フェアユース、開示、IPを知る

開示

今朝、私たちが書いた会社からメモを受け取りました。 このメールは、投稿内の商標会社名への言及をすぐに削除するよう要求するのに非常に強力であり、代わりにフレーズを使用して彼らのサイトにリンクすることを提案しました。

商標の公正な使用法

過去に、名前を削除してフレーズを追加するように人々を操作することに成功した可能性があると思います。これは、SEOの策略であり、ランクを付けて、会社名のランクを下げることです。 それはまたばかげていて卑劣で、私は会社について書くことを二番目に推測します。

会社の人に、フェアユースで自分の名前を使用していて、商品の販売や推奨として使用していないことを思い出しました。 事実上すべての会社が商標名を持っており、あなたがあなたの文章でそれらの会社名を使用できない理由は絶対にありません。 これが 電子フロンティア財団 状態:

商標法により、他人の商標を使用して競合製品を販売することは禁止されていますが(独自の「ロレックス」時計を作成して販売したり、ブログに「ニュースウィーク」という名前を付けたりすることはできません)、商標を使用して参照することはできます。商標権者またはその製品(ロレックスの時計の修理サービスを提供する、またはニュースウィークの編集上の決定を批判する)。 あなたが話している製品、サービス、または会社を識別するために商標を使用する必要があり、会社があなたを承認していることを示唆するためにマークを使用しない場合、「名目上の公正な使用」として知られるその種の使用は許可されます。 一般に、これはレビューで会社名を使用できることを意味し、人々はあなたが不満を言っている会社または製品を知ることができます。 商標をドメイン名(walmartsucks.comなど)で使用することもできます。ただし、会社であると主張したり、会社を代表したりしていないことが明らかな場合に限ります。

著作権の公正な使用法

フェアユースは著作権で保護された素材にも及ぶことに注意することが重要です。 コンテンツ全体を再公開する個人や企業には、コンテンツを頻繁に削除するようお願いしています。 Social Media Todayなどの他の出版物には、コンテンツを再公開する直接の許可があります。 公正な使用法はかなり異なります。 による 電子フロンティア財団:

短い引用は通常、著作権侵害ではなくフェアユースです。 著作権法は、「批判、コメント、ニュース報道、教育(教室での使用のための複数のコピーを含む)、奨学金、または研究などの目的でのフェアユースは著作権の侵害ではない」と述べています。 したがって、他の誰かが投稿したアイテムにコメントしたり批判したりする場合は、フェアユースで引用する権利があります。 法律は「変革的」な使用を支持しています—賞賛または批評のいずれかの解説は、まっすぐなコピーよりも優れています—しかし、裁判所は、既存の作品の一部を新しいコンテキスト(画像検索エンジンのサムネイルなど)に置くことさえ重要であると述べています「変革的」として。 ブログの作成者は、クリエイティブコモンズライセンスを通じてさらに寛大な権利を付与している可能性があるため、それも確認する必要があります。

推薦と開示

同社はまた、ウェブサイトに従って開示方針を掲載するよう要求した。 私は実際にこの要求を気にしませんでした。 私たちの 利用規約 プライバシーポリシーをご覧ください。 承認され、それぞれの関係が開示されました。正式な開示ポリシーを持つことは良い追加のように思われたので、 開示 スポンサーシップ、バナー広告、アフィリエイト投稿に関してどのように報酬が支払われるかについて、より良い期待を設定するためのページ。

私は、開示ポリシーサイトが承認されていないことを会社に思い出させました 連邦取引委員会 (米国)したがって、開示が必要ですが、ポリシーを持つことは必ずしも必要ではなく、役立つとは限りません。 FTCが今後、ツイート、ステータスの更新、ブログ投稿をどのように開示するかをさらに明確にすることを楽しみにしています。 これの最前線にあるXNUMXつの会社は CMP.LY –大企業または高度に規制された企業の開示を作成、追跡、分類するためのアプリケーションを構築した人。

A 材料接続 マーケティング担当者とインフルエンサーの間の関係であり、インフルエンサーによって投稿された承認に対して消費者が与える重みや信頼性に重​​大な影響を与える可能性があります。 Perkins Coie

私の投稿やアフィリエイトリンクの使用に問題があれば、すぐに関係を終了できることを会社に知らせました。 私は会社に私が投稿を書いたり共有したりする方法を変更するように強制するつもりはなかったので、彼らはより良い利益を得ることができました。 これは私のブログであり、彼らのブログではありません。 彼らは後退しました、そして私は彼らが戻ってこないだろうと私は確信しています–そして私は彼らについて二度と書きません。

情報開示: このことについては常に弁護士に再確認してください。 電子フロンティア財団のサポーター.

一つのコメント

  1. 1

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.