あなたのオフィス、あなたの住所、あなたのブランド

dknewmediaオフィス

Last summer I launched my business full-time. It’s been a fantastic journey with a few stumbles but many, many wins along the way. As a 若いビジネス, I’m working hard to accomplish three things:

  1. Execute on our engagements by both over-delivering, completing it on time and under budget. This is a huge challenge, and one that we’ve not always met. With little resources, underestimating a single job can have a chain reaction so we’re working harder at exceeding expectations.
  2. Taking advantage of opportunities to grow. We’re turning down some work, but not shying away from committing to large projects. We’ll get the resources, we’ll find the experts… we’ll get the work done. I don’t want to accept work that puts us at risk – but I do want to take on work that challenges our resources. This is key to us growing aggressively and making this a リアル ビジネス。
  3. 私たちのブランドを確立するために可能な限りのことをしてください リアル business that agencies and other clients can look to when they’re seeking a long-term, strategic engagement.

A リアル business? If you’re not sure what I mean by that, I mean that we’re going to establish a business that is recognized by our clients and prospects that they can trust in. I don’t want our prospects concerned that we could easily close the doors tomorrow because I’m working off a mobile phone and my home office.
マーケットスイート-940.png

Today, I signed a one-year lease on our first office space. It’s at 120マーケットストリート. I chose the location because its vicinity to the Circle, its Indianapolis-based address, and its professional look and feel. I want our prospects and clients to be able to visit us in a space with plenty of room (12 conference rooms, one per floor), has room to grow (our suite can fit 4 to 6 comfortably) and is impressive to look at. I love the space we selected (we’re in Suite 940 starting May 1st).

I no longer have to tell prospects I’m 家の外で働く そしてすぐに私のビジネスへの献身に疑問を投げかけました。 マーケティングや事務処理にグリーンウッドを使用する必要がなくなり(町が大好きですが)、インディアナポリスを拠点とするビジネスになりました。

We’re here for the long haul, we’re part of the city, and we’re looking forward to growing our business in this space for a few years. We’ll have a welcome party sometime next month and hope you can make it!

8のコメント

  1. 1

    あなたとあなたのすべての努力に大きなおめでとうございます。 私が現在知っている他の多くのビジネスよりも先に、私のビジネスであなたを信頼したいと思います。 私は同意します、本当のオフィスと「本当の」住所を持つことは間違いなくあなたのイメージとあなたのブランドを助けることができます。 でも、ビジネスとして真剣に受け止められる必要があるのでしょうか? 過去数年ははるかに真実だったと思いますが、今日では要件として受け入れられるべきではありません。 ハードルは確かに厳しいですが、本当の期待は、あなたが#1と#2の両方で行っている結果を提供することです。 私たちは4年以上「オフィス」を持っていませんが、それでも私たちがしていることを続け、クライアントの世話をしています。

  2. 2

    大きな動きおめでとうございます! 私はこれを定期的に経験している企業と取引をしています。 それは感情的でストレスを感じることがあります! 私はまだ彼らの最初のオフィススペースを取り、それが彼らのビジネスのために何をしたかを後悔している会社を見つけていません。 6か月以内にフォローアップを行って、どこに行ったかをお知らせください。

  3. 3
  4. 4

    オフィススペースダグおめでとうございます! ダウンタウンに戻って楽しんでもらえると思います!

  5. 5
  6. 6

    ジェイソン、来年も注目している質問です! それが「要件」であるかどうかはわかりませんが、大規模なクライアントと話しているとき、それは間違いなく会社の認識を変えます。 ブレーンストーミングや戦略の構築を社内で行うことができると、大きな後押しになります。 彼らが私の居間に座りたがっていたとは思わない。 🙂

  7. 7
  8. 8

    新しいスペースおめでとうございます。 私はその建物が大好きです。 それはまさに中小企業のオフィスビルがどうあるべきかです。 かっこよく、便利で、すべてに近い..いつ、スタイリッシュに家を壊すことができるように、オープンハウスを作る予定ですか?

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.