怖い硬直:個人情報詐欺とインターネット

ロクトゥスJohn Stossel of ABC’s 20/20 had a 先週の素晴らしいショー、 怖い硬い:アメリカで心配. He provided solid data speaking to the media’s impact in our lives and how it affects the public and its fear.

(彼はまた持っていた FreakonomicsのStephenDubner ショーで、私はそれを見なければなりませんでした!)

The problem he identified is that most of the things we worry about aren’t really risks at all. One startling example is a comparison of having a loaded gun or a swimming pool… pools kill many more children than loaded guns. For some reason, we’re not afraid of sending our kids off to a home with a pool… but we’d never send them to a home with a loaded gun.

This week, the fear hit home with me. I’ll spare the gory details, but I joined a social networking site that had some fantastic tools for building your family relationships and having your ‘network’ take off and grow on your own. The trick to the site was that you enter all of your family and their relations to you… the application does the rest… contacting each of them to login and continue building the family. It’s an awesome application with all the right features… a viral component, a tool, a contact database, all in one spiffy little Web 2.0 package.

Here’s the rub… you enter your family’s information. I made the insanely dumb move of kicking the whole party off and putting my family’s data in there. The application then contacted each member of my family. The young folks caught right on and started building their networks. It was a different story with the older folks. You would have thought I posted my family’s passports and credit cards online for the taking! They were absolutely horrified that I would do such a thing. Horrified!

Identity theft, identity theft!!! My sanity, intelligence, and – most of all my trust – were immediately put into question. Flaming emails followed flaming emails… educating me on this incredible threat and how careless I was to put my family at risk. Though I wasn’t concerned with Identity Theft, I quickly made tracks to the company to get the data in question… and any related data… taken down immediately. That didn’t stop the scolding. I have to tell you… at 38 years old and having a decade behind me in the Industry, you would have thought I was the worst thing to happen to the net since SPAM.

I’ll be in trouble for this post as well… it’s not over anytime soon. If the case were adjudicated and ended in a public flogging, it still wouldn’t save me. I think I’m off all the wills.

ジョン・ストッセルは正しいです。 ビジネスやメディアによるこの恐怖の恐怖は、完全に制御不能です。 事実は、 ビジネス of identity theft will exchange infinitely more money than actual identity theft. But it’s got the attention of creditors, government, and media so it’s going to be in the spotlight for a while. All of our data has been exposed in this 悪の Internet and we’re soon all to be assimilated. There’s no stopping it. We’re done. The world is ending.

またはそれは?

による 統計、現在、全アメリカの世帯の69.4%がインターネットを使用しています。 驚くべき210,000,000億XNUMX万人のアメリカ人が今インターネット上にいます。 そして、彼らのクレジットカード情報、彼らの信用履歴、彼らの近所の地図、彼らの社会保障情報、彼らの会社の利益、彼らの投資そして彼らの(厳重に守られた)病歴さえもそうです。

うわー…そのような数字では、個人情報の盗難の影響を受ける人は何百万人もいるはずですよね? ええと…いや。

による FTC, there were a 246,000 cases of identity theft complaints were reported in 2006 (DOWN from 255,000 in 2005). Well that’s 1 in every 1,000 Internet Users, right?

いや。

According to the FTC, only 1.9% of all Identity Theft complaints were made against the Internet. 4,674 people. So 98.1% of all Identity Theft complaints were not related to the Internet. Let’s do some math…. that’s 0.0022% chance of getting your Identity stolen from the Internet. Or 1 in every 45,000 people. 3 to 6% of Identity Theft happened due to data breaches ソースで、大多数は金融機関で発生し、電子的ではなく物理的に盗まれています。

I could not find a single complaint in all of the data I reviewed where the victim’s data was hacked electronically from a third party web site. 単一の苦情ではありません。

まだ怖い? 君の オッズ 殺人や転倒による死亡、自動車事故による死亡、さらには自傷行為による死亡の可能性は、インターネット上の個人情報詐欺の被害者になる可能性よりも高くなります。 実際、次の世紀に地球が小惑星に襲われる可能性は、インターネット上の個人情報詐欺の被害者であるよりも大きいです。

With that in mind, I would add that all, if not most, of those Internet Identity Fraud cases happened because of a phishing scheme… where a user logged into a fake site that was put there for the sole purpose of stealing your identity. They didn’t come from legitimate sites where people’s identities were stolen.

何故なの? いくつかの理由がありますが、重要なのはインターネットと同じくらい節約できるということです あなたのデータ, it’s also great at recording every single packet of information that runs through it. Have you ever noticed how quickly people get tracked down after a child pornography roundup? It’s a lot easier for someone to steal some paperwork from your local financial institution than it ever would be to try to retrieve it from the web.

To conclude… stop worrying. To the security and media companies… stop all the fear mongering! Of course I’m not advising you to use your first name as a password and leave your credit card info in your profiles, but you also don’t have to fear logging into a legitimate site and finding your bank accounts emptied the next day. It just doesn’t happen that way. There’s more important things to worry about (like having a healthy, trusting relationship with your family).

そして、あなたがたまたまの犠牲者だったら なりすまし詐欺, here’s some アドバイス.

3のコメント

  1. 1

    素晴らしい投稿。 なぜ人々が自分自身に関する基本的な情報をインターネットに載せることに偏執的であるのか理解できません。特に、その多くは非電子的な手段で見つけることができるからです。 ほとんどの場合、コンピューターにアクセスしなくても、住所、電話番号、結婚式の日付、子供の誕生日、場合によっては給与を取得できます(ただし、多少の手間がかかる場合があります)。 自分の写真をオンラインで投稿することは、SSNをブロードキャストすることと同じです。

    パラノイアは、企業がセキュリティを優先する方法に引き継がれていると思います(または、統計がそのためである可能性があります)。 企業はSSL証明書とファイアウォールにお金を費やしますが、キャプチャした情報は印刷され、誰でもアクセスできるロックされていないキャビネットにファイルされます。 もちろん、インターネットのセキュリティさえもうまく処理できない企業はたくさんありますが、平均的な中小企業は、ウェブサイトよりも実際のオフィスに関しては、銀行などよりもセキュリティが比較的劣っていると思います。

  2. 2

    現れる TJXは私が間違っていることを証明するかもしれません…彼らは、データを保護する方法についてのクレジットカード会社のアドバイスに従わなかったため、システムがハッキングされ、クレジットカードのデータが盗まれました。 この盗難の影響についてはまだわかりませんが、インターネットの歴史上最大のクレジットカードデータのハッキングになる可能性があります。

  3. 3

    ちょっとダグ、有益な記事をありがとう。 あなたの統計がそれをすべて見通しに入れるまで、私は事実がどれほど過度に膨らんでいるかに気づいていませんでした。 それでも、人々が自分の情報に注意を払うことは助けになると思います。 Webアドレスを確認するなどの小さなことは、フィッシングを阻止するのに役立ちます(たとえば、クレジットカード情報を提供するように指示するペイパルの電子メールですが、上記のアドレスには名前のどこにも「ペイパル」がありません)。 少しの常識と注意はまだ大いに役立ちます。

    全国VPN

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.