OwnBackup:Salesforceのディザスタリカバリ、サンドボックスシード、およびデータアーカイブ

OwnBackup:Salesforceのディザスタリカバリ、データアーカイブ、シード

Years ago, I had migrated my marketing automation to a fairly well-known and widely adopted platform (not Salesforce). My team designed and developed a few nurturing campaigns and we were really starting to drive some great lead traffic… until disaster struck. The platform was doing a major upgrade and accidentally wiped out a number of customers’ data, including ours.

会社はサービスレベル契約を結んでいましたが(SLA)稼働時間を保証しましたが、 バックアップとリカバリ capabilities at an account level. Our work was gone and the company didn’t have the resources nor capabilities to restore it at an account level. While our designs could have been re-implemented, all of our prospect and customer アクティビティ 拭き取られました。 もちろん、その重要で価値のあるデータを再現する方法はありませんでした。 数百万ドルではないにしても、数十万ドルの収益を失ったのではないかと思います。 プラットフォームは私たちの契約を解除し、私はすぐに彼らのパートナープログラムを去りました。

私は自分のレッスンを学びました。 私のベンダー選択プロセスの一部は、プラットフォームにエクスポートまたはバックアップメカニズム、または定期的にデータを取得できる非常に堅牢なAPIのいずれかを確保することです。 私は顧客に同じことをするようにアドバイスします。

Salesforce

エンタープライズプラットフォームには通常、自己保護のためにシステム全体のバックアップとスナップショットバックアップがプラットフォームに組み込まれていますが、これらのツールには顧客が簡単にアクセスすることはできません。 CRMプラットフォームの所有者は、SaaSデータがクラウドにあるため、保護されていると誤って想定しています。

Salesforceエコシステム内の企業の69%は、データの損失や破損に対する準備が整っていないことを認めています。

フォレスター

Companies like Salesforce are iterating, innovating, and integrating at such a level of speed with hundreds of developers that it’s virtually impossible to develop and maintain a parallel codebase for customers to backup and secure their data. Their focus is on system stability, up-time, security, and innovation… so businesses must look to third-party solutions for things like backups.

It’s important to clarify that Salesforce isn’t the primary cause of loss of data. In fact, I personally haven’t witnessed them accidentally destroy client data. Data outages have occurred from time to time, but I’ve not seen a disaster (knock on wood). As well, Salesforce has some export capabilities for bulk data that can be utilized, but that’s not ideal as it would require building a backup, scheduling, reporting, and other capabilities around it to be a full ディザスタリカバリソリューション.

エンタープライズデータに対する最大の脅威は何ですか?

  • Ransomware攻撃 –ミッションクリティカルで機密性の高いデータは、ランサムウェア攻撃の標的です。
  • 事故による削除 –データの上書きまたは削除は、ユーザーが誤って行うことがよくあります。
  • 不十分なテスト –ワークフローとアプリケーションは、不注意によるデータの損失や破損の可能性を高めます。
  • ハクティビスト –政治的または社会的に動機付けられたサイバー犯罪者は、データを公開または破壊します。
  • 悪意のあるインサイダー –関係が悪化した場合、合法的なアクセス権を持つ現在または元の従業員、請負業者、またはビジネスアソシエイトが大混乱を引き起こす可能性があります。
  • 不正なアプリケーション – with a robust exchange of third-party applications, there’s always the chance that a platform might accidentally delete, overwrite, or corrupt your critical data.

自分のバックアップ

Thankfully, Salesforce’s APIファースト 開発へのアプローチは、通常、各機能またはデータ要素がそれらの幅広い範囲を介して完全にアクセス可能であることを保証します アプリケーションプログラミングインターフェース (API)。 これにより、サードパーティがディザスタリカバリのギャップを埋める扉が開かれます… 自分のバックアップ 達成しました。

OwnBackupは、次のソリューションを提供します。

  • Salesforceのバックアップとリカバリ –包括的で自動化されたバックアップと迅速でストレスのないリカバリにより、データとメタデータを保護します。
  • Salesforceサンドボックスシード –拡張サンドボックスシーディングを使用して、データをサンドボックスに伝達し、イノベーションを加速し、理想的なトレーニング環境を実現します。
  • Salesforceデータアーカイブ –カスタマイズ可能な保持ポリシーとOwnBackupArchiverへの簡素化されたコンプライアンスでデータを保存します。

カーギルがOwnBackupを使用しているので、データの損失について心配する必要はもうありません。 問題が発生した場合は、データのダウンタイムを除いて、データをすばやく比較して復元できます。

カーギルFIBI部門のカスタマーエクスペリエンス戦略的プロダクトオーナー、キム・ガンジー

OwnBackup proactively prevents you from losing mission-critical Salesforce CRM data and metadata with automated backups and rapid, stress-free recovery… with pricing that’s conveniently at a user-level.

OwnBackupデモをスケジュールする

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.