ソーシャルメディア調査によると:所有者のステップアップ

所有者

による 2011年中小企業ソーシャルメディア調査、事業主はソーシャルメディアを過去1年よりも真剣に受け止めています。 2011年1月2011日から243年50月XNUMX日までに実施された調査では、ソーシャルメディアアカウントのコンテンツを作成しているXNUMX人の中小企業の所有者(従業員がXNUMX人未満の企業)に質問しました。


オーナーが担当

所有者

彼らの回答から、65%以上がコンテンツの作成に積極的に関与していることを示したため、所有者がソーシャルメディアを真剣に受け止めていることは明らかでした。 この割合は、従業員が25人を超える企業を見るまで、中小企業経営者のさまざまなグループ間でほぼ一定でした。

彼らの参加は減少し始めていますが、これらの大企業の所有者の50%は依然として関与しています。 ただし、これらの幹部がソーシャルメディアコンテンツの作成に対する責任の多くを他の人に委任していることは明らかです。

ソーシャルメディアコンテンツ作成の所有者

多くの企業がソーシャルメディアに飛び込んでいますが、役割を明確に定義していないため、プログラムは不十分です。 彼らは、誰が、どのくらいの頻度で、何についてコンテンツを作成するかを決定できません。

調査対象の企業のXNUMX/XNUMX以上が、コンテンツジェネレーターとして顧客と見込み客を活用していないことに失望しました。

お客様の声やチェックインからFAQやディスカッションに至るまで、企業はこれらの支持者と積極的に関わっていないため、大きなチャンスを逃しています。

 インターンではありません

企業によって異なりますが、2011年にはソーシャルメディアがより真剣に受け止められているという強い兆候があります。例:インターンの役割を考えてみましょう。 2010年のFacebookの調査では、スタッフにインターンがいる企業の80%以上が、インターンがソーシャルメディアコンテンツの作成に関与していることを示しています。

私たちにとって、これは企業がツールを真剣に受け止めていなかったという事実を示していました。 もしそうなら、彼らはコンテンツ開発をリードするために彼らのチームの最も経験の浅いメンバーに頼ることはありませんでした。 今年の調査では、インターンを抱える企業の30%だけが、コンテンツ作成に関与していると回答しました。

ヘルプを探しています

マークコ

多くの事業主は、ソーシャルメディアは自分で行うタイプの活動であると信じていますが、マーケティング会社やソーシャルメディア会社を雇って彼らの努力を支援することに関心が高まっています。 全体として、調査対象の企業の約10%は、外部企業が企業のソーシャルメディアプログラムに積極的に関与していることを示しています。 大企業が外に助けを求めることを期待していましたが、6〜10人の範囲のかなりの数の企業が外部のリソースにも目を向けていました。

驚いたことに、従業員が11〜24人の企業は、外部の会社を利用する可能性が低くなりました。 どうして? この規模では、企業にはソーシャルメディア活動に専念する時間のあるスタッフがいると想定しています。 予想通り、最大の企業は専任のソーシャルメディア従業員もいる可能性が高いです。 コメントはまた、自分でやるキャンプとプロを雇うキャンプの間の対立を示しています。

事業主はソーシャルメディアの助けを得ることについて何と言っていますか?

  • アカウントを設定し、それらを効果的に管理する方法を教えるために誰かを雇います。 それらすべてにタイムリーに追いつくことは困難です。
  • 専門家にあなたのソーシャルメディアをやってもらいましょう。 あなたは会計をすることができないので公認会計士を雇います、ソーシャルメディアの専門家を雇ってください。
  • 最近では、誰もが知っている「ソーシャルメディアの専門家」です。
  • あなたを教育し、あなたのブランドに合ったソーシャルメディアツールを稼働させることができる人を雇ってください。
  • ソーシャルメディアを受け入れますが、ソーシャルメディアの「専門家」やコンサルタントには気をつけてください。
完全な調査結果のコピーをご希望ですか? あなたはからダウンロードすることができます インディアナポリスのソーシャルメディア会社、Roundpeg.

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.