Web 2.0デザインを廃棄する必要がありますか?

19720149秒

エリオットジェイストックスはデザイナーのために戦いの叫び声を出している… Web2.0の外観を放棄する そしてそれを推進するあなたのクライアントと戦ってください。

注:必ず訪問してください Elliot's site、デザインは絶対に素晴らしいです。

私はそれが破壊されるべきであるというエリオットに同意しません。 マーケティングの分野で働いていると、あなたはデザインする群れの精神があることを認識しています。 のような企業 Apple have some deep pockets and have an expectation of design genius associated with their brand. The consumer expects that the designs associated with Apple's products, packaging and marketing will break new ground. (Except for the black background ads with the bright light on one side of the spokesperson… I think it looks ridiculous).

The rest of the companies are best suited to follow the lead. Just as fashion follows trends, so does design. The ‘herd' appreciates visual aesthetics that provides indication that it's related to a specific trend or technology. When I come across a new application like Mixx or rssHugger, before I ever dig into the application, I'm struck with the visual cue that this is an application built on the newest technology.

個性と創造性は重要ですが、他のみんながブーツレッグジーンズを履いていて、ベルボトムに現れると、人々はすぐにあなたのファッションセンスに疑問を抱きます。 正しいか間違っているか、これは人間の行動です。 消費者が急速に移動しているこの時代に 私のスペース 〜へ Facebookまたは Twitter 〜へ タンブラー, it's important that your design emulates that you have adopted the latest ファッション ウェブ上で。

I respect Elliot's opinion as a talented artist and unique designer, but I'd recommend companies don't scrap Web 2.0 design just yet. Even Elliot admits that there are good reasons to follow the herd. Elliot and I do agree on the real challenge: How to work within the boundaries of Web 2.0 aesthetics and still come off as being original. And if you're looking for what elements are key, Elliot's put together a great presentation with all the aesthetics associated with Web 2.0 design!

5のコメント

  1. 1

    Typical myopic and self-centered designer. I read his post then viewed his presentation expecting to gain some real insight yet only found a post that preached to the choir of his FOWD audience; a group whose shared ethos is wanting to have creative freedom without having to worry about business goals. Ironically it’s the Web 2.0 version of the ad agency that focuses on winning creative awards instead of focusing on driving revenue to their client’s bottom line.

    ヤコブ・ニールセンにもっと注意を払い、 ニールセンの法則:「人々はあなたよりもはるかに頻繁に他の人のウェブサイトを使用します(したがって、あなたのサイトを他のサイトと一致させると、使いやすさが向上し、ビジネス目標の達成に役立ちます。)

  2. 2

    ほら、挑戦は多くの非デザイナーが彼ら自身のサイトデザインをすることです。私たちの何人かはストック氏のようなサイトをデザインできることを望んでいますが、そうするためのスキルや予算が不足しています。

    「Web2.0」について話すとき、はいデザインは言及されていませんが、光沢のあるもの、線、面取りされたエッジ、反射、外側の輝きなど、私たちは皆その外観を理解しています…(私もそれらをすべてカバーしていると思います!) 。 確かに、誰もが乗り込んでそれに夢中になっていますが、代替案を見ると、色の大きな塊(一緒に機能する場合もしない場合もあります)が残っており、深さが完全に不足しています、そして悲しいWebdingsまたはさらに悪いことに、クリップアート…

    Web 2.0の外観は、私たちが本当に優れたデザイナーのスキルを欠いていることを理解しているが、デフォルトのWordPressテーマのテキストを変更する以外に実際に努力することの価値を理解している残りの人のためのものです…

    • 3

      WordPress(CSSについてはわかりました)の優れた点のXNUMXつは、デザインとコンテンツを分離していることです。 つまり、美しくデザインされたテーマをダウンロードでき、後でデザインについてあまり心配する必要はありません。

      私は現在、ミニマルな方法を模索しており、タイプ中心のテーマで遊んでいます。

  3. 4

どう思いますか?

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.