Social Media Marketingコンテンツマーケティング新興テクノロジー

B2B インフルエンサーの増加: これはブランドと B2B マーケティングの将来にとって何を意味するのか?

消費者として、私たちは企業対消費者 (B2C) インフルエンサー マーケティング キャンペーン。 過去 XNUMX 年間、インフルエンサー マーケティングは、ブランドが消費者に関与する方法に革命をもたらし、認知度を高め、より多くの、よりターゲットを絞ったオーディエンスに購入を促進する方法を提供しました。 しかし、企業間取引 (B2B)企業はクリエーター エコノミーの価値を認識し、インフルエンサーとの関わりが深まり始めたばかりです。

B73B マーケターの 2% は、過去 12 か月間にインフルエンサー マーケティング イニシアチブを追求することへの関心が高まったと述べており、80% は今後 XNUMX 年間で関心が高まり続けると予想していると述べています。

TopRankマーケティング

B2B インフルエンサーの人気が急速に高まっていることは間違いなく、その数は日々増加しています。 彼らが注目を集めている理由、キャンペーンの実施に伴う課題、B2B インフルエンサー マーケティングの将来について説明しましょう。

B2C で見られる成功を利用する

B2C スペースでのインフルエンサー マーケティングの使用は、クリエイターが視聴者との間で確立できる高いレベルの消費者の信頼により、急増しています。 クリエイターは自身のブランドに沿った製品を共有することが多いため、ブランド自体の宣伝と比較して、彼らのプロモーションはより本物に感じられる場合があります。 これと同じ効果が B2B インフルエンサーにも見られます。 

B2C スペースと同様に、オーディエンスとの強力で長期的な関係を構築することは、B2B ビジネスの最優先事項です。 通常、これらのターゲットには、見込みのある企業の重要な意思決定を行う幹部が含まれます。 ただし、消費者とは異なり、企業は企業の購入を検討するのに時間がかかる可能性が高いため、長期間にわたって会話を維持することが、将来の売上を生み出すための鍵となります. また、企業はインフルエンサー キャンペーンの一環として業界の専門家やオピニオン リーダーを選択することが多いため、ターゲット オーディエンスは通常、マーケティング対象の製品やサービスに価値があり、購入に至る可能性が高いと確信しています。

さらに、消費者スペースでのナノおよびマイクロ インフルエンサーの台頭と同様に、小規模でよりニッチな B2B オーディエンスは、関連性の低い膨大なオーディエンスよりもビジネスに適している可能性があります。 実際には:

TopRank は、B87B ブランドの 2% が、インフルエンサーを特定する際に関連性の高いオーディエンスを必須と考えていることを発見しました。

TopRankマーケティング

B2B インフルエンサーは、マーケティングであろうとなかろうと、特定の業種に焦点を当てる傾向があるため、 フィンテックまたは IT、いくつか例を挙げると、彼らは企業が探しているこの選択的なソーシャル メディアをもたらします。 

B2B インフルエンサー マーケティングの課題 

インフルエンサーを B2B マーケティング戦略の一部として活用することで、多大な成果を得ることができます。 しかし、B2B インフルエンサー マーケティングを正しく行うには課題があります。 

前述のように、B2B インフルエンサーは特定の分野に特化していることがよくあります。 インフルエンサーがブランドの使命と一致し、同じターゲットオーディエンスを持っているだけでなく、彼らが宣伝する製品やサービスを実際に理解していることを確認するために入念な調査を実施すると、貴重な時間と会社のリソースが消費される可能性があります. これに加えて、インフルエンサーのフォロワーを評価して、彼らのオーディエンスが正当であることを検証することは、もう XNUMX つの面倒な作業です。 すべてのソーシャル メディア プラットフォームでは、アカウントが非アクティブであるか、不正 (ボット、偽のプロフィールなど) である可能性があるため、インフルエンサーが本物のフォロワーを持っているかどうかを精査することが不可欠です。 

B2B インフルエンサーと適切にコミュニケーションを取ることも、企業にとって困難であることがわかります。 インフルエンサーとのパートナーシップを成功させるには、パーソナライズされたメッセージと、支払い、タイムライン、コンテンツへの期待に関して透明性との間で適切なバランスを見つけることが重要です。

しかし、これらの課題の多くは、 インフルエンサーマーケティングテクノロジー インフルエンサー マーケティング キャンペーンの管理に役立ちます。 いくつかの人工知能 (AI)と機械学習(ML)企業がアウトリーチ プロセスを合理化し、インフルエンサー アカウントを分析し(エンゲージメント率、投稿インプレッション、成長指標、オーディエンス インサイトを含む)、キャンペーンの進行状況を監視できるプラットフォームが存在します。

B2B クリエイター経済の未来

パンデミックの開始以来、B2B インフルエンサーの成長が加速しているにもかかわらず、B2B インフルエンサー キャンペーンは依然として、インフルエンサー マーケティングの総支出のほんの一部しか占めていません。 クリエイター経済に参入する B2B ブランドの数は、今後数年間で増加し続けるでしょう。 これにより、B2Bインフルエンサーが急増し、現在B2Cスペースで見られるB2Bインフルエンサーの過密なプールが作成されるため、自己認識している人の数も見られます. 

従業員インフルエンサー、つまり自社の製品やサービスを宣伝する従業員は、一貫して人気を集めるもう XNUMX つのトレンドです。 インフルエンサーとして活動する従業員は、ターゲット オーディエンスにとって信頼できる情報源であり、ポジティブなブランド イメージを作成し、採用イニシアチブに役立つ可能性さえあります。

最後に、B2B インフルエンサー マーケティングは、形式ばったものではなくなり、より親しみやすいものになる可能性があります。 多くの人が、B2B への影響について考えるとき、ソフトウェアや専門的なサービスの利点を詳述する長い構造化された LinkedIn の投稿を思い浮かべるかもしれません。 しかし、近いうちに、ユーモア、TikTok や Instagram Reels などの短い形式のコンテンツ、ミームを利用して、より個人的なレベルでターゲット オーディエンスに影響を与える企業がますます増えるでしょう。

B2B インフルエンサー スペースはまだかなり新しく、どのように進化するかについてはまだ不明な点がたくさんあります。 ただし、XNUMX つ確かなことは、それが定着しているということです。

アレクサンダー・フロールフ

アレクサンダーは、HypeAuditor の CEO 兼共同創設者です。 アレックスは、インフルエンサーマーケティング業界内の透明性を向上させるための彼の仕事に対して、インフルエンサーの話によってトップ50業界プレーヤーリストで何度も認められています。 Alexは業界内の透明性を向上させる方法を先導し、インフルエンサーマーケティングを公正、透明、効果的にするための基準を設定するために、最先端のAIベースの不正検出システムを作成しました。

おわりに

このサイトでは、スパムを減らすためにAkismetを使用しています。 コメント処理方法.

関連記事