する場所です。
  • wp-content pluginsディレクトリ–すべてのプラグイン(バージョンの問題がある可能性があるため、これは最後に実行してください)。
  • wp-content themesディレクトリ–あなたのテーマ。

I hope in a future release of WordPress that these 3 directories are root directories rather than sub-directories. It would make upgrading much easier! By this time, my host had found the DNS issue and properly redirected the site. Whew! Now Pat's page was coming back up with a WordPress Upgrade message. I clicked through to upgrade the database and he was back up… almost.

Remember the encryption issue I spoke about? Yea, Pat couldn't login because of it. His password no longer decrypted the value in the database properly so I had one more correction to make. I physically logged into the database and changed Pat's reply email address in the user table to my email address. I then utilized the “Lost my Password” feature to email myself a link to reset the password. After resetting the password, I logged in and changed Pat's email address back.

And now Pat is back up! Hindsight is 20/20… had I simply waited on my host, the issue would have been corrected. I really complicated the issue. However, Pat's now upgraded and running the best versions of everything. I'm sorry he was down so long, though. It doesn't take long to bounce back from downtime, but it is a nasty inconvenience! Sorry, Pat!

学んだ教訓:

  1. Make sure you're with a host that has great backups.
  2. サイトとデータベースをバックアップし、安全な場所に保管してください。
  3. If you're with a good host, rely on them to find and correct the issue.
  4. 必要に応じて、新しいホストまたはアカウントに移動し、サイト、データベースを復元し、パスワードを回復する方法を理解してください。

いくつかの追加情報

今日、高速インターネット接続の需要は多様化しています。 確かに、この動くインターネットの世界では、 衛星電話 その価値を証明しました。 ワイヤレスインターネットに関しては、人々は依然として危機に瀕しており、 ワイヤレスインターネットどのように 彼らにとって非常に価値があります。 特にウェブマスターにとって、 ワイヤレスDSL もう質問ではありません。 ほとんどの場合、これらのウェブマスターは ウェブデザインスタジオ 設計し、アップロードするにはこの高速接続が必要です。 次のステップとして、この高速接続は次のプロセスでも必要です。 検索エンジンマーケティング。 持っている人 マイクロソフト認定 これらの接続のネットワークにおけるすべての問題を簡単に処理できます。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.