小売店での顧客支出を増やすための7つの戦略

51602417秒

小売業界では、戦略がすべてです。 支出は小売マーチャンダイジング技術に直接関係しているため、顧客の支出を最大化することが使命である場合、ショップの所有者は創造性を発揮する必要があります。 幸いなことに、顧客がより多く、より頻繁に支出するようにする力を備えた、試行錯誤された戦術がいくつかあります。そして、いくつかの企業秘密を紹介します。お店。

  1. インパルス効果 –インパルスは強力なものです–そして、小売マーチャンダイジングが切迫感を生み出すことができれば、販売はほとんど保証されます。 君の 衝動買い POSへのルート上にあるはずのセクションは、買い物かごに手頃な価格で土壇場で追加できる、小規模で補足的な購入に理想的な場所です。
  2. セールスイリュージョン –販売効果は、販売に影響を与えることが証明されている古くからのマーチャンダイジング手法です。 「販売」アイテムは、実際のまたは認識された削減に関係なく、適切な期間限定のプロモーションでホットケーキのように販売されるだけでなく、単なる販売の概念でさえ、店舗全体の製品への支出を促進するのに十分です。 セールまたはセールなし。
  3. バルク培養 –店舗への訪問あたりの顧客支出を増やす賢い方法のXNUMXつは、バルクカルチャーを活用することです。 お金を節約する機会として宣伝された、より多くのアイテムのコレクションの一部としてあなたの製品を提示することによって、そうすることによって彼らのために節約があれば、顧客はセット全体を手に入れるチャンスに飛びつきます。
  4. マージンマッピング –利益率の高い製品には、それにふさわしい最高の配置を与える必要があります–小売マーチャンダイジングの戒めを遵守することで、これらの利益率のメリットを確実に享受できます。 利益率の高いアイテムを店舗の入り口近くに配置すると、それらに気付くことが保証され、顧客のまだ空のバスケットがいっぱいになる可能性が最大になります。
  5. 感覚力 –店舗に超感覚的要素を導入することは、売り上げを伸ばす効果的な方法です。 焼き菓子や花などの商品を入り口近くに置くと唾液腺が活性化するなど、顧客の嗅覚が購買行動の鍵となります。 消費者の感覚に訴えることができることはあなたの買い物体験に追加の次元を与えます–そして衝動買いを大きな効果に引き起こします。
  6. アクセスが制限されています –顧客があなたの製品を購入することを保証する最良の方法は、最初に彼らがそれらを見ることを保証することです。 古典的な小売マーチャンダイジングのトリックのXNUMXつは、日常の必需品を店の一番後ろに置いて、顧客が店の片側から反対側に移動するのを確実にすることです。 このように、彼らはあなたの在庫に注意を払わずに建物を離れることはありません。
  7. 視線 –顧客の目線は、購入行動に主に影響を及ぼします–そしてマーチャンダイジング戦略において重要な考慮事項となるはずです。 高額商品は目線に配置して、贅沢な販促用ディスプレイを必要とせずに表示されるようにする必要があります。 あなたは買い物客があなたの製品を見つけるために働く必要がないようにしたいので、彼らが探している唯一の場所が彼らがいるはずの場所であるようにするために必要な措置を講じてください。

あなたが販売の秘密を求めているなら、あなたはそれを見つけました。 この 包括的なチェックリスト は気密性のある小売マーチャンダイジングの鍵であり、店舗が利益のためにマッピングされることを保証します。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.