ソーシャルメディアと幸福

読書の時間: <1

昨年、私は投稿を書きました ソーシャルメディアはうつ病を治すことができますか?。 できるようです! 今日は ハッピー 仲良しと インディアナポリスモバイルマーケティング 第一人者のアダム・スモールは私に次のリンクを送ってくれました:

幸福はソーシャルネットワークに伝染します。 抜粋:
幸福

新しい研究によると、ソーシャルネットワークでは、幸せは互いに最大XNUMX度離れた人々の間で広がります。 つまり、あなたが幸せを感じるとき、友達の友達の友達も少しだけ幸せを感じる可能性が高くなります。

さらに:

彼らは、誰かが[喫煙]をやめたとき、友人が喫煙をやめる可能性は36パーセントであることを発見しました。 さらに、お互いを知らないかもしれない人々の集団がほぼ同時に喫煙をやめた、と著者らはXNUMX月のニューイングランドジャーナルオブメディシンの記事で示した。

社会的つながりも肥満に影響を及ぼします。 ファウラーとクリスタキスは、57年2007月にニューイングランドジャーナルオブメディシンの論文で、特定の期間に肥満になった友人がいた場合、肥満になる可能性がXNUMX%増加したと述べています。

これは、マーケターとして発見して活用し始めたばかりの強力なメディアです。 オンライン戦略を継続的に開発する際には、この影響を認識することが重要です。 消費者がソーシャルメディアを通じてすでにどのように行動を変更しているかについての追加の読み物については、2008年のRazorfishの消費者マーケティング体験レポートを強くお勧めします。

3のコメント

  1. 1
  2. 2

    I don’t think the study was about MySpace friends, LOL. A “social network” for the purpose of the study consisted of people who know people who know people, Barbra Streisand included.

    Random acts of kindness perpetrated online may have a similar effect, though.

  3. 3

    I can see where the study is correct and how social media can make people more happy. Of course it’s based on the small sample scale used. But can it also have the adverse affect? just playing devils advocate, but social media can create the sense of “friends” when in reality they are not. People can take them too serious and hit the cellar floor when they realize these relationships and connections are strictly online, and not a real true friendship.

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.