小売ソフトウェア技術の8つのトレンド

リテールソフトウェアテクノロジーのトレンド

小売業界は、数多くのタスクや活動を実行する巨大な業界です。 この投稿では、リテールソフトウェアのトップトレンドについて説明します。 あまり待たずに、トレンドに向かっていきましょう。 

  • お支払方法 –デジタルウォレットとさまざまな支払いゲートウェイにより、オンライン支払いの柔軟性が高まります。 小売業者は、顧客の支払い要件を満たすための簡単で安全な方法を手に入れます。 従来の方法では、維持が非常に困難な支払い方法として現金のみが許可され、その後、デビットカードとクレジットカードの使用が開始されました。これは簡単でしたが、多段階で時間のかかるプロセスでした。 現代では、すべての橋が渡り、人々はお金を貯めて支払いをするためにデジタルウォレットを選び始めています。 これは、顧客への支払いをスピードアップするのに役立ち、同時に、小売業者はより低い取引手数料の恩恵を受けます。 
  • 社会的認識 –顧客はまた、企業が実施する社会活動や意識についても懸念を抱いています。 小売業者は、環境にやさしい活動を実行するよう圧力をかけられ続けています。 ビジネスユニットは、環境にやさしい状態を維持するために、プラスチック、化学薬品、皮革、毛皮などの使用を削減することを決定しました。 多くのビジネスユニットは、自然を助けるために生分解性パッケージを選びます。 
  • 予測分析 –小売業界は豊富なデータを処理し、データ主導型になっています。 推定される将来のデータは、企業がより賢明な意思決定を行い、購入のダイナミクスとレポート、消費者行動、傾向などのさまざまな領域を分析し、その過程を分析するのに役立ちます。 顧客の行動や活動のパターンは、顧客の好みや興味を調べることで、購入していない製品を減らし、他の売上を増やすのに役立ちます。 サプライヤーの割引パターンも理解でき、それに応じて購入して最良のオファーを得ることができます。
  • Webアプリケーション –ロケーション認識ブラウザベースのアプリケーションは、モバイルアプリケーションのダウンロードを必要とせず、簡単な更新、同様の基本サポート、使いやすいフレームワーク、応答性の高さ、高品質を必要としないなど、さまざまなメリットを提供する優れたソリューションです。インターネットでは、それぞれが検索エンジンで簡単に使用でき、通知もサポートしています。 
  • 人工知能 –スマートメッセージとロボットは、すべての財務データを保存することでビジネスを支援します。これらのシステムは、パーソナライズされた推奨事項を提供し、正しい製品を見つけ、簡単なナビゲーション、顧客の好みなどを提供できます。 
  • 音声支援 –消費者は、Amazon Alexa、google home、Siriなど、車内のコンパニオンやホームヘルパーとして、オンラインでのショッピングの旅で音声アシスタントを使用します。 小売業者は、このテクノロジーと小売ベースの音声検索を選択しています。 音声アシスタントは、ハンズフリーの作業方法を提供するため、高速で簡単にアクセスできるため、信頼性が高くなる傾向があります。 これには、検索結果の生成の難しさ、検索結果のリストが大きいために閲覧が難しいなどの制限もあります。
  • 在庫追跡 –小売業者は常に多くの活動を一緒に管理する必要があり、在庫を管理および追跡し続けるために管理ツールとはるかに多くの機能を必要とします。 小売ソフトウェアで利用できる最新の機能には、自動化されたサプライチェーン、管理システム、売上予測、在庫オブジェクトの検出、リアルタイム分析などがあります。 これらはすべて、オンラインで多くの活動を管理することにより、小売業者の多くの負担を軽減するのに役立ちます。 
  • ビジュアル検索–  ビジュアル検索は、最近導入されたもうXNUMXつのトレンドビジネスチャンスです。 ビジュアル検索により、ユーザーは長い間探していた製品を簡単に見つけることができます。 これにより、検索結果が要件に完全に一致するため、ユーザーは購入に近づくことができます。 

これらはリテールソフトウェアのトップトレンドのいくつかであり、テクノロジーとアップデートの変化に伴い、業界ではさらに多くのトレンドが継続的に追加されています。 トップランクおよび評価の小売ソフトウェアテクノロジーのリストについては、Techimplyをチェックしてください。

リテールソフトウェア

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.