Deepfakeテクノロジーはマーケティングにどのように影響しますか?

まだ試していない方は、今年一番楽しんでいるモバイルアプリはRefaceでしょう。 モバイルアプリケーションを使用すると、データベース内の別の写真やビデオで自分の顔を取り、誰かの顔を置き換えることができます。 なぜディープフェイクと呼ばれるのですか? Deepfakeは、DeepLearningとFakeという用語を組み合わせたものです。 ディープフェイクは、機械学習と人工知能を活用して、ビジュアルコンテンツとオーディオコンテンツを操作または生成します。

機械学習でB2B顧客を知る方法

B2C企業は、顧客分析イニシアチブの最有力候補と見なされています。 eコマース、ソーシャルメディア、モバイルコマースなどのさまざまなチャネルにより、このような企業はマーケティングを形作り、優れた顧客サービスを提供できるようになりました。 特に、機械学習手順による広範なデータと高度な分析により、B2Cストラテジストはオンラインシステムを通じて消費者の行動とその活動をよりよく認識することができました。 機械学習は、ビジネス顧客に関する洞察を得るための新しい機能も提供します。 ただし、B2B企業による採用

Netra Visual Intelligence:オンラインでブランドを視覚的に監視する

Netraは、MITのコンピュータサイエンスおよび人工知能研究所で実施されたAI /ディープラーニングの研究に基づいて画像認識技術を開発している新興企業です。 Netraのソフトウェアは、以前は構造化されていなかった画像に構造をもたらし、驚くほど鮮明になります。 Netraは、400ミリ秒以内に、スキャンした画像にブランドロゴ、画像コンテキスト、および人間の顔の特性をタグ付けできます。 消費者はソーシャルメディアで毎日3.5億枚の写真を共有しています。 社会的に共有された画像の中には、消費者の活動、興味、