PIPA / SOPA:無料コンテンツが私たちを殺す可能性がある方法

ストライクペーパー

Many companies are blacking out their sites in an effort to fight the Protect IP (PIPA)/SOPA Act that’s under review here in the United States. Rather than climbing onboard the wagon and shutting down my site, I thought it would be more constructive to share my reaction with you.

2,500を超えるブログ投稿があります 推進する technology that assists agencies and marketers throughout the world. We’ve never charged for any of our content, nor would we. When we are pitched, we often take the time to review the product or story – and we post the information at no cost. We’ve had incredible notes from companies that said that we were the only blog that took notice and it led to significant exposure and growth for their tools.

We’re on a first name basis with many in the technology and public relations industries because we’re eager to help. While other blogs like to rip apart a company or technology, you’ll find that our posts are overwhelmingly supportive. We want you to succeed. We want you to succeed with solutions. We want to find those solutions.

他の企業もスポンサーシップを通じて私たちをサポートしています。 ズーメラン (現在のSurveyMonkey)は私たちの最初の公式スポンサーでした 無料のオンライン投票ソフトウェア これにより、執筆と読者との双方向性が大幅に向上しました。 デリブラ あります メールマーケティング会社 メールマーケターにコンテンツと調査を提供する人。 インタラクティブで右 一流です 自動化マーケティングソリューション 誰が私たちの理解を助けていますか 顧客生涯マーケティング.

With our sponsors and advertisers, we’ve been able to host a マーケティングポッドキャスト, are developing a great email newsletter, we’ve begun developing videos and we continue to enhance the experience of our site. We even have a モバイルアプリケーション right around the corner! Webinars are on our short list as well. All of that is free to you – our readers. While we don’t profit from the blog directly, the funds are invested to help 貴社。 もちろん、私たちはプレミアブログを持つことで恩恵を受けます…しかし、うまくいけば、あなたもそうするでしょう。

これは変更される可能性があります。

今日、私たちはインディアナ州の地元の代表者と会い、私たちの懸念について IP法とSOPAを保護する. While the leaders were responsive, they didn’t say whether or not our representative was supporting the bill. Here’s some additional information – but please read my notes below with my concerns.

As far as our representatives are concerned, the DNS blocking has been overstated and requires a third party to determine whether or not to actually block the site. The verbiage leans in the direction that the only sites that could get blocked are foreign sites. I’m not an attorney, so I’m not sure if that’s true or not.

適法な手続きなしに即座に起こり得ることは、著作権侵害をサポートしているとみなされるサイトが検索エンジンから削除され、広告収入のすべての手段がブロックされる可能性があるということです。 これは、通知なしに、サイトが自分自身を守る能力なしに発生する可能性があります。 私たちの検索エンジンの訪問と私たちの収入は、このブログが拡大し続けることを可能にする生命線です。 言い換えれば、私たちが共有するコンテンツで戦争に行きたいという法的な知識に重きを置いている企業が…私たちのブログは頼りになることなく首を絞め殺される可能性があります。

I was reassured on the phone that this was highly unlikely, that we’d be able to get representation and fight the issue. Here’s the problem… that takes time and money that I don’t have as a small business. So, rather than fight, it would be best for me to fold the site and go back and work for a big company. That’s frightening.

Washington is a city full of attorneys. They often don’t remember that those of us without the legal resources don’t get to defend ourselves adequately. This, in my opinion, is what the Protect IP and SOPA Acts have been written to do. They are a tool of a dying industry… a last gasp to try to prevent the inevitable. The analogy I provided was a storekeeper who refused to put locks on their door. Since they can’t figure out how to protect themselves, they’re now asking the government to guard it for them.

I’m not writing this simply from a single viewpoint of a blogger. We provide content as well with the expectation that our copyright be respected. At times it hasn’t been and I’ve taken action. I’ve been able to block sites, report them to advertising systems, and have other companies – like stock photo companies – with deeper pockets go after them. That means little ol’ Doug has been able to thwart infringement and fight it without the need of the government to get involved. Of course, this isn’t about my intellectual property though – it’s about the movie and record industry deteriorating profits.

It’s tragic. And it’s unfortunate that our political leaders are actually thinking about doing this. Even more tragic is that a 民主的な リーダー、 クリス・ドッドは現在、インターネットの核となる機能である情報を自由に共有する機能を破壊するこの勢力のリーダーです。 これは、深いポケットを持つ人々にさらに力を与え、無力な人々から機会を取り除く法案です。 それはあなたを含むインターネット上のすべてのユーザーに影響を与えます。

Please take the time to read the fine details and understand how it will impact you, your content, and your business. You need not be American, the Internet doesn’t have borders we can put forces on… and those outside the United States are より大きなリスクで 私たちよりも。 続きを読む アメリカの検閲をやめる.

4のコメント

  1. 1

    ダグ、

    「戦うよりも、サイトを折りたたんで戻って大企業で働くのが一番いいと思います。 それは恐ろしいことです。」

    そこの頭に釘を打ったと思います。

    中小企業の経営者としても少し偏見があるかもしれませんが、政治家から見たものはすべて、より大きなシステムの歯車としての仕事に就くことを奨励しています。 アメリカ人が私たちの起業家のルーツに戻ることを奨励することはほとんどなく、「アメリカンドリーム」はある種の「資格」パッケージに変わりました。 大企業は救済を受けますが、中小企業は最近ローンを組むことができないことがよくあります。

    言うまでもなく、SOPA&PIPAActsはそれに沿っているようです。 私は確かに両方が完全に撃墜されることを願っていますが、ワシントンの弁護士を知っているので、これは私たちがこの種の行為について聞く最後ではありません。

    兄弟を押して、あなたがしていることを続けなさい。

    ブライアン

  2. 2

     ブライアンのコメントは、私たちの中で起こっていることを示唆しています
    過去150年間のほとんどの国、それは大規模な努力である
    政府のような実体は、比較的の生活を制御するために
    無防備。 私たちの政府は本質的に
    個人的な責任と内なる動機の感覚を取り除きます
    個人から彼らをシステムに非常に依存させ、恐れる
    不快感や怪我のために彼らは去ることができません(私たちの79週間の長さ
    失業保険プログラムは完璧な例です)。 私たちの政府は
    ゆっくりとしかし確実に起業家精神を消滅させるために前進する
    それが個人のために持つかもしれない報酬を奪う(税金を通して、
    規制、社会主義など)そしてそれが
    アメリカが世界に成長することを可能にしたほんの数少ないもののXNUMXつ
    創業から20世紀に至るまでの力。

  3. 3
  4. 4

    ストップ「SOPA」は正しいです。 誰が、何を、なぜこれが起こっているのか不思議に思います–誰が本当にSOPAの背後にいるのですか?
    私はあなたに子供たちに話します…それはすべて「コントロール」についてのXNUMXつのことについてです

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.