マーケターが知的財産の保護について知っておくべきこと

法的知的財産のマーケティング

マーケティングやその他すべての事業活動がテクノロジーにますます依存するようになるにつれて、知的財産の保護は成功する企業にとって最優先事項になっています。 そのため、すべてのマーケティングチームはの基本を理解する必要があります 知的財産法.

知的財産とは?

アメリカの法制度は、財産の所有者に特定の権利と保護を提供します。 これらの権利と保護は、貿易協定を通じて国境を越えて拡大しています。 知的財産は、法律が商取引における他者による不正使用から保護している心の産物である可能性があります。

発明、ビジネス方法、プロセス、作品、商号、ロゴなどの知的財産は、ビジネスの最も価値のある資産のXNUMXつです。 事業主として、あなたはあなたの知的財産を保護することがあなたの貸借対照表上の他の資産を確保することと同じくらい重要であることを理解しなければなりません。 知的財産の最適化と収益化に関連する権利と責任を理解する必要があります。

知的財産を保護するための知的財産法の使用

知的財産には、特許、商標、著作権、企業秘密のXNUMXつの基本的なタイプがあります。

  1. 特許

独自の技術を開発した場合、連邦特許保護により、期間限定で発明または発見を作成、使用、販売、または輸入する独占的権利が会社に付与されます。 あなたの技術が斬新で、有用で、自明でない限り、あなたはその使用に対する独占的権利を与えられ、それは特許の存続期間中継続します。

特許の出願は、困難で時間のかかるプロセスになる可能性があります。 米国は、先願主義ではなく、先願主義の下で運営されています。つまり、出願日が最も早い発明者が特許の権利を取得します。 これにより、ファイリングのタイミングが重要になります。 以前の出願日を維持するために、多くの企業は、より安全な仮特許を最初に出願することを選択します。 これにより、非仮特許出願を完了するためのXNUMX年が与えられます。

米国特許商標庁(USPTO)によって発行された特許は、米国でのみ適用されることを認識することが重要です。 あなたの会社が海外で競争し、他の国で特許保護が必要な場合は、保護が必要なすべての場所に申請する必要があります。 特許協力条約は、148の加盟国で単一の国際特許出願を同時に提出する手続きにより、これを容易にします。

  1. 商標について

マーケティングの専門家なら誰でも知っているように、商標は企業のブランドを保護するための重要な方法です。 商標は、ロゴやブランド名など、市場の他のブランドと区別するための特徴的なマークを保護します。

商取引で商標を使用するだけで、コモンローの保護につながる可能性があります。 それでも、USPTOにマークを登録すると、完全に保護されるだけでなく、誰かがあなたの商標を侵害した場合に利用できる一連の救済策も増えます。 したがって、登録は、一般への建設的な通知、登録に記載されている特定のクラスの商品またはサービスに関連してマークを使用する排他的権利、および侵害に対する連邦の訴因を含む、企業に大きな利益をもたらします。

  1. 著作権について

ブランドのマーケティングには、広告画像、社説のコピー、またはソーシャルメディアの投稿のように一見単純なもののいずれの形式であっても、本質的にオリジナルの作品の作成が含まれます。 これらの種類の作品は著作権で保護することができます。 著作権は、有形の表現媒体に固定された「オリジナルの著作物」に対して連邦著作権法の下で提供される保護の一形態です。 これには、詩、小説、映画、歌などの公開済みおよび未公開の知的作品のほか、広告コピー、グラフィックアート、デザイン、コンピューターソフトウェア、さらには建築も含まれます。

著作権者は、他人が許可なく作品を販売、実行、改作、または複製することを防ぐことができます。同様の目的で使用される実質的に同様の作品であってもです。 ただし、著作権は表現の形式のみを保護し、根本的な事実、アイデア、または操作方法は保護しないことに注意することが重要です。

通常、著作権は、新しい作品の作成時に作成者に自動的に付与されますが、米国著作権局に正式に登録することもできます。 登録には、著作権の公記録、有効性の特定の推定、侵害訴訟を提起し、法定損害賠償および弁護士費用を徴収する権利など、大きな利点があります。 米国税関に登録することで、著作権を侵害している著作物のコピーの輸入を防ぐこともできます。

  1. 企業秘密

保護することが重要な知的財産のもうXNUMXつのカテゴリは、会社の企業秘密です。 「企業秘密」とは、ビジネスに競争上の優位性をもたらす機密の専有情報として定義されます。 これには、顧客リストから製造技術、分析手順まで、あらゆるものが含まれます。営業秘密は、一般に統一営業秘密法に基づいてモデル化された州法によって大部分が保護されています。 この法律は、次の場合にあなたの専有情報を企業秘密と見なします。

  • 情報は、公式、パターン、編集、プログラム、デバイス、方法、技術、プロセス、またはその他の保護された機器です。
  • その秘密は、知られていないか、容易に確認できないことによって、会社に実際のまたは潜在的な経済的価値を提供します。 そして
  • 会社はその秘密を維持するために合理的な努力をします。

営業秘密は、秘密の公開が行われるまで無期限に保護されます。 したがって、すべての企業は不注意による開示を避ける必要があります。 従業員および第三者との機密保持契約(NDA)の実装は、企業秘密を保護するための最も一般的な法的方法です。 これらの契約は、機密情報に関連する権利と義務を定めており、企業秘密の不正流用の場合に活用することができます。

営業秘密が不適切な手段または信頼の侵害によって取得された場合、不正流用が発生し、法廷で訴訟を起こすことができます。 あなたの会社がNDAをどれだけ広範に使用しているかは、裁判所があなたが「秘密を維持するための合理的な努力」をしたかどうかを確認するために使用する要因である可能性があるため、IP保護のためにあなたの会社が巧妙に作成されたNDAを使用していることを確認することが重要です。

経験豊富なIP弁護士があなたの最初の防衛線です

今日の競争の激しい環境では、企業が知的財産資産を完全に理解し、適切に保護することが不可欠です。 知的財産弁護士は、包括的なIP保護戦略を通じて、企業が競争上の優位性を最大化するのを支援できます。

あなたのIP弁護士は、あなたのIPを使用または悪用している他の人に対する最初の防衛線です。 資格のある外部弁護士と提携するかどうか 先験的ネットワーク、または専任の社内弁護士を雇う場合は、IP弁護士が、IPの競争上の優位性を維持するための最適な設備を備えています。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.