調査によると…。

現場での時間

現場での時間ソーシャルメディアについて中小企業の所有者と話すと、彼らがマーケティング活動を従来のメディアからソーシャルメディアにシフトし始めているので、メディアへの関心が高まっているようです。

私たちのソーシャルメディア調査からの予備的な結果は、ビジネスオーナー、男性と女性の両方がソーシャルメディアにより多くの時間を費やしていることを示しているようです。 (男性は女性よりもさらに多くを費やしています)。 これは、私たちが最初の調査を行ったちょうどXNUMX年前からの劇的な変化です。

赤と茶色の線は、2010年の調査結果を反映しています。 ご覧のとおり、私たちの調査に回答したすべての男性と女性の約半数が、ソーシャルメディアで30日50分未満しか過ごしていないと述べています。 今年、青と青の線は、ソーシャルネットワークにより多くの時間を費やすようになったことを明確に示しています。 男性のほぼXNUMX%がXNUMX日XNUMX時間以上過ごしていると報告しています

興味深いですが、本当の質問は次のとおりです。 それが動作していますか? データは、そうであることを示しているようです。 今年の調査では、事業主の半数以上が依然としてソーシャルメディアが総売上高の5%未満を占めていることを示していますが、明らかにある程度の成功を収めている企業があります。

セールス

彼らは売り上げを生み出すために何をしていますか? 残りのデータがコンパイルされるのを待って見つける必要があります。

それまでの間、参加する機会がなかった場合は、今が絶好の機会です。調査には数分しかかかりません。回答者が多いほど、結果は興味深いものになります。 アンケートにご回答いただければ、発行時に新しいホワイト ペーパーをお送りします。

今すぐアンケートに回答

昨年の調査のホワイト ペーパーのコピーが必要な場合は、 あなたはここでそれを見つけることができます:

一つのコメント

  1. 1

    このような調査は非常に有用で有用であり、ソーシャルメディアはどこにでもあり、誰もが参加できるため、誰でも参加できます。 しかし、その後、ソーシャルメディアを使用した男性と女性の統計レポートをまとめた関連サイトにすでにアクセスしました。その結果、ほとんどの女性が男性よりも多くの時間を費やしています。 しかし、私が覚えているように、それはこのようなビジネスマーケティングの目的ではなく、他のニッチについて話していました。 情報のおかげで。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.