ブラウザへの5つの願い…erOpera

OperaModifooから、Operaブラウザが市場シェアを獲得するために必要だと思うことについてコメントを求められました。 Operaはノルウェーの素晴らしいブラウザで、機能し、素晴らしいレンダリングを行います。 私は特に私の電話で動作するモバイルバージョンのファンです。 Operaはこれに対する私の応答を気に入らないかもしれません-そして他のブラウザも気に入らないかもしれません-しかしここに行きます。

Operaの5つの願い

  1. 基本的なHTMLとおそらくいくつかの高度なCSSを利用して開発できるデータグリッドコンポーネントを構築します。 ページング、並べ替え、インプレース編集などが必要です。
  2. Quicktime、Windows Media、およびRealAudioをサポートするメディアプレーヤーコンポーネントを構築します。 繰り返しになりますが、HTMLとCSSを使用して開発することができます。 ストリーミング機能を追加します。
  3. 優れたオンラインエディターに匹敵するHTMLとCSSを出力するエディターコンポーネントを構築します。 ユーザーがXML-RPC、さらにはFTPを介して開発、投稿、取得できるようにします。
  4. Excelのグラフに匹敵するグラフ作成コンポーネントを作成します。 データグリッドにシームレスにバインドできるようにします。
  5. ホームページのどこにも開発者向けのウェルカムサインはありません! 開発者はあなたのブラウザを作ったり壊したりします。 ブラウザを活用してソリューションに統合する機能は、市場シェアを獲得するための最も簡単な方法です。

要するに、Operaが欲しいのですが 発明する ブラウザのルールを破ります。 SafariとiPhone まさにこれをやっています。 彼らはルールに従って遊んでいません、彼らはルールを作っています!

アプリケーションはオンラインになり続け、ますます複雑になっています。 私たちが注目している基本的なコンポーネントをサポートするブラウザ RIA FlexやAIRなどの構築するテクノロジーは、Software as a Service業界に革命をもたらし、市場シェアを大幅に獲得します。

あなたのブラウザ、Operaで人々を働かせましょう。 その後、彼らはそれで遊ぶでしょう!

5のコメント

  1. 1

    あなたの考えを共有してくれてありがとう。

    私は、Operaがユーザーを「単に」喜ばせるのとは異なるアプローチを見つけなければならないことに完全に同意します。 そうすれば、彼らは(おそらく)最高のブラウザを手に入れることができますが、実際にそれを使用しているのはわずか5%です。 彼らには別のアプローチが必要であり、マイクロソフトのレバレッジがないため、創造性を補う必要があります。
    開発者を歓迎されていると感じさせるというあなたのアイデアが好きです。 とても良い点です。

  2. 2

    非常に良いリストであり、最後のポイントは特に刺激的だと考えられています。 http://dev.opera.com/ 存在し、いくつかの良いコンテンツがありますが、誰がそれを見つけることになっていますか? 良いニュースは、あなたの願いの多くがあなたが思っているよりも早く起こるかもしれないということです–どうですか

    1. WHATWGのデータグリッド仕様
    2. WHATWGのビデオ仕様 ビデオをサポートするOperaプレビューバージョン。
    3. 投稿と検索のステートメントであなたが何を考えていたかは私には完全にはわかりませんが、 contentEditable仕様は、ほとんどの「配管」を提供します。
    4. チャート作成は、AFAIKがロードマップに含まれていないという興味深い願いですが、Operaのまともなものについてはどうでしょうか。 SVGサポート? 少しのスクリプトで、チャートを取得できます。
  3. 3
    • 4

      …多分彼がOperaを使っているからですか? 🙂

      ところで、トラックバックは機能していないようです–あなたからの私の「5つの願い」に…これは関連しているのでしょうか(私はプログラマーではないので自分を打ち負かしたと思いますか?)

  4. 5

    マート、Operaが原因であるという仮説には、いくつかのテストが必要です。コメントスパムについては申し訳ありません😉

    ダグ、コメントがクロスサイトスクリプティング攻撃であると考える「コメントセキュリティ」プラグインがあるかもしれません。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.