レスポンシブデザインがSEOを変えるXNUMXつの方法

レスポンシブデザインとSEO

レスポンシブデザインは明らかに大きな問題です。 そんなに大したこと マッシャブル 2013年を「レスポンシブデザインの年」と称賛しました。 ほとんどのWeb専門家はこれを理解しています。レスポンシブデザインは、インターネットの見た目、感じ方、動作方法を変えています。

しかし、あまり明白ではないことが起こっています。 レスポンシブデザイン SEOも変更します。 レスポンシブデザインのCSSを超えて見ると、モバイル検索とデスクトップ検索の両方に影響を及ぼしている検索方法に大きな変化が見られます。

レスポンシブデザインの出現によってもたらされたSEOの問題は何ですか? これがXNUMXつです。

1. Googleはレスポンシブデザインを好みます。つまり、検索結果はレスポンシブベストプラクティスを採用しているサイトを支持する可能性があります。

GoogleがRWDを愛していることを大胆に宣言することを躊躇しますが、RWDのベストプラクティスに対する強い親和性を特定することができます。 後 Googleのブログ投稿 レスポンシブデザインについて、SEO RoundTableが理由を概説した記事を公開しました Googleがレスポンシブデザインを好む理由。 コンテンツが重複していない、正規のURLの問題がない、リダイレクトの問題がないというXNUMXつの理由は、すべて強力なSEOの武器の一部です。

グーグルがひるむとき、誰もがジャンプします。 レスポンシブデザインです。 グーグルが実際に書いたので モバイルプレイブック、モバイルで応答性の高い傾向を尊重することだけが理にかなっています。 2013年以降もアルゴリズムが微調整され続けるにつれて、レスポンシブデザインをうまく採用しているサイトへのうなずきがますます増えるでしょう。

グーグルがレスポンシブデザインを好むなら、それは検索のための大きなゲームチェンジャーです。

2.モバイルユーザーは優れたエクスペリエンスを切望しており、レスポンシブサイトはモバイルユーザーに最適なサイト品質を提供します。

上記の点は少し複雑です。 それにもかかわらず、それはSEOにとって重要なポイントです。 仕組みは次のとおりです。

ますます多くのユーザーがモバイルです。 あなたのウェブサイトは今、かつてないほど多くのモバイル訪問者を受け入れています。 私を信じて; チェックしてください 分析論。 これらすべてのモバイルユーザーには、優れたエクスペリエンスが必要です。 彼らの経験が良ければ良いほど、あなたのSEOは良くなります。 これが理由です。

サイトの品質は重要なSEO要因です。 直帰率が高い サイトの品質に大きな打撃を与える可能性があります。 ユーザーエクスペリエンスが優れているほど、SEOの価値は高くなります。 モバイルユーザーが最適化されていないサイトやレスポンシブサイトにアクセスすると、バウンスする可能性が高くなり、サイトの品質が徐々に低下します。 品質とUXに関するこの点は、KristinaKledzikの主張のほとんどすべてです。 Mozの記事 すべてのサイトがレスポンシブスイッチを作成する必要があると主張します。

SEOが進むにつれ、これは最も重要な対応の問題です。 彼らの中で レスポンシブデザインの議論、Smashing Magazineは、「最も重要な指標は、ユーザーにとってWebサイトがどれだけ機能的であるか」と述べ、レスポンシブサイトが不可欠であると主張しています。

増え続けるモバイルオーディエンスにより良いサービスを提供するには、必要なユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。 これは、サイトの品質を維持し、より良い検索ランキングを獲得する唯一の方法です。

3.レスポンシブサイトのインデックス作成が改善され、検索結果が向上します。

Googleの直感的なアルゴリズムと配電盤タグのおかげで、サイトはモバイルユーザーに正しく提供されます。 それでも、レスポンシブサイトは、クリーンで迅速かつ正確なインデックス作成プロセスに最適です。

Googleのインデックス作成手順は、純粋なレスポンシブアプローチを採用しているサイト、つまり「すべてのデバイスを同じURLセットで提供し、各URLがすべてのデバイスに同じHTMLを提供し、CSSのみを使用してページのレンダリング方法を変更するサイト」を支持しているようです。端末。" これはの一部です Googleのガイド 基本的に「検索エンジン最適化ウェブサイト」に翻訳できる「スマートフォン向け最適化ウェブサイトの構築」へ。 さらに、彼らは「これはGoogleが推奨する構成です」とはっきりと述べています。

