メディアではなく、社会が問題です

愛憎

昨日、友達や敵についての素晴らしい話を聞きました。 物語は、敵よりも友達を作るのがいかに難しいかについてでした。 敵は瞬時に作られますが、私たちの友情は作られるまでに数ヶ月から数年かかることがよくあります。 あなたがソーシャルメディアに目を向けると、これも問題です…あなたやあなたのビジネスは悪いツイートを投稿するのと同じくらい簡単なことをすることができ、インターネットは憎しみで爆発します。 たくさんの敵。

同時に、消費者にフィードバックの媒体を提供し、彼らに価値を提供するというあなたの戦略は、消費者があなたのソーシャルメディアの取り組みからの価値と権威を認めるまでに数ヶ月、あるいは数年かかるかもしれません。 実際、あなたの努力があなたが望むようにオンラインで友情に発展することは決してないかもしれません。

敵よりも友達を作るのははるかに難しい。

物語はオンラインであるということではありませんでした…それは実際には聖書の一節からのものでした。 イデオロギーを宣伝するためだと言っているのではなく、この問題がソーシャルメディアから始まったのではないことを指摘するだけです。 問題は人間の行動にあり、ソーシャルメディアにはありません。 ソーシャルメディアは、これらの問題が脚光を浴びているのを見る公開フォーラムを提供しているだけです。

Interwebsがより多くの有名人、政治家、企業を攻撃するのを見ると、実際には、効果的なソーシャルメディア戦略が将来どのようになるのか疑問に思います。 自称の教祖は透明性を説き、私たちがフォローしている人々、リーダー、企業がオンラインで利用できるように要求します…そして、彼らが間違いを犯したとき、私たちは彼らを頭から叩きます。 メリットは引き続きコストを上回りますか?

ええと…人生においても敵を簡単に作ることができます…しかしそれは私たちが素晴らしい友情を築き、維持するために時間を費やすことを妨げるものではありません。 友達よりも敵を作る方が簡単かもしれませんが、友情のメリットは敵を作るリスクをはるかに上回ります。