リリース前にモバイルアプリストアの製品ページを磨く方法

起動する

リリース前フェーズは、アプリのライフサイクルで最も重要な期間のXNUMXつです。 出版社は、時間管理と優先順位設定のスキルをテストする無数のタスクに対処する必要があります。 ただし、圧倒的多数のアプリマーケターは、巧みなA / Bテストによって問題がスムーズになり、さまざまなリリース前のタスクを支援できることに気づいていません。

There are many ways publishers can put A/B testing into use before app’s debut in a store: from enhancing product page converting power to hitting it right on the head with the positioning of your app. This list of split-testing functions can redefine your pre-launch strategy saving time and contributing its efficiency.

A / Bテストによる製品ページの強化

All store product page elements (from name to screenshots) have their role in forming users’ perception of an app. These app page pieces have an enormous impact on conversion. Nevertheless, lots of marketers neglect their importance especially when an app is not in a store yet.

Even analytical minds that wouldn’t alter a single keyword without a proper research tend to forget that app’s product page is an ultimate decision-making destination. Icon, screenshots, description, etc. have to represent the essence of your app just like keywords or even better.

Trusting instincts is not enough. Unfortunately, it’s standard practice to put diligence aside and rely on a subjective opinion of your team members ignoring available app store optimization options. A/B testing makes you leave all guessing games behind and be guided by statistically significant numbers.

トランスフォーマーゲームはFacebook広告の助けを借りて理想的な名前のキャッチフレーズを取得します

分割テストは、最も変換の多い組み合わせをクラックする製品ページ要素を完成させるための最良のツールです。 Facebookを使用して、広告キャンペーン内の個々の要素の魅力を確認できます。

For example, Space Ape Games used Facebook Ads to choose the name tagline for the upcoming Transformers game. They created three landing pages mentioning differeте app names and initiated 3 Facebook ads campaign with identical targeting. As a result, the variant ‘Transformers: Earth Wars’ won and was used for all marketing activities for an app.

Facebook A / Bテスト

However, Facebook ads don’t provide context. So, when it comes to more complex and dedicated approaches, it’s better to use platforms for emulating an app store such as SplitMetrics.

Split-Testing Proves that Industry Trend Doesn’t Work for Angry Birds

A / Bテストの結果は確かに驚くべきものです。 Rovioは、「Angry Birds 2」をリリースする前に、このレッスンを学びました。 縦向きのスクリーンショットは、全体的なゲームの傾向と矛盾する横向きのスクリーンショットよりもはるかに優れていることが判明しました。 分割実験により、「Angry Birds」の顧客はハードコアゲーマーとしての資格を得ることができないため、業界のトレンドを適用できないことが証明されました。

Angry Birds A / Bテスト

したがって、リリース前の分割テストにより、スクリーンショットを間違った方向で使用するという苦いエラーを防ぐことができました。 「AngryBirds2」のリリース時に、アプリはわずか2,5週間でXNUMX万の追加インストールを取得しました。

Thus, intelligent optimization of all product page elements ensures the best possible conversion on both organic and paid traffic during critical first weeks of app’s life in a store.

G5は、A / Bテストを使用して、理想的なオーディエンスと最適な広告チャネルを特定しました

理想的なターゲットオーディエンスの明確なビジョンを持つことは、アプリの成功の核となる要素です。 顧客が誰であるかを特定するのが早ければ早いほどよいでしょう。 A / Bテストは、アプリがストアにない場合でも、この問題の解決に役立ちます。

さまざまな人口統計グループで実験を実行しているアプリをインストールする可能性が高いのは誰かを見つけることができます。 これらのデータは、アプリが公開された後のさらなるマーケティング活動に不可欠です。 たとえば、G5 Entertainmentは、「Hidden City」アプリで一連の実験を行ったところ、最もコンバージョン率の高いターゲティングは、ボードゲームが大好きで、パズル、なぞなぞ、謎に興味のある35歳以上の女性であることがわかりました。

You can also collect potential users contacts within such pre-release A/B testing building early adopters list for company’s newsletter and app updates.

A / Bテストは、広告チャネルの認定にも不可欠です。 多くの忠実なユーザーをもたらす広告ソースの発見は、あらゆるマーケティングゲームプランを前進させます。 アプリの発行会社は、分割テストを介してさまざまな広告チャネルのパフォーマンスをチェックします。 彼らのパフォーマンスを比較する際に、彼らは新しいゲームやアプリを宣伝するためのバリエーションのXNUMXつを選びました。

PrismaはA / B実験を使用して完璧なポジショニングを解明します

Publishers usually meet the dilemma of picking app’s features that resonate most with their target audience the most. There’s no need to read tea leaves, just run a series of A/B tests. For instance, Prisma came up to split-testing to identify users favorite effects among ones the app offers:

出版社のA / Bテスト

If you plan to have a paid app, A/B testing can help you ensure the rightfulness of this decision. It’s highly important to determine the price which won’t frighten away potential customers. A/B testing may even show that you have to revision app’s pricing policy for the sake of free model with in-app purchases.

FiftyThreeは、分割テストのおかげでローカリゼーションに成功しました

Pre-launch phase or period before major app redesign is really favourable for localizing your app. However, it’s not enough to merely translate description, and you should localize beyond the text. It’s important to understand that you’re adapting your product for another culture, not just another language. A/B experiments are handy to test various cultural hypotheses.

たとえば、FiftyThreeは分割テストを使用して、中国語圏の市場向けにPaperアプリをローカライズしました。 色とりどりの背景を持つ中国語の更新されたスクリーンショットは、英語のものより33%優れた変換を示しました。

ローカリゼーション分割テスト

There’s no need to give yourself a hard time trying to guess what will work better for your app prior its launch. Using A/B testing, you can empower your conversion even when app isn’t even live. Thus, you’ll ensure stellar results right from the start of your app’s life in a store.

Split-testing doesn’t only takes conversion rate to the brand new level; it also facilitates decision-making process making it transparent and eliminating unnecessary team conflicts. Plus, using platforms like SplitMetrics、マーケターは、アプリのさらなる開発やストアページの洗練に使用できるユーザーの行動に関する貴重な洞察も得ます。

一つのコメント

  1. 1

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.