Google:多言語用のサブドメインまたはサブフォルダー

翻訳する

Google Search Console内には、処理するためのいくつかのオプションがあります クエリ文字列パラメータ。 これらのオプションのXNUMXつは、言語インジケーターを作成することです。

これまで、Googleがどのページがどの言語で開発されたかを区別できるように、これがWebサイトに多言語サポートを提供する最良の手段であると常に考えていました。 しかし、SEOアナリストの後、私は間違っているようです。 ニキル・ラジ、パラメータに関する最近のGoogleビデオでこの小さなサイドノートを見つけました。

ベストプラクティスは、検索エンジンがサイト構造をより簡単に理解できるように、パラメーターではなくサブディレクトリまたはサブフォルダーに言語を配置することです。

At ビデオの11:35 以下では、Maile Ohyeが推奨を行います(必須ではありません)。

それを念頭に置いて、WordPressサイトをお持ちの場合は、チェックアウトしてください WPML –次の機能を備えた包括的な多言語WordPress統合:

  1. 多言語コンテンツ
  2. コメント翻訳
  3. 標準の翻訳コントロール
  4. 自動ID調整
  5. ブラウザの言語検出
  6. 翻訳管理
  7. テーマとプラグインのローカリゼーション
  8. CMSナビゲーション
  9. スティッキーリンク

一つのコメント

  1. 1

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.