信頼とオンライン購入行動はどのように進化しているか

オンラインの信頼

過去数年の間に、オンライン購入行動はオンラインで大きく変化しました。 信頼できるサイトを持つ あらゆる取引に関係する重要な問題であり続けているため、消費者は信頼できるサイトからのみ購入する傾向がありました。 その信頼は、サードパーティの証明書、オンラインレビュー、または地元の小売店でさえも示されました。 しかし、商取引がオンラインに移行し続けるにつれて。 世界中のインターネットユーザーの40% – XNUMX億人以上のユーザー–がオンラインで購入しました。 信頼するためのXNUMXつの鍵は、支払いゲートウェイです。

のような信頼できる支払いゲートウェイ PayPal、消費者が不正な取引に頼っている場合、eコマースサイトでのコンバージョンを増やすことができます。 PayPalは国際的であるため、国際的にビジネスを行うための消費者の信頼も拡大しています。

最近の調査では、 Forrester ResearchInc。が英国のオンラインショッパーに質問 彼らの経験について。 結果は、チェックアウトオプションとしてPayPalを提供することで信頼が構築され、迅速かつ便利であると見なされていることを示しています。 それは商取引さえも簡単にします!

この PayPalからのインフォグラフィック 消費者が買い物をしている場所の拡大、買い物をしているサイト、速度、利便性、信頼できる支払い方法など、オンラインでのコンバージョン率に影響を与える要因についての洞察を提供します。

オンライン信頼戦略

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.