マイクロソフトのビッグデータインサイト

ビッグデータの洞察

マイクロソフトによると グローバルエンタープライズビッグデータトレンド:2013 280人を超えるIT意思決定者を調査したところ、次の傾向が見られました。

  • IT部門(52%)が現在、ほとんどの ビッグデータの需要、カスタマーケア(41%)、販売(26%)、財務(23%)、マーケティング(23%)の各部門がますます需要を牽引しています。
  • 調査対象の顧客のXNUMX%は、 ビッグデータソリューションの研究、一方、13%はそれらを完全に展開しています。 調査対象の顧客の約90%は、ビッグデータに対処するための専用の予算を持っています。
  • 顧客のほぼ半数(49%)が、 データ量が最大の課題 ビッグデータソリューションの採用を促進し、続いて異種のビジネスインテリジェンスツールを統合する必要があり(41%)、洞察を収集できるツールを用意する必要があります(40%)。

同社はその調査結果を マイクロソフトニュースセンター 今朝、同社のビッグデータの顧客、製品、および将来の投資に焦点を当てたXNUMX週間の発表が始まりました。

ビッグデータは、政府、組織、学術機関がビジネスを行い、発見する方法を変える可能性が絶対にあり、誰もが日常生活を送る方法を変える可能性があります。 マイクロソフトのエンタープライズおよびパートナーグループのコーポレートバイスプレジデント、スーザンハウザー

ビッグデータ-マイクロソフト

一つのコメント

  1. 1

    私はカスタマーケアの従業員が屋上から身を投げ出すのが好きです–すべてが現実的すぎます😉

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.