ユーザーインタラクションの未来:タッチスクリーンを超えて

将来のユーザーインタラクション

からのこのインフォグラフィック スマートショップ discusses the future of user interfaces beyond the touchscreen. Perhaps the most advanced user interface I’m using today my Apple Watch. The combination of multi-touch, pressure, buttons, and dials is complicated. And with my big fingers, it’s not always a seamless experience. I’m excited about the future!

将来のユーザーインタラクションとインターフェース

スマートショップ ユーザーインタラクションを変更しようとしているいくつかのテクノロジーを箇条書きにします。

  • ホログラフ –マイクロソフトはすでに出荷しています ホロレンズ 開発インターフェースを開きました。 イーロンマスクはいくつかを示しています ホログラフィックインターフェースの例 同様に。
  • 有機発光ダイオード (OLED) – We currently have flat and moderately curved, but rigid, interfaces on tablets, laptops and screens. However, OLED technology can be used on flexible interfaces. Imagine a future where you smartphone is as powerful as any desktop computer, and you can sit down at the coffee shop and unroll and unfold your 30 inch screen. Or maybe it’s built directly into your clothing!
  • 脳波の相互作用 –何年もの間、医学研究は私たちの神経系との相互作用を微調整してきました。 強力なポータブルコンピューティングテクノロジーによって実現された最新の補綴テクノロジーは、心と機械の相互作用に適した速度で応答します。 のような新しいデバイス エモーティヴ、脳波(EEG)検出を利用して、実際の脳波を利用し、外部アプリケーションとインターフェースします。

インフォグラフィックが見逃していると私が信じている唯一のユーザーインターフェースまたはインタラクションは 音声認識. While it’s becoming mainstream already, the future of voice commands is going to be far superior in the near future.

そして今日でも、 アマゾンエコー is absolutely phenomenal at recognizing vocal commands and responding accurately. In my opinion, it’s far better than voice recognition like Apple’s Siri.

ユーザーインタラクションとインターフェースの未来

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.