タイポグラフィ入門書

タイポグラフィ

困っていない頃に育った私の主な趣味は絵を描くことでした。 私は高校時代に数年間のドラフトコースを受講し、それが大好きでした。 グラフィック、イラストレーター、イラスト、その他のデザイントピックに関する記事や投稿がよくある理由を説明しているかもしれません。

自分で素晴らしいデザインを再現したり作成したりすることはできませんが、自分にはそれが好きだと思います。 私は逸脱します! これがタイポグラフィに関するかっこいい小さなビデオです…多くの人は、フォントデザインに関わるすべての作業と、フォントがメッセージングで果たすことができる役割の重要性を知りません。

注:これは、フォントのすべてのプロパティを説明するための優れたビデオですが、ビデオで使用されているフォントはあまり好きではありません。 とにかくそれをあなたと共有したかった! そうすれば、文字の間隔を広げたいことをデザイナーに説明したいときに、その言語を話して、「カーニングを増やしてみませんか?」と言うことができます。

タイポグラフィの特徴のいくつかの言い回し:

  • 行の長さ –最初に戻る前にXNUMX行に収まる文字数。
  • リーディング –テキストのXNUMX行のベースラインから次の行までの距離。
  • カーニング –単語内の文字間の距離。
  • ステム –文字の残りの部分が書かれている文字の「植えられた」部分。
  • ベースライン –文字のベースの水平方向の配置。
  • アセンダ –文字の高さを超えて上昇するフォントの部分。
  • ディセンダー –ベースラインを超えて下降するフォントの部分。
  • カウンター –レターフォームで囲まれた空白。
  • セリフ –キャラクターの各終端のデザイン(サンセリフはデザインがないことを意味します)
  • xの高さ –典型的なキャラクターの高さ(アセンダーまたはディセンダーを除く)

生計を立てるためにこれを行っている専門家に謝罪します。 私は平均的なマーケターにフォントとタイポグラフィの入門書を提供したかっただけです。 私の簡単な説明についてのアドバイスや訂正をお気軽にダイヤルしてください。

7のコメント

  1. 1

    初心者のための素晴らしい紹介。 「カウンター」に使用した定義は、少し紛らわしいかもしれません。 私が聞いた中で最も短い定義は、「文字の形で囲まれた空白」です。

  2. 3

    なんてことだ! フォントのデザインにそれほど力を入れているとは思いもしませんでした。 MicrosoftがOffice2007で使用している新しいフォントが本当に気に入っています。しばらく使用した後、Office 2003に戻ったのですが、我慢できませんでした。

  3. 4

    ええ、私はトールに同意します、私はそれが何か単純なものだと思いました。 こんなに大変な作業だとは思いもしませんでした。 それは私たち全員が当たり前と思っていることのXNUMXつにすぎないと思います。 情報をありがとう。
    次回フォントをインストールするときは、少し時間を取って、フォントの作成に費やした作業に感謝します。

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.