多様性とマーケティング

多様性私は私の新しい友人と多様性に関する投稿を読むようになりました、 JDウォルトン. J.D. has launched a blog that markets to Blacks in Business. He's an American success story and wants to share his experience with others.

それは私をとても興奮させたので私は 持っていました 多様性についての私の考えについて書くために。 多様性はマーケティングと自動化と何の関係がありますか? この38歳の太った白人の男、ダグとは何の関係がありますか? すべて! 私たちの国と世界は日々ますます多様化しています。 手頃な価格のアクセスとハードウェアが大衆にもたらされるにつれて、インターネットは真のるつぼになりつつあります。

You must respect and speak to all races, creeds and genders if you wish to be successful. If your business wishes to grow, then your company must be diverse as well. It's impossible to serve a sector of the market effectively if you don't have input from that sector of the market.

Some folks look internally on diversity programs and utilize it as their excuse for not being promoted or speak to someone else becoming promoted prematurely. I believe this to be short-sighted and perhaps a little ignorant. Basing a promotion on someone's race, gender, etc. can and will open opportunities to the business as well as the individual.

Here's the million dollar question… when your company grows successfully by actively promoting minorities and females, new opportunities will come to everyone within that company. It's the chicken or the egg. Perhaps you never would have had the opportunity to get promoted without having that diverse workplace in the first place!

2のコメント

  1. 1
  2. 2

    かつてはマイノリティの採用は道徳的な問題でしたが、その後はビジネスの問題になり、今では必需品の問題になっています。 すぐにそれらを満たすために人々より多くの仕事になるでしょう、それはアウトソーシングの理由です。 ダグあなたは自分自身を太った38歳の白人男性と呼ぶことはできません。 あなたの自己の説明は多様性の一部であり、ステレオタイプの影響を受けます。 ほとんどの白人男性は、多様性とは他の誰かを意味すると考えています。実際、誰もがさまざまな年齢、規模、家族構成、性的嗜好、政治、そして私たちがよく知っているように、性別や人種など、多様なコミュニティの一部です。 良い投稿

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.