喪のニュース…新聞にとってもっと悪いニュース

記事新聞

誰かが私に尋ねたら、私はまだ新聞業界で働くのが恋しいと彼らに言わなければならないでしょう。 忙しい締め切りと最小限のリソースに至るまで、印刷機の匂い(私は制作のキャリアを始めました)からすべて。 新聞社で働く人々は単に特別な人々です…それは企業がゆっくりとその若者を拷問し殺しているビジネスです。

締め切り、流通の損失、人員削減、再編成、そしてあなたの会社があなたの下から売り切れたにもかかわらず、人々は固執します。 ジャーナリストは興奮し、信頼でき、言葉で人生を変えることに情熱を注いでいます。 企業が新聞の地域外に住んでいる新聞の所有は、業界に最大の衰弱効果のXNUMXつをもたらしたと思います。 シンジケートニュースから新聞配達業者の喪失まで、すべてが非人称的なビジネスになっています。

できる限り試してみてください。業界のリーダーたちは、ハンプティ・ダンプティを再び元に戻すことはできないようです。 それは失敗する運命にあると私が信じている業界です。 彼らの終焉を加速することは、ますます大きな収益性に対する彼らの継続的な要件です–これは、オンラインおよび地域の機会への投資を通じて新聞が明日生き残るのを助けることができる投資を盗んでいます。

私の良い友達の多くはまだ仕事をしていて、それが彼らに身に着け始めているのを見ることができます。 長い時間、より多くの一時解雇、品質の犠牲、そして報酬なし。

それを機能させるために何が業界に注入される可能性があるのか​​わかりません。 「存在する力」は、ビジネスやそれに感染した政治に対する支配を放棄することはありません。 問題は、船が下がると、素敵な巣の卵を持って立ち去ってしまうことです。 最も影響を受ける生活は、職を失う人々と私たち、真実を掘り下げるためにジャーナリストを必要とする市民です。

IT、マーケティング、ジャーナリスト、さらには電気技師など、新聞の経験を持つ人を雇う機会があれば…私は彼らを強くお勧めします。 新聞の男性と女性は、あなたをがっかりさせることのない、機知に富み、無私無欲で、勤勉な労働者です。 業界がこのように自己破壊するのを見るのは悲しいことです。

2のコメント

  1. 1
  2. 2

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.