成功するWeb7アプリケーションの2.0つの習慣

19720149秒

Dion Hinchcliffe wrote a great article at Ajax Developers Journal, here’s my favorite excerpt:

Web2.0の活用の要点

  1. 使いやすさ は、Webサイト、Webアプリケーション、またはプログラムの最も重要な機能です。
  2. 可能な限りデータを開きます。 データを蓄積することに未来はなく、データを制御するだけです。
  3. すべてにフィードバックループを積極的に追加します。 Pull out the loops that donâ?’t seem to matter and emphasize the ones that give results.
  4. 連続リリースサイクル。 リリースが大きいほど、扱いにくくなります(依存関係、計画、混乱が増えます)。有機的成長は、最も強力で、適応性があり、回復力があります。
  5. ユーザーをソフトウェアの一部にします。 彼らはあなたの最も貴重なコンテンツ、フィードバック、そして情熱の源です。 ソーシャルアーキテクチャの理解を開始します。 本質的でない制御をあきらめます。 または、ユーザーは他の場所に移動する可能性があります。
  6. アプリケーションをプラットフォームに変えます。 通常、アプリケーションにはXNUMXつの事前定義された用途があり、プラットフォームは、より大きなものの基盤となるように設計されています。 ソフトウェアとデータから単一のタイプの使用を取得する代わりに、数百または数千になる可能性があります。
  7. Donâ?’t create social communities just to have them. They arenâ?’t a checklist item. But do empower inspired users to create them.

I would add one more item, or expand on ‘Ease of Use’. Within Ease of Use are 2 components:

  • 使いやすさ–ユーザーがタスクを実行するために採用する方法論は自然であり、過度のトレーニングを必要としない必要があります。
  • Great design – I hate to admit this, but an exceptional design will help. If you have a free application, perhaps it’s not as important; but if you’re selling a service, then it’s an expectation to have nice graphics and page layouts.

Turn your application into platforms and continuous release cycles both lend themselves to ‘widget, plugin, or add-on’ technology. If there’s a means of building out a portion of your application that allows others to build into it, you’re going to leverage development well beyond the walls of your company.

I’m not sure I agree with ‘Open up your data’ but I do agree with leveraging your data. Open data in this day and age can be a privacy nightmare; however, leveraging data that your users supply is an expectation. If I you ask me how I like my coffee, I hope that the next time I get coffee, it’s the way that I like it! If it’s not, don’t ask me in the first place!

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.