四人称? XNUMX人目? 人称とマーケティング

社会的ネットワーク

これは正確な比較ではないかもしれませんが、私は今日Webベースのマーケティングについて考えていて、考えを思いつきました。 私はしばしば、単に「ヤードサイン」であるウェブサイトの弱点について話しました。 私が読んでいる 裸の会話:ブログが企業の顧客との話し方をどのように変えているか そしてそれは同じ問題を話します。 私は次の人と同じくらい有罪であることに気づきました–多くの相互作用を許さないかなりの数のサイトを構築しました。 『ライ麦畑でつかまえて』を読み終えたところです。 サリンジャーが使用する書き方は、とても会話的であるため、面白いものです。

見ると 文法人、作家は私、私たち、あなた、または彼らについて書くことができます。 これは、それぞれ「ファースト」、「セカンド」、「サード」パーソンとして知られています。 私の推測では、マーケティングはそれほど違いはありません。 多くの場合、一人称、二人称、または三人称の視点で書かれたWebサイトに出くわします。 しかし、本を読むのと同じように、それらの視点はかなり制限されています。 読者であるあなたに話しかけるのは著者です。 質問したりフィードバックを提供したりする機会はありません。

デジタルおよびデータベースマーケティングの機会は、彼らがもっともらしい「XNUMX番目」または「XNUMX番目」の人物であるということです。 つまり、Fourth Personは、リーダーがライターと対話できるようにしている可能性があります。 これは、ブログへのコメントの場合もあれば、Webベースのフォーラム、堅牢な内部検索、フィードバックフォームなどの場合もあります。これにより、双方向のコミュニケーションが可能になり、より豊かなエクスペリエンスが実現します。

「FifthPerson」はそれをさらに一歩進めます。 読者が他の読者と話すことを許可するのはどうですか。 あなたの顧客があなたのウェブサイトを通してあなたについてブログを書くことを許可した場合はどうなりますか? リスキーな? 確かに、あなたがそれらに耳を傾けなければ。 顧客からのフィードバックを求めず、そのフィードバックに基づいて変更を加える場合は、心配する必要はありません。 フィードバックと顧客は長くは続かないでしょう!

私は組織に彼らのマーケティング努力が採用することを確実にするように挑戦します 上記の:

  1. あなた自身について話してください。 (我々)
  2. 見込み客と話してください。 (君は)
  3. あなたの顧客について話す(彼ら)
  4. あなたの顧客があなたと話すことを許可する(ねえ)
  5. あなたの顧客/見込み客がお互いに話すことを許可します(私)。

コメント歓迎。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.