あなたはグーグルがフェッチするものを見ますか?

ロボットスパイダー

We’ve had two issues this month where our customers’ sites were working perfectly for the visitor but Google検索コンソール was reporting errors. In one case, the client was attempting to write some of the content utilizing Javascript. In the other case, we identified that the hosting another client was using was redirecting visitors correctly… but not the Googlebot. As a result, Webmasters was continuing to generate 404 errors instead of following the redirect that we’d implemented.

Googlebot is Google’s web crawling bot (sometimes also called a “spider”). Crawling is the process by which Googlebot discovers new and updated pages to be added to the Google index. We use a huge set of computers to fetch (or “crawl”) billions of pages on the web. Googlebot uses an algorithmic process: computer programs determine which sites to crawl, how often, and how many pages to fetch from each site. From Google: Googlebotが

Googleは、ブラウザとは異なるページコンテンツをフェッチ、クロール、キャプチャします。 Googleができる間 クロール スクリプティング、それはします Studio上ではサポートされていません。 mean that it will always be successful. And just because you test a redirect in your browser and it works, doesn’t mean that the Googlebot is properly redirecting that traffic. It took some dialogue between our team and the hosting company before we figured out what they were doing… and key to finding out was using the Fetch as Google ウェブマスターのツール。

fetch as google

Fetch as Googleツールを使用すると、サイト内のパスを入力し、Googleがパスをクロールできたかどうかを確認し、実際にクロールされたコンテンツをGoogleと同じように表示できます。 最初のクライアントでは、Googleが期待どおりにスクリプトを読んでいないことを示すことができました。 XNUMX番目のクライアントでは、別の方法を使用してGooglebotをリダイレクトすることができました。

あなたが表示された場合 クロールエラー ウェブマスター内([ヘルス]セクション)で、Fetch as Googleを使用してリダイレクトをテストし、Googleが取得しているコンテンツを表示します。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.