あなたのサイトが可能な限り迅速かつ最良の方法でグーグルによって索引付けされることを望むなら、あなたはその問題について彼らの言葉を受け入れるかもしれません:レスポンシブデザインを使用してください。 彼らのアドバイスに従ってください、そうすれば彼らはインデックス作成と検索ランキングに関してあなたを正しい方法で扱います。

4.コンテンツとコンテンツの位置付けはこれまで以上に重要です。

レスポンシブデザインとは、ウェブサイトから余分な脂肪を取り除くことです。 ただし、「脂肪のトリミング」は危険です。 カットやスニッピング中にSEOをトリミングしないように注意する必要があります。

サイトのSEO値を維持するには、関連するすべてのコンテンツをページの上部にプッシュする必要があります。 理由? 最大のSEO値を維持するには、モバイル版とデスクトップ版の両方でサイトにフォールド以上のコンテンツが含まれている必要があります。 検索エンジンは、コンテンツの配置と同様に評価します コンテンツ自体。 位置は重要です。

多くのレスポンシブデザイナーや開発者は、ページ上部のグラフィック、スライダー、スペースを占有するメニューを気に入っています。 このような混乱は、SEOに問題を引き起こす可能性があります。 ますます多くのサイトが、コンテンツ主導型サイトのミニマリズムとシンプルさを支持しています。 ぎこちない は「コンテンツファースト」を2013年のウェブデザインの最大のトレンドと定義しています。これは、SEO、UX、RWD、CRO(およびその他の頭字語)にとって純粋に理にかなっています。 物事を船の形に保つために、その貴重なSEOを愛するコンテンツをページの上部に持ってきてください。

5.レスポンシブサイトではなく、モバイルURLがSEOのオプションです。

RWDへのパンデミックの急増にもかかわらず、一部の実務家は依然としてモバイルURLアプローチを提唱しています。 Bryson Meunierは、彼の主張を明確にしています 検索エンジンランドの記事:「レスポンシブWebデザインは、SEOの最良の選択肢であるという評判に値しないようです。 実際には、モバイルURL 可能性 SEOに最適なオプションです。」

ええ、それはかなり巨大なワームの缶です。 [好みの位置で声を上げる専門家を入力してください。]ありがたいことに、Googleはサイトのバージョンを区別できるようになりました。 したがって、配電盤タグの導入のおかげで、SEOの目的でのXNUMXつのURLの主張は議論の余地がありません。

Meunierは、モバイルユーザーがデスクトップユーザーとは異なる方法で検索し、異なる情報を探していると主張しています。 (私は懐疑的です。)したがって、彼は、彼らと彼らのニーズのために特別に作成されたサイト、つまり動的に提供されるサイトによって最もよく提供されるかもしれないと述べています。 さらに、Meunierは、サイトの速度とUXDの観点から、個別のモバイルサイトの潜在的な重要性を強調し、モバイル市場のさまざまなオーディエンスを再び強調しています。

レスポンシブデザインのSEO値の決定は、対象者によって異なります。 RWDはSEOの聖杯として頻繁に宣伝され、広く歓迎されていますが、一部の企業は、厳密に応答するアプローチではなく、モバイルURLを含むSEO戦略を選択する場合があります。 ただし、今後の原則として、レスポンシブソリューションはSEOパワーに最も適しているようです。 結局のところ、元のURLの時系列の権限を保持し、アプローチを簡素化し、コンテンツ管理を合理化することはすべて、レスポンシブデザインパッケージの一部であるSEOのベストプラクティスです。

結論

SEOは絶えず変化する分野であることを誰もが理解しています。 新しい情報や時には矛盾する情報がXNUMX時間ごとに公開されます。 レスポンシブデザインがSEOを変えていることに誰もショックを受けません。 本当の驚きは、そのような変化が実際にどれほど重要であるかに来るかもしれません。 検索で真に成功するためには、サイトはレスポンシブ革命に立ち向かい、レスポンシブスイッチを作成するために必要なことを実行する必要があります。

5のコメント

  1. 1

    本当に良い記事とよくサポートされているリファレンス。 グーグルがRWDをそれほどサポートしていることに気づかなかった。

  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

    最近この記事に出くわしましたが、それでも役に立ちます。 私はついに自分のウェブサイトをレスポンシブに構築することに決めました、そしてそれは非常にうまく機能しています! 特に今年のGoogleのモバイルSEOアップデート後。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.