新しいウェブサイト、Take II

18177425秒

私は今朝と素晴らしい会話をしました JEB from smallbox. (That’s right, I madonna’ed him.  If you don’t know who Jeb is, where have you been?)  Nevermind the fact that I accidentally ordered a double-shot, and I can’t hold my hands still right now, I’m pretty sure that what he said to me would have seemed just as profound without the caffeine-driven high.

「それで、あなたのターゲット顧客は誰ですか?」 私は、業界、規模、およびその他のニッチな記述子について聞くことを期待して尋ねました。

“We are a company’s second website.”  Jeb told me.  “They have to have gone through this process at least once before.”

Second?  Does he want to follow other’s coat-tails?  Or is he just so confident that he’s going to do better, he wants to out-shine the competition.  Neither.  He just likes working with a smart buyer.  A customer who knows what they want, why they want it, and what didn’t (and miraculously did) work the first time.

First of all, if you don’t have a website, throw one up.  Jeb’s right.  You could spend ages deliberating over your content, design, nav structure, conversion points, etc. And that would be swell.  It would make for one heck of a fantastic case study for some college student’s senior project.  But after 3 months, you’re going to learn that you were wrong.  Now, you could be way wrong, or you could be just a little wrong.  But you’re wrong.

Don’t worry.  Being wrong is the fastest way to being right.  Even the productivity expert, Robby Slaughter, 人々が失敗することを奨励します.  To Jeb’s point, once you’ve been wrong–even slightly wrong–now he can work with you.  Now he can really help you and put the talents of his firm to their best service for you.

Now, let’s say you already have a website.  Is it working?  Is it working the way you want it?  Why not re-do it?

Far too often, people treat websites like they treated marketing collateral in the days before digital printing.  Make it perfect first, because it costs so much to get “up to color” that you need to run 10k or more of these pieces to even justify the expense. And then, once it’s printed, don’t even talk about changing it for at least a year or more.  Forget that. Websites are free scrap and re-do.  Well, not really free.  But the technology makes it feasible to keep this quintessential marketing tool in perpetual beta, never being afraid to re-do it.

The learning experience of launching your first website cannot be replaced.  But, it’s for this exact reason that your website, take II, will be the site that really makes a difference.  Take 3, 4, and 5 can only get better.  But you have to– HAVE TO–go through the process of take I before you can hit the stride you want.  Ready, fire, aim.  And then, aim again and again.

4のコメント

  1. 1

    私はジェブの戦術が大好きです! ソフトウェア開発者として、これは新しいソフトウェア製品を構築したいクライアントを削減するための優れた方法であることがわかります。彼らは以前にそれを行ったことがありますか?

    私は長期的な関係のためにフリーランスにいます。 だから私はウェブで仕事をするのが好きです。ソフトウェアは常に進化し、改善されています。 私たち(私のクライアントと私のクライアント)の関係が成長するにつれて、ソフトウェアはより良くなります。

  2. 2

    「あなたのウェブサイトは機能していますか?」 ほとんどの企業は、「働く」が実際に何を意味するのかについての手がかりを持っていないと私は主張します。 それが私たちがウェブサイトビジネスではなく、インバウンドマーケティングビジネスにいる理由です。 私たちはほとんどの顧客のためにウェブサイトを構築していません…それはジェブのような人々に任せるのが最善です…しかしウェブサイトが見込み客と私たちのクライアントの間の道であるなら、私たちは道が舗装されて行く準備ができていることを確認します!

  3. 3

    「あなたのウェブサイトは機能していますか?」 ほとんどの企業は、「働く」が実際に何を意味するのかについての手がかりを持っていないと私は主張します。 それが私たちがウェブサイトビジネスではなく、インバウンドマーケティングビジネスにいる理由です。 私たちはほとんどの顧客のためにウェブサイトを構築していません…それはジェブのような人々に任せるのが最善です…しかしウェブサイトが見込み客と私たちのクライアントの間の道であるなら、私たちは道が舗装されて行く準備ができていることを確認します!

  4. 4

    それは本当です! あなたの最初の試みはほぼ間違いなく悪いものになるでしょう。

    The MythicalMan-Monthの著者であるFredBrooksは、次のように述べています。 とにかく、あなたはそうするでしょう。」

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.